ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

落とし込み板壁の講習会を受けました。

先週の3月16日に木の建築フォラム主催の

「板倉構法(落とし込み板壁)の構造と防火性能に関する講習会」を

受講しました。
c0195909_1725218.jpg
昨年、受講しするつもりでしたが、

「手のひらに太陽の家」の現場のことで頭がいっぱいで、

受講申し込みを忘れ、今年こそはと受講いたしました。

この講習を受けることで、

「杉の無垢材」で、

落とし込み板壁を耐力壁に使用することができることと、

外壁の防火構造を落とし板で設計することが可能となります。

実は昨年、完成した「手のひらに太陽の家」は、

この構法を採用しており、

構造設計をしていただいた桜設計集団の佐藤さまの資格によって、

この構法で設計することが可能となったのでした。
c0195909_173107.jpg
「手のひらに太陽の家」の設計担当の僕が、

この資格を持っていなかった反省から、

今後の設計のこともあり受講を決めました。

上の写真は、「手のひらに太陽の家」の住居棟の現場の写真です。

僕の背後の杉の壁は、30㎜厚の杉板を柱の間に落とし込んだ壁です。
c0195909_173479.jpg
この講習の中で、安藤邦廣先生の板倉構法の歴史の講義はとても興味深いものでした。

現在の倉は、土蔵造りが一般的だが、この土蔵は室町後期に都市部の防火構造として発達したものであると。

江戸時代には、東北地方にも土蔵は広がっていくが、防火性能の必要性の低さと森林資源に恵まれていることから、東日本の山間部には、現在でも板倉は残っていると。

板倉の構法は時代の進行によって変化し、
最初は、柱のない「せいろう倉」、次に「せいろう倉」に一部柱が加わり、「落とし板倉」に変化していくということ。

それが、「貫板倉」に発達し、防犯を考慮した「繁柱板倉」になり、

ついには倉は土蔵に変わっていくということ。

この上下の写真は、木の家ネットの建築ツアーで見た宮城の繁柱板倉です。

柱が、1尺間隔で立ち、上から板を落とし込んでいます。
c0195909_1732140.jpg
深い庇の屋根は、天然スレートで葺かれ、

細かく柱が立つ外観は、とてもモダンに見えました。構造の美しさです。
c0195909_1731715.jpg
この写真は那須の「貫板倉」です。

那須の家の現場のそばに建っていたものです。
c0195909_173335.jpg
宮城の板倉よりも部材が太く堂々とした構えでした。

安藤邦廣先生の講義によって、ますます板倉に興味をもちました。
by y-hikage | 2013-03-21 17:43 | 手のひらに太陽の家 | Comments(0)

吉村順三記念ギャラリー・小住宅3題をみてきました。

先週の週末のこと、

毎回楽しみにしている、

吉村順三記念ギャラリーに行きました。

(これからは鎌倉から上京できる恰好の機会になります!)

さて、展示内容は、

小さな建築展・第38回 ‘47~‘51年の小住宅三題。

この部屋は、おなじみのギャラリー内の応接間。

とても心地よい空間です。
c0195909_11264199.jpg

紹介されている住宅は、

田園調布の住宅(田沢邸):1964年
千駄ヶ谷の住宅:1951年
佐倉厚生園の住宅:1951年

の三軒です。
c0195909_11265448.jpg

中でも、印象に残ったのは、田園調布の住宅でした。

田園調布の高台からの眺望を生かした

スキップフロアーの住宅です。
c0195909_1127912.jpg

敷地の形状に逆らわないように、

平面を、渡り階段によって、わずかに折り曲げ、

斜面の土地の造成を最低限に抑えるために、

懸け造り(ちょっとおおげさですが清水寺のように)

で家を持ち上げています。
c0195909_1127205.jpg

南から見ると2階建てですが、北側からみると平屋建てです。

屋根は、材料がなかったせいか、

4寸勾配の杉のへぎ板(割板)張り、

外壁の一部に杉皮を張っているのが特徴的です。
c0195909_1128429.jpg

この住宅はとても勉強になりました。

最低限の間取りに、無駄なく生活の機能を読み込み、

家具の配置も無理なく、そして自然に置かれています。

生活の動線も滑らかに動き、

平面図を見ているだけで、

家の中に居るような気分に誘われました。
c0195909_1129139.jpg

仕事場に戻り、この心地よい記憶を忘れないように、

ギャラリーでスケッチしたノートを見ながら、

クロッキー帳にフリーハンドで清書しました。
by y-hikage | 2013-03-17 11:37 | 吉村順三ギャラリー | Comments(0)

今日で東北の震災から二年がたちました。

東日本大震災から今日でちょうど二年がたちます。

この写真は、震災後すぐの南三陸町の春の様子。

戦争の焼け跡のような町をみて、

僕は、呆然と立ちすくみました。
c0195909_351862.jpg

この現場をみて

なにが、どうなって、これからどうなるんだろうと混乱しました。

この時、この場所は、いつものように春を迎えていました。

あたたかい風がふわふわとながれ、

桜の花がなにもなかったように花を咲かせようととしていました。

青く、深い三陸の海も、波ひとつなく、

自然はなんて、大きくて、美しく、強いんだと、

心の中でつぶやいた自分を忘れることができません。

来年も同じように、この場所の桜は咲くことでしょう。

そして来年の今頃こそ、一人でも多くの人に、

希望の光が咲くことを、願っています。
by y-hikage | 2013-03-11 04:16 | 手のひらに太陽の家 | Comments(0)

建長寺の「気仙沼屋台祭り」

日影アトリエが北鎌倉に移転してから、

時間の合い間をみつけては、鎌倉の寺を見てまわっています。

今までも、見てはきたのですが・・・、

少し本気で見て回ろうと思い始めたのです。

今朝は、仕事場に行く前に建長寺に行きました。

東日本大震災の発生から、あと二日で二年がたちます。

建長寺の境内で 「復興支援 気仙沼屋台祭り」が行われていました。

一通り、建長寺の建築を見学し、方丈(龍王殿)裏の庭園を見ていたら、

方丈で、復興祈願の法要がはじまりました。
c0195909_16464043.jpg

どうぞ、中にお入りくださいとの、お言葉のままに方丈の畳に座りました。

c0195909_16464098.jpg

大きな太鼓の響きのあとに、お坊さんたちの合唱がはじまりました。

津波に生命や家や記憶が流された町に、

この遠い鎌倉の建長寺から祈りの唄が東北のかなたに届けと、

方丈全体が楽器のように響わたりました。
c0195909_16465145.jpg

境内には、被災地の気仙沼から

海産物や地元の特産品が紹介され販売されていました。
c0195909_16465251.jpg

気仙沼の人たちは、とても明るく元気で楽しそうでした。

僕は、何を買おうかと、さんざん悩んだあげく、

朝ごはんのおかずになればと、

生ワカメと、素干しエビと、山椒みそを買いました。

どれも気仙沼で獲れたもの、あるいは加工されたものです。

明日の朝ごはんか、今晩のお酒のつまみにしようかと考えています。
c0195909_164743.jpg

by y-hikage | 2013-03-09 17:26 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)