ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

カテゴリ:稲村ケ崎の家( 21 )

「稲村ケ崎の家」の建て方が始まりました。

「稲村ケ崎の家」の基礎工事が完了し、無事土台が基礎の上に設置されました。構造材は荷揚げリフトと人力で敷地まで上げられ、本日から建て方工事が始まりました。
c0195909_1827556.jpg
小雨混じりのとても寒い中、クレーンなしの人力で柱と梁を組み上げていきます。
c0195909_18271527.jpg
明日が上棟式。とても楽しみです。
by y-hikage | 2011-12-09 18:32 | 稲村ケ崎の家 | Comments(0)

「稲村ケ崎の家」の基礎のコンクリート打設。

本日、午後より「稲村ケ崎の家」の基礎のコンクリート打設の一回目がありました(捨コンクリートを含めると2回目)。
c0195909_16553990.jpg
敷地の崖下の駐車場をお借りして生コン圧送車と生コン車を配置して上の敷地に圧送します。
c0195909_16561079.jpg
この工事を無事行うことができるかが、ひとつの難関でしたが様々な問題を乗り越えて行うことができました。
c0195909_16563218.jpg
c0195909_16565039.jpg
僕は、打設途中で現場を後にしましたが、完了するまで、夕刻ギリギリか、それ以上かかるかもしれません。
c0195909_1657916.jpg
基礎コンクリート打設はもう一度あります。気は抜けません。
by y-hikage | 2011-11-16 17:06 | 稲村ケ崎の家 | Comments(0)

「稲村ケ崎の家」の配筋検査が行われました。

先日の11月11日の金曜日の午前中に「稲村ケ崎の家」の配筋検査が行われました。あいにく雨の中の検査でした。検査はハウスプラスの検査員による検査と日影アトリエの検査が同時に行われました。
c0195909_122518.jpg
配筋工事は100%完了しており特に問題となる個所はありませんでした。
c0195909_12251822.jpg
基礎の形式はベタ基礎ですが崖側の基礎は深基礎としています。
c0195909_12255388.jpg
床スラブは13mm筋で組まれ、一般的な配筋よりも丈夫に組まれています。
c0195909_12262683.jpg
検査用の黒板に基礎の仕様を書き込む日影さん。雨でびしょ濡れです。
c0195909_12265014.jpg
配筋状況を撮影し記録に残します。
c0195909_12271676.jpg
雨の中、無事に検査が完了しました。
この日の午後は、夕方から棟梁と打ち合わせがありました。
それまでの空いた時間に山口逢春記念館と神奈川県立近代美術館葉山館(川合玉堂展)に行きました。
by y-hikage | 2011-11-13 12:40 | 稲村ケ崎の家 | Comments(0)

「稲村ケ崎の家」の基礎配筋工事が進行中です。

c0195909_14223833.jpg
本日、渡辺棟梁に工事用看板を届けに現場まで行ってきました。現場は捨コンクリートが完了し、外周の型枠が建てこまれ、基礎配筋工事が進行中です。
c0195909_14224643.jpg
鉄筋はリフトと人力で敷地まで上げられました。鉄筋の組み立てよりも、「運び上げるほうが大変!」と話していました。
c0195909_14225250.jpg
今週中には、配筋検査ができそうです。
by y-hikage | 2011-11-07 14:27 | 稲村ケ崎の家 | Comments(0)

「稲村ケ崎の家」の捨コン打設が完了しました。

本日「稲村ケ崎の家」の捨コン打設状況を確認してきました。
c0195909_11431989.jpg
敷地は道路面から上がっており、しかもその道路の幅が狭いために生コン車とポンプ車を道路に駐車することができません。様々な検討を重ねましたが、駐車場確保のためにご近所様から協力を得られて無事コンクリート打設をすることができました。
c0195909_11434645.jpg
捨コン打設が無事が完了し、また一歩進むことができました。
c0195909_1144533.jpg

by y-hikage | 2011-10-31 11:53 | 稲村ケ崎の家 | Comments(0)

「稲村ケ崎の家」の人力による根伐り工事。

「稲村ケ崎の家」の敷地は、重機が上がらないために全てが人力で行われます。
c0195909_15511367.jpg
基礎工事の根伐りも人力による手掘りで行われました。
c0195909_15511979.jpg
斜面側は深基礎となります。ここももちろん手掘りです。なかなか大変な仕事です!後ろ姿は、砂利を人力で敷きこむ棟梁の渡辺さん。
by y-hikage | 2011-10-27 15:56 | 稲村ケ崎の家 | Comments(0)

「稲村ケ崎の家」荷揚げリフト(2)

c0195909_1705174.jpg
「稲村ケ崎の家」の敷地は、人ひとりがやっと通れる狭いケモノ道を上がった場所にあります。
c0195909_17058100.jpg
擁壁伝いに、荷揚げリフトを設置した様子です。
c0195909_171868.jpg
ケモノ道のゲートのように設置された荷揚げリフト。
c0195909_17114100.jpg
このリフトで、砂砂利を含む資材の搬入や掘削した土を搬出します。
by y-hikage | 2011-10-26 17:07 | 稲村ケ崎の家 | Comments(0)

「稲村ケ崎の家」の荷揚げリフト(1)

昨日の「稲村ケ崎の家」の現場の様子。
c0195909_751897.jpg
敷地は重機が入らないために荷揚げ用のリフトが設置されました。
c0195909_7511639.jpg
擁壁の上が敷地です。擁壁の下の駐車場に資材をいったん集めてリフトで敷地まで上げるという段取りです。
by y-hikage | 2011-10-26 07:54 | 稲村ケ崎の家 | Comments(0)

「稲村ケ崎の家」の地盤改良工事がおこなわれました。

昨日、稲村ケ崎の家の地盤改良工事が行われました。
c0195909_911655.jpg
地盤改良のために人力で整地された敷地です。
c0195909_9112166.jpg
今年の春に完成した「寺山町の家」と同様に大型の重機が入らないために、遠隔地から地盤改良をできるEG工法を採用しました。
c0195909_9113621.jpg
改良剤を地面に注入している様子です。
c0195909_9115288.jpg

by y-hikage | 2011-10-15 09:17 | 稲村ケ崎の家 | Comments(0)

「稲村ケ崎の家」の模型を作りました。

稲村ケ崎の家の模型。縮尺百分の一。屋根を外すと内部空間の様子が確認できます。建て主には図面だけでは伝えきれないことが多くあります。こうして内部空間まで細部にわたって模型を作ることで内部空間を理解していただいています。
c0195909_18444690.jpg
シンプルな切り妻屋根の家です。
c0195909_18445762.jpg
外壁は板張り。
c0195909_184565.jpg
意識はしておりませんでしたが、循環の家に似ていると模型を撮影していて思いました。
by y-hikage | 2011-09-29 18:50 | 稲村ケ崎の家 | Comments(0)