ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

<   2019年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新潟県高柳町の民家を視察しました。

c0195909_11123979.jpg



317日の日曜日、

新潟県高柳町に行きました。

目的は築150年以上の

民家を視察するため・・・。

都内で現在進行中の計画地に

民家を移築できるかどうかを

建主さんと共に見に行きました。

柱や梁はものすごく

太いものではありませんでしたが、

全体のスケール感が

親しみを感じさせる小ぶりな架構に、

建主さんも気に入ったようでした。

これから具体的に

移築のための設計をはじめようと思っています。


c0195909_11123453.jpg



高柳町は1990年から1993年までの間、

4棟の茅葺き民家を

設計させていただいた、

深い縁のある地域です。

たまたま偶然、

この高柳町で育った方と

昨年末に知り合いになり、

故郷・高柳町の実家の利活用について

相談を受けたのが、

民家視察のきっかけとなりました。

偶然とはいえ

やはり深い縁を感じざるを得ません・・・。


c0195909_11122958.jpg



19933月に完成した

荻ノ島集落の茅葺き民家・2棟。

奥に見えるのが「島の家(しまのや)」

手前に見えるのが「荻の家(おぎのや)」

2棟とも新築の茅葺き民家です。


c0195909_11122443.jpg



c0195909_11122068.jpg



右奥に見えるのが「荻の家(おぎのや)」

右奥手前に見えるのが「島の家(しまのや)」


c0195909_11121778.jpg



門井地区の和紙職人である

小林康生さんと

ひさしぶりに再会しました。


c0195909_11121374.jpg



高柳町には、

越後湯沢から

十日町経由で車で行きました。

途中、十日町市博物館に立ち寄り、

国宝の縄文土器・火焔型土器を

見学しました。


c0195909_11120960.jpg



十日町で有名な

「 へぎそば 」もいただきました。


c0195909_13431028.jpg



茅葺民家視察の帰りにいただいた

大和屋菓子舗の「ほんのびまんじゅう」を

製図室で食べました。

もちもちした食感が

特徴のおまんじゅうでした・・・。






c0195909_11162125.jpg





by y-hikage | 2019-03-28 11:16 | 設計過程 | Comments(0)

今井兼次の桃華楽堂

c0195909_11155577.jpg



316日の土曜日の午後、

皇居内の宮内庁式部職楽部による

雅楽の演奏を鑑賞しました。

演奏された場所は、

皇居の北桔橋門をくぐり

東に歩いてすぐの

宮内庁楽部という建築の中でした。

この宮内庁楽部の隣に

造形色が強い建築が建っています。

「 桃華楽堂 」といわれる音楽堂です。

設計は、建築家・今井兼次(1985--1987


c0195909_11155111.jpg



建築家・今井兼次は、

禄山美術館(1958・長野県安曇野市)、

日本二十六聖人殉教記念館(1962・長野県長崎市)

などを設計した建築家として知られています。

桃華楽堂(楽部音楽堂)は

昭和411966)年に完成しました。


c0195909_11154672.jpg



桃華楽堂は、

香淳皇后(昭和天皇の皇后)の

還暦を記念して建築され、

香淳皇后の印「 桃 」にちなんで

命名された音楽堂です。

屋根はテッセンの花弁をかたどり、

八枚ある壁面には、

各面とも大きく羽ばたく鳥を中央に、

それぞれ日月星、松竹梅、楽の音を

イメージした図柄が陶片で描かれています。

長崎市の日本二十六聖人殉教記念館は

どちらかというと、

スペインのアントニオ・ガウディ的な

造形色が強烈な建築と比較して、

桃華楽堂は、皇室らしい

品のある意匠としています。

この桃華楽堂を見学したのは2回目、

30年以上も前のことです。


c0195909_11154023.jpg



c0195909_11153628.jpg



c0195909_11153319.jpg



北桔橋門


c0195909_11152878.jpg



江戸城の美しい石垣


c0195909_11151053.jpg



平川濠の向こう右手に見える建築は、

日建設計・林昌二の設計による

パレスサイドビル

左手に見えるのが谷口吉郎の設計による

東京国立近代美術館


c0195909_11150456.jpg



平川濠沿いでみつけた「カンヒザクラ」



c0195909_15004399.jpg

by y-hikage | 2019-03-22 11:19 | 建築巡礼 | Comments(0)

宮内庁楽部の雅楽を鑑賞してきました。

c0195909_14554675.jpg



先週の316日の土曜日の午後、

皇居内で雅楽の演奏を鑑賞してきました。

正式な演奏会の名称は

「天皇陛下御即位30年記念春季雅楽特別演奏会」

というものです。


c0195909_14553661.jpg



演奏場所は皇居内の

「宮内庁楽部」という建築の中。

入場券は事前に用意しないと

演奏会会場には入れないものでしたが

幸運にも友人のバイオリニスから

いただくことができました・・・・。

本格的な雅楽を聴くのは初めてでした。

かつて伊勢神宮で

御神楽・「倭舞」と「人長舞」を

鑑賞したことはありますが、

伊勢神宮の御神楽と

宮内庁式部職楽部との

ちがいがわかりませんでした。

 

そこで「雅楽」の概要を知るために、

パンフレットに書かれた文章を読んでみます。


  ※※※※※※※※※


「雅楽」とは、元来「俗楽」に対する言葉で、正統の音楽を意味します。

この意味で雅楽と呼ばれる音楽は中国や朝鮮にもありましたが、その音楽そのものは日本の雅楽とは全く別のものです。

日本の「雅楽」は、日本古来の歌と舞、古代アジア大陸から伝来した器楽と舞が日本化したものおよびその影響を受けて新しくできた歌の総体で、ほぼ10世紀(平安時代中期)に今日の形に完成した日本の最も古い古典音楽であります。

主として宮廷、貴族社会、有力社寺などで行われてきましたが、現在では宮内庁の楽部が伝承する雅楽がその基準となっています。

「雅楽」は、千数百年の伝統を有し、世界で最も古い音楽文化財として貴重な歴史的価値を持つものであり、昭和301955)年、宮内庁式部職楽部の楽師が演奏する雅楽は国の重要無形文化財に指定され、楽師全員が重要無形文化財保持者に認定されております。

さらに、平成212009)年には、ユネスコ無形文化遺産保護条約「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に記載されました。

このように雅楽は、今後伝承されていくべき我が国の伝統文化として国際的にも認知されており、雅楽それ自体が発展し広まるとともに、他の音楽・舞踊に影響を与えていく可能性を有しております。


  ※※※※※※※※※


平安時代中期に完成された

日本の最も古い古典音楽・・・・。

建築にあてはめてみると

平安中期で最も有名な建築は

平等院鳳凰堂(1053年)

ではないかと思います。


c0195909_14553013.jpg
c0195909_14564091.jpg
c0195909_14551742.jpg



雅楽には、

「 管楽 」

「 舞楽 」

「 歌謡 」の

三つの演奏形態があることも、

今回の演奏会ではじめてしりました。

音の調子は全体的に平たんでゆっくりです。

途中、眠りの中で

美しい旋律を聴いているかのような

錯覚さえおぼえました。


(管楽と舞楽の演奏風景はパンフレットからの転載)


c0195909_14551338.jpg
c0195909_14550571.jpg
c0195909_14550108.jpg



雅楽にはじめて出会った記念すべき土曜日。

1000年以上受け継がれてきた

日本の古典芸術のかたちに

触れることができた貴重な時間となりました・・・。


c0195909_14545641.jpg



雅楽が演奏された宮内庁楽部の天井の意匠。

トップライトによる自然採光と

人工照明の組み合わせのように見えました。

ところで

僕は午後の部の230分からの

開演に参加しましたが、

午後の部に参加される人で

9時から並んでいる人がいたそうです。

僕は午後1時前に行きましたが、

すでに長い長い行列ができていて

雅楽の人気の高さに驚きました。


c0195909_15004399.jpg



by y-hikage | 2019-03-21 15:01 | 森の中と町の中で | Comments(0)

朝RUNのコース沿いにも花が咲いています。

c0195909_10132407.jpg



RUNのコース沿いにも

花がすこしずつ咲きはじめました。

完璧な造形を誇る椿の花は

だいぶ前から咲いています。

はかないモクレンの花も咲きました。

花の色も実の味も大好きな

杏の花も咲きました。

知らない名前の花もあります。



c0195909_10131820.jpg



c0195909_10131362.jpg



c0195909_10130971.jpg



c0195909_10130430.jpg



c0195909_10130023.jpg



c0195909_10125538.jpg



シダの小道のシダを見ると

親しみを感じます。



c0195909_10125035.jpg



日の出の時間が550分になりました。

日の出とともに走り出す朝RUN

だんだんとめざめの時間に

日の出の時間がちかくなってきました。

すなわち

体調のバランスが調和してきました。


c0195909_10124335.jpg



RUNのコース沿いにある保育園

「 ごかんのもり 」・・・

のびのびした子どもたちがあそぶ風景

みていて好きな空間です。


c0195909_10123570.jpg



「 ごかんのもり 」⇒




c0195909_10193472.jpg



by y-hikage | 2019-03-16 10:20 | 朝RUNの風景 | Comments(0)

東慶寺にいま咲いている花

c0195909_14453851.jpg



今日は天気がよいので、

お昼前に

近くの東慶寺に行きました。

梅の花は終わりかけ、

水仙やミツマタやボケの花が

咲いていました。

花を眺めていると、

知らない花の名前がたくさんあります。

東慶寺は花を楽しむお寺でもあります。


c0195909_14453392.jpg



c0195909_14453061.jpg



c0195909_14452568.jpg



c0195909_14452165.jpg



c0195909_14451703.jpg



c0195909_14451297.jpg



c0195909_14450877.jpg



c0195909_14450378.jpg



c0195909_14445928.jpg



東慶寺本堂・・・。

鎌倉の中で好きな建築のひとつです。


c0195909_14445494.jpg



c0195909_14445060.jpg



道沿いにもユキヤナギが咲いていました。


c0195909_14444534.jpg



日影アトリエの製図室にも

水仙の花をかざってあります。

この水仙の花は、

RUNの山道で摘んできた花です・・・。


c0195909_14444136.jpg



c0195909_14492789.jpg



by y-hikage | 2019-03-15 14:50 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

73.吉村順三記念ギャラリー「ポカンティコヒルの家」

c0195909_10550035.jpg




今年の1月のとある週末、

吉村順三記念ギャラリーに行きました。

テーマは、

73回「 ポカンティコヒルの家 」


ポカンティコヒルの家は1974年、

ニューヨークの北

およそ40㎞の郊外ポカンティコの丘の上に

建築された

アメリカの企業家であり富豪である

ロックフェラーの住宅です。

東西南北およそ1㎞四方の

広大な敷地の西側に計画されました。

500坪ぐらいの大きな西洋館に住んでいた

ロックフェラーが

「こんどは200坪ぐらいの小さな家を

吉村順三に設計をやらせたい」と言って

設計を依頼した住宅です。

敷地は広大で

見える部分のすべてが

ロックフェラー家の敷地で、

敷地の中に湖がひとつと

フリーウェーが一本と

山が一つと

九ホールのゴルフ場がひとつあり、

それらを2階のリビングから

眺めることができます。

日本の木造住宅の良さを生かした

コンパクトで住みよい住宅をという

ロックフェラーの希望を

簡潔なロの字の平面で実現しています。

各室のプロポーションは

生活に見合ったスケール感を

生みだしています。

地階西側のピロティは

庭を介して周囲の自然環境と

連続しており、

地階と1階をつなぐ中庭から

それを取り囲む諸室へと、

自然が室内まで導いています。

中庭に面したギャラリーや

居間・食堂の間仕切りとなる襖や障子は、

すべて壁内に引き込まれ、

用途に応じた室内空間の

フレキシビリティと同時に、

中庭との一体感と

広大な自然を見おろす眺望を

獲得しています。

データによると

1階と2階をあわせた床面積は

360坪におよびます。

写真をみると

家の巨大さを感じさせないところが

吉村順三のうまさと

言えるのではないかと思いました。

僕は宙に浮いたような

屋根の軒先とバルコニーの

水平線の美しさを

いつもうっとりとした気分で見ています。

置かれている家具のほとんどが

ジョージ中嶋の作品ですが、

吉村順三の空間と

ジョージ中嶋のデザインが

衝突しあっていると

感じるのは僕だけでしょうか・・・。


c0195909_10545725.jpg
c0195909_10545364.jpg
c0195909_10544964.jpg
c0195909_10544583.jpg
c0195909_10544018.jpg
c0195909_10543772.jpg
c0195909_10543382.jpg
c0195909_10542932.jpg
c0195909_10542400.jpg
c0195909_10540810.jpg
c0195909_10540404.jpg
c0195909_10540017.jpg
c0195909_10535640.jpg
c0195909_10535277.jpg
c0195909_10534784.jpg
c0195909_10534432.jpg



c0195909_10553792.jpg


by y-hikage | 2019-03-13 10:58 | 吉村順三ギャラリー | Comments(0)

うみのかけら

c0195909_11005964.jpg



2011311日の

東北の地震からまる8年たちました。

この日になるときまって

この写真を思い出します。

2011年の3月が終わるころ、

南三陸町の歌津駅にあがる坂を

歩いていてみつけた音楽の教科書。

おそらくランドセルごと

海に流されたこのかけら。

このかけらにひそむ

あたたかい命のゆくえが

いまでも気になります。



c0195909_11011680.jpg

by y-hikage | 2019-03-11 11:03 | 手のひらに太陽の家 | Comments(0)

とろけるうまさ「 あんぽ柿 」

c0195909_13384927.jpg



福島県からのお客様から

いただいたおみやげ、

「 あんぽ柿 」

普通の干し柿とはちがうやわらかさ。

まさに口のなかでとろけるようなやわらかさ。

はじめてたべた

とても美味しい「 あんぽ柿 」

「 あんぽ柿 」は福島県の特産品です。


c0195909_13384658.jpg
c0195909_13384231.jpg
c0195909_13383832.jpg



c0195909_13391762.jpg


by y-hikage | 2019-03-10 13:41 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)

ハウスブレンドの5番

c0195909_11431365.jpg



仕事場の製図室では、

毎日コーヒーを飲んでいます。

コーヒーの豆はスターバックスの

ハウスブレンドに決めています。

なぜハウスブレンドに決めているかというと

豆の中で一番安いからです。

そしてなぜスターバックスかというと

自宅の最寄り駅・逗子駅前に

スターバックスがあるからです。

ちなみにコーヒー屋さんの中で

スターバックスのラテが一番好きです。

コーヒーについては、

まったく知識はありませんが、

慣れというのはおそろしいもので、

製図室でいれるハウスブレンドの味が

けっこう気に入っています。

一年でどれぐらいのコーヒー豆を

消費しているのかと興味がわいたので

領収書の枚数を数えてみたら

20枚あったので

250グラム×20 で 5000グラム を

一年で飲んでいることになりますが、

この量が一般的に

多いのか少ないのかわかりません・・・。


c0195909_11430821.jpg



ペーパーフィルターも

スターバックスのものを使用しています。

他のメーカーの安いフィルターを

買って試してみたら、

いつもの味がでないことがわかり

一枚だけ使って

残りを人にあげてしまいました。


c0195909_11430400.jpg



スターバックスのレジで店員さんに

「豆、ハウスブレンドをください」

と言ったあと、

「ペーパーフィルター用に挽いてください」

とお願いします。

豆を挽いている間、

小さな紙カップに

その日のコーヒーをいれてくれます。

この小さな紙カップのコーヒーを

実は楽しみにしています。

普段は白い紙カップ。

赤い紙カップはクリスマスの時期だけ・・・。

コーヒー豆を購入すると

一杯分のサンプルをもらえるのも

楽しみのひとつです。


c0195909_11430188.jpg



左のコーヒーカップは

お気に入りのカップ。

スターバックスで買ったもの・・・。


c0195909_11425735.jpg



今年のはじめに、

いつものように

「ペーパーフィルター用に挽いてください」

とお願いして、

製図室で袋を開けて、

コーヒーをいれようとしたら、

いつもの豆の粒子よりも

わずかに大きいことに気がつきました。

気のせいだと思いながら、

お湯を注いだら

いつもよりはやくお湯が落ちることに

気がつきました。

いつもの味がなかなかでません・・・。

大きい豆の粒子の袋がなくなったので、

いつもの逗子駅前の

スターバックスにいきました。

「前回、豆の粒子が大きいような気がしたので、

いつもより細かい粒子に

挽いていただけませんか?」

とお願いしたら、

4番と5番と6番の三種類で挽いてみるので、

試してみてください」

と三種類に袋をわけてくれました。

6番はサンプル用の豆。

まさか3種類の番数で挽いてくれるとは・・・。

その優しさに感動しました。


c0195909_11425314.jpg



飲み比べてみた結果、

5番に挽いた豆が

おいしいことがわかりました。

ちょうど今朝のコーヒーで

袋が空になったので、

明日の朝、製図室にむかう途中、

5番のハウスブレンドを

買いに行こうと思います・・・。

 ○ ○ ○ 

昨日からの続き・・・。

今朝、逗子駅前のスターバックスで

ハウスブレンドの5番を買いました。

おまけにいただいたサンプルは、

「 SPRING SEASON BLEND 」

春のブレンドです。






c0195909_11453400.jpg

by y-hikage | 2019-03-09 11:55 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)

葉山の東伏見宮別邸


c0195909_17350226.jpg



葉山町の堀内に建つ

旧東伏見宮別邸という洋館を

見学できるということを知り、

昨年の128日、

「原風景を生かしたまちづくりを

考えるシンポジウム」に参加しました。

主催は

「湘南邸園文化祭連絡協議会(横浜市中区)」と

「原風景を生かすまちづくりの会(逗子市新宿)」

でした。

普段は非公開の洋館である

旧東伏見宮別邸を見学できる貴重な時間。


葉山には

1894年(明治27年)御用邸設置以前から、

有栖川宮、北白川宮が別邸を置かれ、

その後も、

東伏見宮、高松宮、秩父宮が

別邸を置かれましたが、

そのほとんどが失われ、

現存するのは、

シンポジウムの会場となる

東伏見宮別邸のみとなりました。

1914年(大正3年)に竣工。

木造2階建、銅板葺、展望塔屋付きの

洋館建築です。

内部意匠も創建時の様子をとどめており、

家具・照明器具も

多くの数が現存しています。

2階の軒高13.4m、

3階塔屋頂部まで15mという、

住宅建築としては際立つ高さと、

白色の端正な

ドイツ下見張りの外壁が特徴で、

石積みの基礎、平滑な壁面、

鎧戸付きの上げ下げ窓、

寄棟の大屋根などが相まって、

堂々とした風格ある外観を生みだしています。

南面に設けられた車寄せは

幅約3m、奥行き約5.4m、高さ約4mと

極めて規模が大きいものの、

欄間や軒飾りなどに軽快な幾何学装飾を施し、

天井は吹き寄せの格天井とするなど、

繊細で優雅な意匠としています。

総じて外観の意匠は、

簡潔でありながら

風格と華やかさをあわせもち、

海浜に建つ宮家の別邸としての

典雅さを表現しています。

1階には応接室、食堂などを置き、

2階には洋室と和室が配置されています。

富士山や江の島を望む西側には

広いサンルームの塔屋を設けており、

開放感のある空間となっています。


外観も内部空間も白を基調としており、

控えめで端正な意匠で統一されています。

塔屋に登る螺旋階段が

この建築の中で異彩を放っており、

高級な旅客船に設けられた

螺旋階段を思わせます。

高級な旅客船の螺旋階段を

見たことはありませんが、

そんな印象を受けました。


設計は木子幸三郎(きごこうざぶろう)で

宮内省内匠寮(たくみりょう)時代に

委託として設計担当しました。


昭和28年(1953年)頃、

イエズス孝女会修道院に譲渡され、

昭和51年、昭和62年の

二回の改修を経て今日にいたります・・・。


c0195909_17345691.jpg
c0195909_17345061.jpg
c0195909_17344633.jpg
c0195909_17344038.jpg
c0195909_17343594.jpg
c0195909_17343167.jpg
c0195909_17342568.jpg
c0195909_17342008.jpg
c0195909_17341612.jpg
c0195909_17341209.jpg
c0195909_17340863.jpg
c0195909_17340392.jpg
c0195909_17335828.jpg
c0195909_17335368.jpg
c0195909_17334863.jpg
c0195909_17333852.jpg
c0195909_17333384.jpg
c0195909_17332816.jpg
c0195909_17332284.jpg
c0195909_17331797.jpg
c0195909_17331120.jpg
c0195909_17330315.jpg
c0195909_17325585.jpg
c0195909_17324776.jpg
c0195909_17323763.jpg
c0195909_17323130.jpg
c0195909_17322625.jpg
c0195909_17321945.jpg
c0195909_17321496.jpg
c0195909_17320608.jpg
c0195909_17314351.jpg
c0195909_17313507.jpg
c0195909_17312939.jpg
c0195909_17311443.jpg
c0195909_17310799.jpg
c0195909_17310030.jpg
c0195909_17305526.jpg
c0195909_17304692.jpg
c0195909_17304003.jpg
c0195909_17303302.jpg
c0195909_17302935.jpg
c0195909_17301800.jpg
c0195909_17300689.jpg
c0195909_17295676.jpg
c0195909_17295202.jpg
c0195909_17294515.jpg
c0195909_17294161.jpg
c0195909_17293605.jpg
c0195909_17293119.jpg
c0195909_17292499.jpg



追記:

塔屋に登る螺旋階段が

この建築の中で異彩を放っており、

高級な旅客船に設けられた

螺旋階段を思わせます・・・。

と書きましたが、

資料を読み直してみると、

東伏見宮別邸の住人である

東伏見宮依仁親王は、

イギリス、フランスに留学した後、

海軍軍人として功績をあげた。

と書いてありました。

もしかしたら舟の中の螺旋階段を思わせる

鉄骨の螺旋階段は

軍艦の中の螺旋階段を

イメージしたものかもしれません・・・。



c0195909_17365954.jpg





by y-hikage | 2019-03-07 17:38 | 建築巡礼 | Comments(0)