ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

昭和29年田園調布の家・その4

昭和29年田園調布の家。

この築59年の家を、

住み継ぐかたちは、

様々あろうかと思いますが、

この家はこの場所で住み継ぐのが理想です。

家は庭と一体となるように設計され、

庭の木々も59年の歳月を

経過しながら生き生きしています。

庭の木々は家のものであり、

町並みにとっても大切な存在にまでなっています。

              ※

さて、住まい手が居なくなった

「昭和29年田園調布の家」を、

どのようなかたちで、残していくか。

この場所で、庭と一緒に・・。

家と土地を購入しなくても、

借家でもいいのかもしれません。

他にも、いろいろな方法があるかもしれません。

「住み継ぐかたち」を探っているところです。

c0195909_14475422.jpg
c0195909_14481212.jpg
c0195909_1448917.jpg
c0195909_14482669.jpg
c0195909_14482430.jpg
c0195909_14484013.jpg

by y-hikage | 2013-05-31 15:12 | 田園調布の家 | Comments(0)

昭和29年田園調布の家・その3

昭和29年田園調布の家。

この家の間取りは、

1階が、東に玄関に面する

居間(書斎・応接間)があり、

その西側に広縁のある畳敷きの

茶の間(現在は、椅子式の食堂)、

その西側に和室(客間)、

その西側に4畳半ほどの和室があります。。

北側には、

便所、台所、水回り、

鉄筋コンクリート造の倉庫が配置されています。
c0195909_142871.jpg

1階の和室の床の間まわり。

特に、技巧を凝らしたところがなく、

さりげなく、おおらかです。

そういう意味で、僕の好きな設計です。

c0195909_1415334.jpg

敷目風の天井に、

細い丸太を押え縁にしていますが、

嫌味がありません。
c0195909_1422222.jpg

和室から廊下を眺めます。

廊下の北側向こうは、階段です。

廊下に自然光が漏れるように、

階段との仕切り壁に障子を入れています。
c0195909_14284.jpg

2階の間取りは、

子供室と寝室(和室)で構成されています。

その寝室です。
c0195909_1424067.jpg

寝室の床の間まわり。
c0195909_1422930.jpg

寝室の北側の押し入れ。

唐紙の使い方が大胆な色使いです。
c0195909_1425753.jpg

2階子供室の東側の窓。

1間幅の引き込み障子とガラス戸。
c0195909_1424494.jpg

いぶし瓦と木々の緑が相まって、

とても気持ちいい窓辺の景色です。
c0195909_1431573.jpg

建具を引き込んだ状態の窓回りの詳細です。
by y-hikage | 2013-05-31 14:41 | 田園調布の家 | Comments(0)

昭和29年田園調布の家・その2

大田区の閑静な住宅地に、

昭和29年に建築された

モダンな数寄屋の住宅が建っています。

施工は、数寄屋建築で有名な水澤工務店です。

全体的な意匠は、数寄屋建築の巨匠である、

建築家・吉田五十八に通じるところがあり、

開口部回りを中心に、その特徴がみられます。

            ※

長い間、この家を守り続けてきた、

お母様が、お亡くなりになり、

どのようにすれば、

この家を住み継いでいけるかどうか、

相談を受けています。
c0195909_13161371.jpg
玄関回り。

正面に、片引きの玄関引き戸

(腰舞良ガラス障子)が見えます。

右の下駄箱の上にも、

ほぼ正方形の障子があります。

壁と天井は、素材感を抑えるために塗り壁とし、

左手の壁は、均質で光沢がある突板の

合板が張られています。
c0195909_13153956.jpg

ここでは、紹介できませんが、

この家を囲む、庭も素晴らしく、

町並みを歩く人たちに、潤いを与えています。

家の窓は、この庭とのつながりを、

考慮に入れて設計されています。

例えば、玄関東側の正方形の障子。
c0195909_1316272.jpg

正方形の障子は、片引き障子で、

壁の中に引きこまれます。
c0195909_13155251.jpg
障子を壁の中に引きこむと、

繊細なガラス戸を通して、

玄関先の切り取られた庭が垣間見えます。
c0195909_13164092.jpg

玄関側から、居間を見ます。
c0195909_1316588.jpg

庭に面して、コーナーの

大きな掃出し窓になっています。

この掃出し窓は、障子が引き込まれる設計です。

(現在は、アルミサッシに変わっているために、

障子のみが、壁に引き込まれます。
c0195909_13165261.jpg
居間から、北側を見ます。

居間の北側の飾り棚にも、

庭の景色を切り取る、

額縁のような窓が設けられています。
c0195909_13161732.jpg

居間、南側全景。
c0195909_1317442.jpg

居間北側の引き込み障子の詳細です。
c0195909_13162977.jpg

障子を引き込み、ガラス戸を引き込むと、

何もなくなってしまい、

より庭の景色が美しく切り取られます。

この窓枠を注意深く見ると、壁と枠の関係が、

ハッカケになっていることに気が付きます。

景色の額縁を、より繊細に見えるように、

余計なフレームを消し、

視線を妨げる部材を最低限にするための、

細部の意匠なのです。
by y-hikage | 2013-05-31 13:58 | 田園調布の家 | Comments(0)

昭和29年田園調布の家 その1

住み手が長い間、大切に住み続けてきた

田園調布の家。

戦後間もない昭和29年に建てられた家。
c0195909_23295492.jpg

数寄屋で有名な水澤工務店が建築した家。

世代が変わり、

今、この家を受け継いだご家族に相談を受けて、

今、この家の

住み継ぐ可能性を探っています。
by y-hikage | 2013-05-05 23:39 | 田園調布の家 | Comments(0)

アースデイいのちの森 その7

アースデイいのちの森の二日目は、

雨のために参集殿で行われました。

大きな空の下での、いのちの森とちがって、

体育館のような室内での、いのちの森は、こじんまりで

それが逆に、アットホームな雰囲気で人と人がとても近く感じられました。

参加者の人同士も、

屋外の時よりも話せる機会が多く、交流の場所にもなりました。

昨年は、屋外の西芝地で鑑賞できた、

古代フラや雅楽は、室内でまじかに鑑賞できました。
c0195909_10233130.jpg

古代フラの様子です。
c0195909_10233025.jpg
c0195909_10234417.jpg

雅楽の演奏と舞い。
c0195909_10234760.jpg

国際野点協会のブースでお茶を一服頂戴しました。
c0195909_1024125.jpg

日本の森バイオマスネットワークのブースの様子。
c0195909_102453100.jpg

バイオマスのブースには、

手のひらに太陽の家の模型を展示しました。

とても密度も濃い二日間でした。

来年もまた参加することになるでしょう。

楽しみにしています。

(この章、終わり)
by y-hikage | 2013-05-05 10:39 | 森の中と町の中で | Comments(0)

アースデイいのちの森 その6

こどもたちの笑顔の傘「メリープロジェクト」

いのちの森にこどもたちの笑顔がひらきました。
c0195909_3265615.jpg

アースデイいのちの森の二日目は雨のため

明治神宮の境内にある参集殿の中で行われました。
c0195909_3274631.jpg

子どもたちの 笑顔がプリントされた

たくさんの傘が参集殿に開きました。

この傘はメリー・アンブレラと呼ばれ、

アートデザイナーの水谷孝次氏が、

世界の被災された子どもたちの笑顔をアートにして、

復興を支援する活動です。

被災された東北の方々を勇気づけるために、

東北や世界中の子どもたちの笑顔を通して復興への、

そして未来への希望の光を増やしていく・・。

子どもの笑顔は大人も元気にしてくれる希望の光。

こどもたちの笑顔が会場を明るく華やかにしてくれました。

(この章、次回につづく)
by y-hikage | 2013-05-04 03:34 | 森の中と町の中で | Comments(0)

アースデイいのちの森 その5

アースデイいのちの森が開催された4月20日と21日は、

雨模様という天気に恵まれました。

初日は、午前中は晴れておりましたが、

午後からポツポツと雨が降ってきました。

昨年も雨に恵まれましたが、

今年も雨に恵まれました。

雨なしでは、地球は循環しません。

恵みの雨でした。

c0195909_13422753.jpg
日本の森バイオマスネットワークのブースの様子です。
c0195909_13423481.jpg
この二日間、様々の参加者の出演や出展がありました。

初日の原宿門でのフラの様子です。

ハワイの民族芸能のフラは、

音や声や踊りや体の動きが、

静かで、柔らかく、芯があって、

地球の大地とつながっているように思います。

とても好きな民俗芸能です。

(この章、次回につづく・・・)
by y-hikage | 2013-05-01 13:52 | 森の中と町の中で | Comments(0)

アースデイいのちの森 その4

先週の週末に明治神宮で開催された、

「アースデイいのちの森」。

この奉納行事を支えているのが

「NPO法人響」の若いスタッフの人たちです。

彼らは(実は僕もその会員なのですが・・

あまり活動に参加できていないのが実情・・・)、
c0195909_1248812.jpg
91年間で造られた森から生まれたドングリの種を

苗木に育てています。

そしてその苗を、全国に届ける活動をしています。

つまり91年前に

全国からの献木で造られた森から生まれた苗木を今、

全国に届けようとする活動をしているのです。
c0195909_12481372.jpg

昨年完成した宮城県登米市の

「手のひらに太陽の家」にも神宮で育った木が植樹されました。
c0195909_12482163.jpg

91年前の人々の心が、森によって継承され、

91年後の若い心が、次の100年を創ろうとしている姿に、

僕は感銘を受けるのでした・・・。

(この章、次回につづく・・・)
by y-hikage | 2013-05-01 12:52 | 森の中と町の中で | Comments(0)