ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

住田町の木造仮設住宅が六本木ヒルズアリーナに展示されました。

moreTreesによる被災地支援プロジェクト「LIFE311」 岩手県住田町の木造仮設住宅の建設支援。その実物の仮設住宅が六本木ヒルズに展示されました。
c0195909_16365259.jpg
あまり縁のない六本木ですが震災後から少しずつおつきあいさせていただいているmoreTreesの企画展示。写真や記事では知ってましたが実物を見れる貴重な機会でした。
c0195909_1638211.jpg
しかも僕の故郷の岩手の観光物産も展示販売されているとのこと。他人事ではありません。
c0195909_1639395.jpg
写真や図面で見たときは、南側の窓が小さく、少し窮屈な印象を持っていましたが、とても居心地のいい空間でした。
c0195909_16392052.jpg
木のぬくもりの力だけではなく、最低限の材料で作ろうとするミニマムな空間が逆に、包まれる安らぎを感じました。
c0195909_16394734.jpg
小型版のペレットストーブ(サイカイ産業)。空間のスケールにあった大きさです。
c0195909_1640618.jpg
六本木ヒルズアリーナでは、このイベントで様々なイベントや展示販売がされていました。その内容は、日影のフェイスブックで紹介されています。
by y-hikage | 2011-07-31 16:40 | 手のひらに太陽の家 | Comments(1)

team Timberize設立記念セミナーに参加してきました。

昨日、チーム ティンバライズのセミナーに参加してきました。team Teimberizeは、主に都市部における大規模木造建築の可能性を探り提案するチームです。
c0195909_11445758.jpg
森と都市をつなぎ、無機質ではない豊かで心地よい街並みを創造する。とても共感を覚えました。
c0195909_1145941.jpg
伝統や慣習にとらわれることのない、ひとつの技術にかたよらない方法を様々なジャンルの垣根を越えて生み出していくという発想も素晴らしいと思いました(模型は、木質ハイブリッド集成材を使用したビル)。
by y-hikage | 2011-07-30 11:57 | 森の中と町の中で | Comments(0)

登米市登米町の建築その2

登米高等尋常小学校校舎(重要文化財)。明治21年建築(記憶が正しければ)。
南に面してコノ字型平面とし両翼の先端に児童の入り口がある。吹きさらしの廊下に面して教室があり、すべての空間は、コノ字に囲まれた広場に対して開放的である。
この学校の最大の特徴はこのコノ字型平面であり、設計者の思想が最も表れている。
装飾や木工技術であえて注目できるところは、吹きさらしの廊下のトラス状の梁と左右対称の両翼突端の多角形プランの玄関の小屋組みである。
(以上資料がないので日影の勝手な解釈・・)
c0195909_175927100.jpg
正面外観。来賓と象徴性を持たせた中央の白いバルコニーを兼ねた本玄関。
c0195909_1759568.jpg
僕がもっとも好きな子供たち教室。
c0195909_1802275.jpg
児童の玄関入り口。地震によって、しっくいの壁が割れています。逆に言うと目立った被害は、そんなにはなかったということでしょうか。
by y-hikage | 2011-07-24 18:22 | 手のひらに太陽の家 | Comments(0)

登米市登米町の建築その1

昨日、宮城県の登米市登米町(とめしとよままち)の「手のひらに太陽の家」の新しい敷地の調査を終え、設計の参考にするために、旧登米高等尋常小学校校舎(重要文化財)を見学し、その後に伝統芸能伝承館森舞台(地震被災のため休館中)を見に行く途中、思わぬ町並みを発見しました。
c0195909_0225278.jpg
建築された時期は定かではありませんが、戦後間もない住宅のように見えました。昭和初期の雰囲気を色濃く残す集落。貴重な発見です。
c0195909_0233347.jpg
この日、一緒に行動してくれていた唐澤さんは、「まじめに借りて住もうかな」と言っていました。
by y-hikage | 2011-07-23 00:37 | 手のひらに太陽の家 | Comments(0)

小坪の海は荒れていました。

今朝の海は台風の影響でしょうか。荒れていました。
c0195909_1124176.jpg
日曜日と同じ岩場です。
c0195909_11241175.jpg
こんなに荒れた海でもサーファーは波に挑戦していました。
by y-hikage | 2011-07-19 11:26 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

小坪から逗子海岸へ

昨日もジョギングの途中に海におりました。
c0195909_17125245.jpg
左手の岩場の上の森は小坪の側から見た大崎公園です。この小さな半島をぐるっと回れば逗子海岸です。距離的近いのですが、いつもは波が高いため歩いて行くことはできません。
c0195909_17131155.jpg
この半島の突端に行くことができました。かなり画期的な出来事です。何のために造られたものかわからない壊れた階段から、江の島と富士山が見えました。
c0195909_17133116.jpg
一度、家に帰りました。午後からは自転車で葉山方向に走りました。逆光の富士山です。ひさしぶりの休日です。
by y-hikage | 2011-07-18 17:22 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

今朝の海は、驚くほど潮が引いていました。

c0195909_2062255.jpg
朝、走っていたら、潮が引いていました。ので海におりました。
c0195909_2064821.jpg
魚がいないか水中を眺めます。
c0195909_2065380.jpg
ここは、知る人ぞ知る、小坪マリーナ脇の岩場。
そうですね、10年以上眺めているけれど、これほど潮が引いている光景は初めてです。
c0195909_2065943.jpg
潮が引いた先の先まで行ってみました。
僕に与えられたジョギングの時間、一時間十五が、さっきからオーバーしています。
c0195909_207669.jpg
いつもは、あの岩場に、波が押し寄せています。
c0195909_2071565.jpg
ウニがたくさんいました。
僕は、この岩場で、パウル・クレーの石を拾って帰りました。
by y-hikage | 2011-07-15 20:18 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

ニンニクが届きました。

母からの携帯メールが届きました。
c0195909_174306.jpg
父が育てたニンニクが食べごろです。
(この荒い画像、何とかならないかなあ)
by y-hikage | 2011-07-14 17:45 | 岩手県九戸郡軽米町 | Comments(0)

創建舎の家を見学に行きました。

この前の日曜日の10日、創建舎の家の見学に行ってきました。設計は、日影アトリエに以前、勤めていた加藤さんです。
c0195909_1854367.jpg
特に印象に残った場所は地下のドライエリア。コンクリートの壁に緑が育っていました。オカメヅタという蔦とタマシダというシダ。緑の設計施工は、古くからの友人の小倉さんです。
c0195909_186289.jpg
緑があるだけで空間がこれほどまでに豊かになることを改めて納得しました。感動です!
by y-hikage | 2011-07-13 18:17 | 森の中と町の中で | Comments(0)

今朝、ジョギングをしていたら手のひらに小鳥がのった。

さきほどフェイスブックでも紹介させていただきましたが今朝、手のひらに小鳥がのりました。
c0195909_1047111.jpg
今日の富士山はわずかな雪を残した黒い富士でした。
c0195909_10471571.jpg
人は誰も信じませんが、
c0195909_10472672.jpg
走っていると犬だけではなく、小鳥が近寄ってきます。
今日も目の前をパアーっと小鳥が舞い降りてきました。いつものように近寄ってみますが、逃げません。
c0195909_10473616.jpg
手をさしのべたら手のひらにのってきました。
あまりにかわいいので家に連れて帰りました。
by y-hikage | 2011-07-10 10:54 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(3)