ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

<   2018年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

晩香廬という建築

c0195909_12121831.jpg



晩香廬は

修学院離宮とイメージが重なりました。


東京都北区王子の飛鳥山公園に建つ

晩香廬(ばんこうろ)」は、

日本近代経済社会の父、

渋沢栄一の喜寿を祝して、

清水組(現清水建設)が贈呈した小亭です。

完成は、1917年(大正6年)のこと・・・。

日常的に多くの賓客を招くための

客間のような機能をもち、

新しい意味の茶室建築と評され、

西洋風茶室として設計されました。

屋根は赤色の瓦葺きですが、

軒の深さと低さは、

日本的な茶室建築の

プロポーションを受け継いでおり、

この美しい矩計断面寸法が

建築美を支えています。


c0195909_12121452.jpg



この建築を今回あらためて見て、

なにかの建築に似ていると思いました。

外観のプロポーションにおいて・・・。

そのなにかが思い出せなく、

もやまや感が続いていましたが、

僕の膨大な?建築蔵書を眺めていて、

ついにわかりました。

修学院離宮・・・・。

修学院離宮の「 寿月観 」


c0195909_12120991.jpg



修学院離宮の「 客殿 」


c0195909_12120536.jpg



修学院離宮の「 楽只軒 」


c0195909_12115932.jpg



晩香廬の

外壁は土壁仕上で、

四隅に黒紫色の煉瓦タイル張りとしています。

土壁は錆土壁として

侘びた表情を創り出しています。

茶室を作り込むように

手のこんだ仕事をしていますが、

けして華美な印象はありません。


c0195909_12115529.jpg



c0195909_12115060.jpg



c0195909_12114594.jpg



出窓の意匠やテラスドアの

足元まわりの納まりも考え抜かれていて、

あっさりと見えますが、

これ以上ないほどに整っています。


c0195909_12113883.jpg



c0195909_12113221.jpg



c0195909_12112827.jpg



裏側は全面タイル張りとしています。

防火のためでしょうか。


c0195909_12112229.jpg



c0195909_12111716.jpg



c0195909_12111142.jpg



談話室は、

緩やかなに傾斜する勾配天井で、

化粧の棟木と隅棟の縁取りに

鳩やリスや葡萄などの

石膏細工をほどこされています。


c0195909_12110666.jpg



腰壁は萩の茎を真鍮釘で留め、

上部を茶室風に

青貝まじりの砂壁としています。


c0195909_12105918.jpg



c0195909_12105361.jpg



c0195909_12104852.jpg



c0195909_12104344.jpg



個人的に若干、

違和感を感じたのは暖炉廻りの意匠・・・。

空間のスケール感の中で

主張が大きすぎるような気がしました。


c0195909_12103756.jpg



そして造作の意匠で一番好きなのは、

廻り縁のかたち。

面なし直角段々のかたち。

このかたちが

けしてあまったるくない

渋沢栄一の生き方を

表現しているような気がしました。


c0195909_12103227.jpg



c0195909_12102646.jpg



次回、晩香廬の雨といに続く・・・。


c0195909_11372805.jpg




by y-hikage | 2018-07-31 12:20 | 建築巡礼 | Comments(0)

青淵文庫という建築

c0195909_11104690.jpg



僕は、


東京都北区王子にある

中央工学校という専門学校で建築を学びました。

北区王子には飛鳥山公園という丘があり、

学生のころ2回ぐらい行きました。

18歳か19歳のころ・・・。

飛鳥山公園には、

渋沢栄一という明治生まれの

経済人が建てた

晩香廬(ばんこうろ)と

青淵文庫(せいえいぶんこ)という

洋風建築が残っていて、

その建築を見学することが主な目的でした。

年齢をさかのぼると36年ぐらいまえのこと・・・。

でもたしかに記憶にのこる建築でした。

「なんだ、たいしたことがない建築だよね」と・・・。

そして今年・7月の二週目の金曜日に

北区王子に用事があったので、

飛鳥山公園の丘に残る

青淵文庫と晩香廬を見学しました。

36年も時がたつと

「なんだ、たいしたことがない建築」も

成長するのでしようか。

その端正な建築に心うばわれました。

建築は

住まう人の表情というか

心が現れます。

そう・・・

建築は住まう人の表情と心が

現れていてほしいといつも思います。

渋沢栄一のことはあまり知りませんが、

明治期の経済や文化をけん引してきた人・・・。

ここでは青淵文庫と晩香廬の建築を

建築様式論で語れるほど能力がないので、

華美な表現を抑えた

端正な佇まいを写真にしてみました。

記事の初回は青淵文庫の建築。


c0195909_11104177.jpg



青淵文庫は、

晩香廬と同様に

田辺淳吉という建築家によって

設計されました。

建築時期は1925年(大正14年)。

書庫という性格から構造を

レンガ積みと鉄筋コンクリート造を

併用しています。

外壁は安山岩を張り、

水平線を強調した意匠としています。

開口部まわりの

唐草模様の彫刻や

葉っぱを図案化したタイルが

外壁を彩りますが全体的に地味です。

内部空間にかんしても、

渋沢家の家紋である

柏の葉をモチーフにデザインされた

ステンドグラスが目をひきますが、

空間全体に遊びが少なく、

地に足がついているという風です。


c0195909_11103743.jpg



c0195909_11103235.jpg



c0195909_11102796.jpg



c0195909_11102270.jpg



c0195909_11101870.jpg



c0195909_11101191.jpg



c0195909_11100743.jpg



c0195909_11100308.jpg



階段室がはりだした、

半円筒形の裏側の外観。


c0195909_11095840.jpg



c0195909_11095446.jpg



c0195909_11095015.jpg



c0195909_11094585.jpg



c0195909_11094099.jpg



c0195909_11093661.jpg




c0195909_11093248.jpg



階段室となると、


急に柔らかい光が上昇します。

ふぅーとしたやすらかな気持ちなる

空間です。



※ ※ ※



次回、晩香廬の建築に続く・・・。





c0195909_11372805.jpg


by y-hikage | 2018-07-27 11:37 | 建築巡礼 | Comments(0)

横浜みなとみらいホールでのコンサート

c0195909_12170571.jpg



71日の日曜日の午後、

横浜みなとみらいホールに

コンサートを聴きにいきました。

オーケストラは、

日本フィルハーモニー交響楽団。

指揮者は小林研一郎(通称:コバケン)。

席がわずか残っているとのことで

知人のヴァイオリニストから

コンサートに誘われたのです・・・。


コンサートのプログラムは、


1・モーツァルト作曲:

「 ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466 」

 ピアノソリスト・仲道郁代


2・ソリストアンコール

F.ショパン作曲:

「 子犬のワルツ 」


3・マーラー作曲:

「 交響曲第1番ニ短調【巨人】 」


4・アンコール:アイルランド民謡:

「 ダニーボーイ 」


マーラーをコンサートで聴くのは初めてでした。

しかも「 巨人 」という大きなタイトル。

はたしてどれだけの巨大な音楽なのか、

おそるおそる聴いていたら、

とても美しい曲でした。

でもどちらかというと、

モーツァルトとショパンのほうが良かったです。

性格的に

こじんまりとした曲のほうが

好きなのかもしれません。

でもアイルランド民謡の

「 ダニーボーイ 」も感動しました・・・。

やはり C D の音と

ホールで聴く演奏とは

くらべものになりません・・・・。



c0195909_12184146.jpg



by y-hikage | 2018-07-24 12:20 | 森の中と町の中で | Comments(0)

山ノ内のお囃子

c0195909_11292110.jpg



日影アトリエ製図室がある山ノ内では、

この時期になると

八雲神社例大祭がおこなわれます。

今年は715日から722日までの

一週間でした。

製図室が入居する山ノ内ビルの

隣の材木屋さんには、

お囃子の練習小屋が建てられ、

毎日、子どもたちがならす

太鼓や笛の音が製図室に聞こえてきます。

お囃子は好きな音色です。


c0195909_11291786.jpg



通りに面しておみこしも飾られます。


c0195909_11291231.jpg



にぎやかに、

おみこしをひっぱる地元の子どもたち・・・。


c0195909_11290676.jpg



にぎやかに、

おみこしをかつぐ地元のひとたち・・・。

右に見える白い建物は、

日影アトリエ製図室が入居する

山ノ内ビル。


c0195909_11290248.jpg



まちに響く太鼓と笛の音・・・。

夏らしい一週間でした・・・。



c0195909_12043895.jpg

by y-hikage | 2018-07-23 11:33 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

山ノ内のホタルの川

c0195909_11572133.jpg



日影アトリエがある鎌倉市山ノ内には

3本の小さな川が流れています。

東から

明月川、

西瓜川、

小袋谷川です。

そのうちの西瓜川と小袋谷川は、

日影アトリエ製図室のすぐそばを流れています。

最近聞いたのですが、

この西瓜川と小袋谷川には

ホタルがでるそうです。

北鎌倉駅から徒歩5程度の場所に

ホタルがでるとは驚きました。


c0195909_11571700.jpg



日影アトリエの

ホームページ上の案内図を差し替えようと、

あらたな地図を書きながら、

西瓜川と小袋谷川に

ホタルがでること思い出しました。

この新しい地図の差し替えは

失敗に終わりましたが、

あらためて

西瓜川と小袋谷川にそった

小道を歩いてみました。

青い蛇行した線が西瓜川と小袋谷川。

(赤い丸い表示が製図室と資料室)

・・・・・・  ・・

けして清流とはいえない

雑草だらけの川ですが、

左右の護岸は自然石の間知石積み、

河床は自然のままです。

ホタルが生息しても不思議ではない環境です。

こんど夜中に

ホタル探しに

歩いてみようと思います・・・。



c0195909_11571256.jpg



西瓜川と小袋谷川の合流地点。


c0195909_11570752.jpg



c0195909_11570289.jpg



c0195909_11565640.jpg



川をまたいで家が建っています。


c0195909_11565140.jpg



雑草が繁茂しています。

ホタル以外の生物も生息してそうです。


c0195909_11564638.jpg



c0195909_11564284.jpg



c0195909_11563700.jpg



この川は、地図を読むと、

大船の柏尾川に合流し、

さらに藤沢の境川に合流し、

最終的には

江の島大橋のたもとに流れ込むようです・・・。



c0195909_12043895.jpg



by y-hikage | 2018-07-20 12:06 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

ゴーヤ村のトマトたち

c0195909_16562173.jpg



毎日、

トマトやゴーヤの

話をしているような気がします・・・。

それだけ毎日のように収穫しているトマト。

そして最近収穫できるようになったゴーヤ。

ナスはいまのところ一本だけ・・・。


c0195909_16561706.jpg



c0195909_10103957.jpg



製図室のバルコニーをゴーヤ村と称して、

西日の暑さから逃れるためにはじめた

ゴーヤによる緑のカーテンも

今年で三回目・・・。

西日対策もそうだけれど、

野菜の収穫のほうが

いまではメインになりました。

製図室を不在にする日は、

水やりができないことが

気がかりです・・・。


c0195909_16561268.jpg



c0195909_10103515.jpg



c0195909_10102954.jpg



c0195909_10102495.jpg



c0195909_10101990.jpg




c0195909_16560822.jpg



c0195909_10101528.jpg



一本だけとれたナス・・・。


c0195909_10101135.jpg



c0195909_10100760.jpg



c0195909_10100392.jpg



野菜だけではなく蜂の巣もできました。


c0195909_10095998.jpg




c0195909_16560168.jpg



c0195909_10095522.jpg



c0195909_10095193.jpg



c0195909_10094677.jpg




c0195909_16555718.jpg



c0195909_16555334.jpg



c0195909_16554442.jpg



最近の猛暑続き・・・。

ゴーヤやアサガオやトマトの

葉っぱの緑をながめていると、

どことなく涼しい風が流れてきます。

そしてトマトやゴーヤの実の色は、

暑ければ

暑いほど、

夏らしい色に見えてきます。


c0195909_16553944.jpg



c0195909_16553570.jpg



自慢しても恥ずかしくないほど、

おいしいトマトたち・・・。

c0195909_16553190.jpg



c0195909_13544693.jpg







c0195909_16594061.jpg


by y-hikage | 2018-07-17 17:01 | 製図室のゴーヤ村 | Comments(0)

日影良孝建築アトリエのホームページを更新しました。

c0195909_11430607.jpg



日影良孝建築アトリエの

ホームページを更新しました。

更新内容は、

「 WORKS 」に


〇山泰荘 

〇みたかの家 

〇台の家 

〇稲田堤の家


を加えたこと。


「 gallery 」の写真を充実させたこと。


「 住み継ぎ 」の内容が

今まで中途半端だったもの内容を整えたこと。


「 プロフィール 」の所員との対談に

あとがき を書き加えたこと。


以上4点です。


日影良孝建築アトリエのホームページは、

外注せずに内部で製作し更新しています。


本来ならすべて白紙の状態から

製作し直したかったのですが、

まとまった時間がとれないため、

既存のホームページに

手を加えただけになりました。


これからは、

この既存のホームページを更新しながら、

まったく新しいホームページのシナリオを

練っていきたいと思いっています。


c0195909_11430170.jpg



日影良孝建築アトリエのホームページ⇒

http://hikage-atelier.com/




c0195909_12122037.jpg


by y-hikage | 2018-07-12 11:45 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)

北鎌倉の家・漆塗り教室・その5

c0195909_12342374.jpg



漆塗りのロゴマークが完成しました。


c0195909_12341934.jpg



北鎌倉の家から製図室に搬入した

漆風呂を開けました。

赤松に塗った拭き漆の色が綺麗にでていました。

と同時に

年輪による漆の吸いこみのちがいと、

紙やすりの研磨不足のために

ムラがでていました。


c0195909_12341336.jpg



色ムラもひとつの味と考えることにしました。


c0195909_12340850.jpg



二枚組の漆塗りのロゴマーク。

よく見ると年輪のちがいがわかります。


c0195909_12340416.jpg



c0195909_12335978.jpg



急きょ、


ロゴマークを立てるための脚をつくりました。


c0195909_12335410.jpg



c0195909_12335017.jpg



c0195909_12334483.jpg



c0195909_12333868.jpg



ロゴマークを製図室に飾ってみました。

特に用途目的のないロゴマークです。

裏表全面に漆を塗っているので、

壁掛けのために

裏側に引っかけ金物を

取り付けられないのが、

計算ミスでした・・・。


c0195909_12333343.jpg



今度、機会があれば

クリなどの広葉樹に

漆を塗ってみたいと思います。




c0195909_12372679.jpg





by y-hikage | 2018-07-09 12:40 | 北鎌倉の家 | Comments(0)

北鎌倉の家・漆塗り教室・その4

c0195909_13431439.jpg



さて、いよいよ

「北鎌倉の家」の建主さんの家での

漆塗り教室がはじまりました。

講師は、建主さんのK先生・・・。

・・・・・・

1週間おき合計3回の漆塗りの講習・・・。

初日、最初のおこなったのは、

木地を紙やすりで磨くこと・・・。


c0195909_13431087.jpg



よく使いこまれた漆塗りの道具。

毛の束を板で挟んであるのが漆刷毛。


c0195909_13430525.jpg



ガラスの上にチューブ入りの漆を絞り出し、

テレピン油をほんのわずかたらして

漆をよくかき混ぜました。


c0195909_13425972.jpg



c0195909_13425396.jpg



ぼろ布で木地に漆をすりこみ、

拭きとっていきます。


c0195909_13424935.jpg



全体に漆が染み込んだら、

段ボールの漆風呂に木地を入れました。

漆風呂には、湿気を保たせるために

濡れた布を一緒にいれてあります。


c0195909_13424465.jpg



c0195909_13423961.jpg



一週間後に開けた漆風呂の中。

漆の色が濃くなっていました。

と、同時に漆のムラが浮き上がっていました。

少しショックを覚えました。


c0195909_13423407.jpg



漆風呂から木地を出して、

紙やすりでよく磨いたあとに、

前回と同じように漆をすりこみました。


c0195909_13423050.jpg



漆刷毛の毛を出しているK先生。

漆刷毛の構成は、人の髪の毛を漆で固めた毛板を

ヒノキの板ではさんでいます。

毛先が傷んできたら、

小刀で毛先を切り、

板の縁を鉛筆のように削って

新たしい毛板をだします。

毛板の人の毛は海女の毛が一番いいそうだと、

K先生に教えていただきました。


c0195909_13422421.jpg



c0195909_13421949.jpg



奥左手はキムラ建設の木村亮介さんの小皿。

奥右手は大工の西矢誠さんの墨坪。

二人とも材料がケヤキなので

美しい木目が浮き上がっていました。

僕の赤松のようにムラはありません。



c0195909_13421537.jpg



c0195909_13421169.jpg



3日目、最後の講習・・・。

間にK先生に塗っていただいているので、

木地に漆が塗られるのは4回目になります。

最後は、薄く薄く漆を塗る程度で終わり・・・。

木地を段ボールでできた漆風呂に入れて、

製図室に持ち帰って乾燥させることになりました。



( 次回に続く・・・ )


c0195909_13522112.jpg




by y-hikage | 2018-07-08 13:53 | 北鎌倉の家 | Comments(0)

北鎌倉の家・漆塗り教室・その3

c0195909_11585496.jpg




「北鎌倉の家」の漆塗り教室のための

下地となる白木の材料が完成。

漆の世界では、

漆を塗るために加工した材料を

「 木地 」というそうです。

または

「 素地 」ともいうそうです。

拭き漆の場合、

ケヤキやナラやクリなどの

広葉樹のほうが

きれいに木目がでると思いますが、

今回は、高樹齢の赤松にしました。

針葉樹と拭き漆の相性を

試してみたかったのです。

日影良孝建築アトリエのロゴマークの木地は、

2枚つくりました。

赤松をくり抜いた残りの木地をふくめると

4枚の木地になります。

仕上がった木地は、

見た目にも、

触った感じも、

ざらざら感はなくつるつるしていますが、

いざ漆を塗ってみると

ムラがでるかもしれません。

その原因は研磨不足かもしれないし、

木地となる赤松の性格に

よるのかもしれません・・・。



c0195909_11584974.jpg



c0195909_11584565.jpg



c0195909_11584132.jpg



c0195909_11583783.jpg



c0195909_11583239.jpg



c0195909_11582870.jpg



c0195909_11582340.jpg



( 次回に続く・・・ )


c0195909_13522112.jpg



by y-hikage | 2018-07-07 12:01 | 北鎌倉の家 | Comments(0)