ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

庭の手入れ

庭の手入れ_c0195909_10092620.jpg



日影アトリエ製図室の


ゴーヤとトマトのプランターの


土の再生と苗植えの作業をしつつ、


製図室から徒歩5分の場所にある資料室と


逗子の自宅の庭の手入れをおこないました。


60年以上の家の1室を


資料室としていますが、


敷地の半分ぐらいが庭になっています。



庭の手入れ_c0195909_10092084.jpg




庭の手入れ_c0195909_10091570.jpg




庭の手入れ_c0195909_10090623.jpg



左に見える南隣の家屋は、


30年前はありませんでした。


広い栗林でした。



庭の手入れ_c0195909_10090061.jpg



資料室の掃き出し窓から見える庭。



庭の手入れ_c0195909_10085635.jpg



資料室の2階には和室があります。


義母がお茶を習っていたので


床の間があります。


掛け軸は、


円覚慈雲の書


「 松菊萬年歓 」


しょうぎくまんねんのよろこび



庭の手入れ_c0195909_10085094.jpg



資料室の和室から


円覚寺の山並みがみえます。


30年前から家並みがかなり変わりました。



庭の手入れ_c0195909_10084485.jpg



西側の景色・・・



庭の手入れ_c0195909_10083845.jpg



こちらは逗子の家の庭。


樹木は、


北鎌倉から移植したものと、


runのコースの山から


実生の苗をもらってきて


植えたもの・・・


山でひろったドングリの実が


育ったもの・・・


これらが混在しています。


そういえば「大和の家」の建主さんから


いただいたレモンの苗も、


東横線の多摩川駅でもらった


杏の苗も大きくなりました。


逗子の庭は植栽を楽しむというより、


植物の生長の過程を


実体験する庭のように思っています。



庭の手入れ_c0195909_10083379.jpg



逗子の家の庭には


最初、芝生を植えましたが、


何年かしたら雑草にかわりました。


僕は逗子の家の庭を、


「雑草の森」とよんでいます。



庭の手入れ_c0195909_10082944.jpg



右に見える家は、南のお隣さん。


逗子の家は、


1984年建築の中古住宅


築後37年になる隙間だらけの家です。




庭の手入れ_c0195909_10191884.jpg



# by y-hikage | 2021-05-04 10:19 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)