ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

<   2011年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

吉村順三記念ギャラリーで、吉村順三の言葉に出会いました。

先日の日曜日に吉村順三記念ギャラリーに行ってきました。テーマは吉村順三の作品の中でも特に好きな建物「八ヶ岳高原音楽堂」でした。模型を観察したり、図面を見たりしていて、ふと吉村順三が毎日芸術賞(1988年)を受賞いた時に語った文章に目が釘づけになりました。長文ですが、共感するところが多大なのでここで紹介することにします。
c0195909_19261999.jpg

吉村順三 1988年・毎日芸術賞受賞の言葉
人間は自然の一つのパーツだと私はつねづね思っている。自然の中で、人間は自分の心に従って行動する。人が住まい、人が流れ、たたずみ、すわる場所を考えるとき、決まった方法論などはない。絶えず人間という原点に立ち返って自然に溶け込む生活を考えるのが私の建築デザインのはじまりである。
最近、特に感じることは、この自然と人の動きに対する感覚が、物質的になりすげていなか、合理的効果のみを追い、ゆとりが抹殺されていないか、造形にとらわれ過ぎていないか、ということである。論理や計算だけでは真の生活はつかめない。それは、もっと精神的なものではなかろうか。建築は、はじめに造形があるのではなく、はじめに人間の生活があり、心の豊かさを創りだすものでなければならない。そのために、設計は、奇をてらわず、単純明快でなければならない。
もっと具体的に話そう。たとえば受賞対象の八ヶ岳高原音楽堂。八ヶ岳は、私が中学二年の時に訪れて以来、なじみ深い、私の愛する自然の一つである。この高原に、私の持論を精いっぱい表現しようと試みた。現地で伐採した唐松の柱や梁、杉板を型枠として打設したコンクリートの柱、昔から左官材として使われてきた漆喰の壁などによって、それぞれが在るべき姿で一つの空間を構成しようと努めた。また八ヶ岳高原の大自然の中に、建物が目立ち過ぎず、かと言って媚びずに存在することを望んだ。銅版葺きの大屋根とアルミとガラスによる二つのトップライトは、そのためのものである。
人々が、建物を内から体験し、外から眺め、内と外とを自由に行きかい、言葉を交わすさまは、まことに美しい。
この十月、毎日新聞社のモネ展によってオープンした茨城近代美術館設計の際も館内外を自由に行きかいできるよう心を砕いた。館内のどこにいても自分の居場所がわかり、人の流れが建物の中心、ゆとりあるエントランス大ホールに集中するように配慮した。
八ヶ岳の音楽堂は、規模としては小ホールである。しかし、大勢の人が集まり、アーティストを遠くから眺め、電気で増幅された音を聞くコンサートに飽きた人々にとって、自然をバックに、少人数で演奏家の息づかいまで感じられる音楽会は、新鮮な感動を与えてくれることだろう。
音楽堂にしろ美術館にしろ、先々、人の動きがどうなるか、それを見るのが楽しみである。
将来を洞察し、将来に責任を持つのも建築家の仕事である。そのためには、長持ちする建築でなければならない。(以下省略)
by y-hikage | 2011-05-30 19:40 | 吉村順三ギャラリー | Comments(0)

やまざき建築研究所 山崎たいくさんの仕事を見て感じたこと

昨日の午前中に山崎たいくさんが設計した(聖建築研究所との共同設計)、
土佐木の舎・奏(とさもく・や・そう)を見学してきました。
木造。
設計者。
大工。
繊細な目で見ると、
特に設計者の感性で木造の品格が大きくそして小さく、
変わるものだと改めて思いました。
今日の家は山崎さんの本人の佇まいのごとく、
浮かんだ言葉は、
無駄のない表情。
素材の調和。
そして、「いしだや」でも感じたように。
「木をうまくコントロールしている」と思いました。
さりげなくきれいでした。
c0195909_1461364.jpg

by y-hikage | 2011-05-29 14:17 | 森の中と町の中で | Comments(0)

高柳町の荻の島がJALの広告のイメージに使われていました。

今日は少し忙しい時間を過ごしました。
その移動の間の田園都市線の車中の広告に、僕が設計した「高柳町のかやぶきの家」とその集落がイメージ写真に使われているのを発見し驚きました。
c0195909_1955367.jpg

午前中は、
お世話になっている、やまざき建築研究所が設計した(聖建築研究所との共同設計)住宅、たまプラーザの「土佐木の舎・奏(とさもくのやそう)」の見学。
昼過ぎは、
目白の吉村順三記念ギャラリーの、おそらく吉村順三の作品の中で最も好きな、八ヶ岳高原音楽堂の展示の見学。
夕方は、
新宿の工学院大学の開催されている、第20回JIA東京都学生卒業設計コンクールの見学(日影アトリエの見習いのミヤザワが出展!)の見学。

設計の実務の間の時間を使って、建築の勉強の一日でした。
その詳細は次回から報告いたします。
by y-hikage | 2011-05-28 20:03 | 荻ノ島集落 | Comments(0)

母が携帯電話で撮影した写真がまた届きました。           

この写真に母が添えた言葉は
「ゆうぐれのくもはたけでのさつえいです」
c0195909_21251725.jpg
この写真すごい!母は水彩画に凝っている。そして写真にも目覚めたようだ。光のバランスが完璧。空と大地のバランスがみごと。七十過ぎた母の作品。
by y-hikage | 2011-05-27 21:35 | 岩手県九戸郡軽米町 | Comments(0)

今日の朝とフェイスブック

今日の朝は雲が多く青空は見えませんでしたが陽気が良かったです。
c0195909_18523586.jpg
はげ山の桜の実。
c0195909_18524393.jpg
はげ山の大谷石の階段。
c0195909_18525138.jpg
鎌倉の海岸。
c0195909_18525845.jpg
リビエラ。
c0195909_1853641.jpg
小坪の釣り人。
c0195909_18531512.jpg
披露山のタンポポ。
幾人かのアドバイスがあり、フェイスブックに登録しました。IT音痴なので使い方がよくわかりませんが、少しずつ慣れていくのでしょうか?図面が手書きなのでパソコンを開く時間が圧倒的に少ないので日影アトリエには向かないのかなとも思いますが・・・。とりあえずチャレンジですね!
c0195909_196256.jpg
フェイスブックに登録するためには顔写真が必要なので、先日荒木さんが撮影したこの写真を使いました。
顔が脂ぎっているようであまり好きじゃないのですが・・・。
by y-hikage | 2011-05-26 19:02 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

陸前高田市出身の吉田正人さんの復興イメージ

アーディック建築計画の吉田正人さんと会食の場所は、やまざき建築研究所の山崎たいくさんが設計した銀座木挽町の「いしだや」という日本料理店でした。
吉田さんを囲むように山崎さんと日影が陸前高田市での思い出や復興のイメージを聞きました。
その中で特に印象的だったのは、松林を日本全国から有志を募って植林し、美しい松林を復活させようという話。
その松林の浜辺は観光資源となり、復興のエネルギーの源にもなるだろうと。
いろいろとお話しは尽きませんでしたが、その夜頂いた吉田さんのスケッチの一部紹介いたします。
直筆のスケッチのほうがイメージが伝わってきますので・・・。
c0195909_2192064.jpg

ところで山崎さんが設計した「いしだや」という日本料理店。
とても品のいい空間でした!。料理もとても美味しく値段も手ごろです。ぜひ一度行ってみてください。
「いしだや」中央区銀座3-13-2登栄東銀座ビル地下1階 電話03-6228-4793
by y-hikage | 2011-05-25 21:17 | 手のひらに太陽の家 | Comments(0)

今朝、コスピオの打越さんに会ってきました。陸前高田市の件で・・・。

被災地の復興のための活動で出会ったソーシャルビジネスネットワークの方からパースの相談がありました。
陸前高田市内の高田自動車学校の田村さんという方がリーダーとなり将来の町づくりの構想を練っているとのこと(地元の若者たち:高田六人衆)。
その人たちがイメージする町づくりをパースにしてくれる人を知りませんか?との相談でした。
僕自身心あたりがなかったために、やまざき建築研究所の山崎たいくさんに相談しました。
山崎さんから古い知り合いの方、コスピオの打越さんをご紹介されました。
そして今朝、ソーシャルビジネスネットワークのお二人と打越さんの銀座の仕事場に伺いました。
強い力による町づくりではなく、地元主体で将来のことを考えていきたいという田村さんたちの活動に賛同していただき、今週の週末に陸前高田市に出向いていただくことになりました(僕は設計に専念したいので残念ながら同行はできません)。
c0195909_1740574.jpg
(写真は日経アーキテクチャーに掲載されていた陸前高田市の一本松を転載)
ところで
日経アーキテクチャーに陸前高田市の復興案が紹介されておりました。
それはそれは、壮大な構想で肯定も否定もできませんが、
地元の人たちの小さな力が束になって将来の町を考えていくことが重要ではないかと思います。
地元の意識の遠い場所でつくられた町は、どこか乾いた町になるようで、どうかと思います。

(ところで陸前高田市には親戚がおりました。妹から無事だったと聞きました。)

さて、やまざき建築研究所の山崎たいくさんからもう一人の人物を紹介され、去る4月13日お会いした方も印象的でした。陸前高田市出身の吉田正人さんです。アーディック建築計画を主宰されておられ、今回の津波で丸ごと実家が流された方です。
                                      
 ブログ:けんちくにっき(http://arakiki.exblog.jp/)も見てください。 
                          
                                     次回続く・・。
by y-hikage | 2011-05-24 17:52 | 手のひらに太陽の家 | Comments(0)

「手のひらに太陽の家」を思って

c0195909_8421445.jpg
一人一人の力が集まることで困難な状況を乗り越えることができるはず。
設計の担当者として、そんな思いを抱きながら図面を描いています。
by y-hikage | 2011-05-24 08:47 | 手のひらに太陽の家 | Comments(0)

母の写真

母の携帯メールの写真に母はこう書いてました。
c0195909_2119113.jpg
ぜんまいのはなまわたがついている
by y-hikage | 2011-05-22 21:25 | 岩手県九戸郡軽米町 | Comments(0)

父、農作業をする。

母が携帯電話で撮影した父の農作業の風景。
c0195909_12115434.jpg
父は大工を引退してから農作業をしています。
by y-hikage | 2011-05-17 12:14 | 岩手県九戸郡軽米町 | Comments(0)