ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

カテゴリ:鎌倉・逗子・葉山で( 128 )

円覚寺の猫

円覚寺の猫_c0195909_12542988.jpg




さっき、明日の新幹線の切符を買いに、

北鎌倉駅までいく

ついでに、

今日も「 あの猫いるかな・・ 」と

円覚寺の総門前の階段下にいってみたら、

やっぱりいました。

「 円覚寺の猫 」と

僕が勝手に名づけた猫は

いつからか、

いつもこの場所にいるようになりました。

暑い日も寒い日も・・・。

そして観光名所である

円覚寺の門番のようになり、

観光客の人気者にもなりました。

不思議な猫です。



円覚寺の猫_c0195909_12542445.jpg




円覚寺の猫_c0195909_12541969.jpg




円覚寺の猫_c0195909_12541278.jpg




円覚寺の猫_c0195909_12540699.jpg




円覚寺の猫_c0195909_12540288.jpg




円覚寺の猫_c0195909_12535748.jpg




円覚寺の猫_c0195909_12535103.jpg




手をさしのべると、

すりよってきます。

肌寒い3月の終わり・・・。

円覚寺の猫のからだは暖かかったです・・・。



円覚寺の猫_c0195909_12534605.jpg




円覚寺の猫_c0195909_12534186.jpg




円覚寺の猫_c0195909_12573240.jpg







by y-hikage | 2020-03-31 12:58 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

円覚寺の桜

円覚寺の桜_c0195909_14150450.jpg




世の中が新型コロナの恐怖におびえる中、

心のざわつきがやみません。


41日から岩手の両親に会うために

4日ほど帰省します。

逗子から東京駅で新幹線に乗り、

二戸(にのへ)駅で下車し、

バスに乗り換え、

ちょうど1時間ほどすると、

実家がある軽米町に着きます。

このバスは、

1日5回しかありません。


今朝は、

新型コロナウィルスが

地底深く眠りにつくようにと、

近くの円覚寺で祈りをささげることにしました。

昨日は寒い雪がふりましたが、

今日は曇り空ですが晴れました。

人影がない静かな円覚寺の境内は、

桜が咲いていました。

やまぶきの花も咲いていました。

新緑の季節をむかえようと

新鮮な緑も芽吹いていました。



円覚寺の桜_c0195909_14145858.jpg




円覚寺の桜_c0195909_14145280.jpg



白鹿洞(びゃくろくどう)とやまぶきの花



円覚寺の桜_c0195909_14144721.jpg




仏日庵の茶室「烟足軒(えんそくけん)」



円覚寺の桜_c0195909_14143149.jpg




仏日庵開基廟


円覚寺を創建したのは、

鎌倉幕府第8代執権の北条時宗です。

円覚寺を創建する第一の目的は

国家を鎮護して仏法を興隆させるため、

第二の目的は蒙古襲来によって

命を落とした敵味方の慰霊のためでした。



円覚寺の桜_c0195909_14142025.jpg




国宝建造物・円覚寺舎利殿の屋根が見えます。

その後ろの山は

昨年の台風の影響だと思いますが、

倒れた木が伐られ、

山肌が見えていました。



円覚寺の桜_c0195909_14141561.jpg




妙香池と円覚寺の山



円覚寺の桜_c0195909_14140621.jpg




唐門



円覚寺の桜_c0195909_14140086.jpg




居士林(こじりん)と新緑の芽吹き



円覚寺の桜_c0195909_14135524.jpg




仏殿の釈迦如来像



円覚寺の桜_c0195909_14135059.jpg




円覚寺に来るといつも読む詩

円覚寺黄梅院の掲示板



円覚寺の桜_c0195909_14134585.jpg




やまぶきの黄色い花



円覚寺の桜_c0195909_14133994.jpg




円覚寺山門



円覚寺の桜_c0195909_14133456.jpg


この時期、

岩手の両親に会いにいくのは、

どうしても会いにいかなければならない

理由があるから・・・。




円覚寺の桜_c0195909_14213971.jpg



by y-hikage | 2020-03-30 14:25 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

鎌倉の多葉会書道展に行きました。

鎌倉の多葉会書道展に行きました。_c0195909_17360313.jpg



昨日の日曜日は、

3年以上ぐらい前から飲もう飲もうと言っていた

地元鎌倉の友達と

昼過ぎの1時に

鎌倉駅で待ち合わせをしました。


ちょうどこの日、

昔からの友人で

鶴岡八幡宮参道・段葛沿いで、

ラーメンとカレーの店 「 蓮 」の

店長をしている

書道家の石井多葉さんが

展覧会を開催しているということで

友人と飲む前に行きました。



鎌倉の多葉会書道展に行きました。_c0195909_17393717.jpg



多葉会書道展

吉田画廊

代表 石井多葉



鎌倉の多葉会書道展に行きました。_c0195909_17354924.jpg



お茶のお稽古をはじめてから

床の間の書画を見る機会が増えて、

毛筆できれいな字を

書けるようになりたいと思っているものの、

一度にいろんなことを

学べるわけはなく

でも

なにごともこの眼で観て学ぶことが肝心・・・。


一緒に行った友達二人も

さんざん石井先生に質問ぜめをしていましたが、

その話を横で聞いていて

印象に残ったのは、


「生徒さんがこんな感じの作品を

書きたいということを自由に受けて、

バランスを整えてあげるのが私の役目・・・・」


であると・・・。


こう描きなさいではなく、

生徒さんの揺れ動く発想の思いを

きれいに整えてあげる・・・と

そんなふうな意味に

言葉を読みました。


赤い服を着た先生が石井多葉さん・・・。


友人と僕の三人は、

画廊をでたあと

ぶらりとはいった鎌倉の名もない ?

お店で

ワインを飲んだりピザを食べたりしました。

最後は前から行きたかった

鎌倉市役所向かいの

チーズ屋さん

「 ポルタム 」 に行きました。



鎌倉の多葉会書道展に行きました。_c0195909_17354325.jpg




ポルタムとスターバックスが共有するプール。



鎌倉の多葉会書道展に行きました。_c0195909_17353506.jpg



石井多葉先生 作

「 龍 」 


鎌倉の多葉会書道展に行きました。_c0195909_09582892.jpg

by y-hikage | 2020-03-16 17:54 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

逗子駅の花

逗子駅の花_c0195909_09565528.jpg




自宅最寄りの逗子駅には

まいにち花がかざられています。

花のなまえを知らない僕は、

この逗子駅構内で

華道家の手によって

生けられた花をみるのが好きです。

生け花は一週間ぐらいで変えられます。


すこし前ですが

この逗子駅構内で

花を変えている華道家の先生にであい

話しかけいろいろと質問をしました。

そうしたら

「それほどご興味があるなら

お稽古にいらっしゃいませんか・・・」

と言ってくれました。

すこし悩みましたが、

設計と月一度の

お茶のお稽古で

いっぱい、いっぱいなので、

花のお稽古はあきらめました。


いま飾られている花は、



ぼけ 

フリージア

つつじ 



です。


立派なぼけの花です。



逗子駅の花_c0195909_09565006.jpg




逗子駅の花_c0195909_09582892.jpg






by y-hikage | 2020-03-15 10:00 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

円覚寺のガーゴイル

円覚寺のガーゴイル_c0195909_09591437.jpg




北鎌倉駅すぐの円覚寺の総門前には

白鷺池(びゃくろち)という

左右対称の池があります。

昨年ずっと改修工事がおこなわれていて、

途中大きな台風の風で

杉の木が何本か倒れながら、

現在はすっきりとした庭園になっています。


百鷺池の水は

鎌倉街道沿いの小川に

流れ落ちるようになっています。

この小川の護岸整備にともない

池の水の注ぎ口が

ガーゴイルに変わりました。

「ガーゴイル」とは雨水を落とす

雨どいを示しますが、

建築大辞典第2版:彰国社には

こう書かれています。


ガーゴイル(gargoyle):中世建築において、軒先に取り付けられる雨水の落し口。しばしばグロテスクな鳥獣の彫刻として形づくられる。


円覚寺のガーゴイル_c0195909_09591031.jpg




近代建築で

もっとも有名なガーゴイルは

おそらくル・コルビジェが設計した

ロンシャンの礼拝堂ではないかと思います。

写真は10年以上前に行った時のもの。

ロンシャンは30年前にも行きました。

明け方についたロンシャンの町は深い霧に包まれ、

ロンシャンの礼拝堂の鐘の音が幻想的でした。



円覚寺のガーゴイル_c0195909_09590594.jpg




この像の鼻のような

ガーゴイルのデザインを見ただけでも、

いかにル・コルビジェは

おちゃめな性格かということがわかります。



円覚寺のガーゴイル_c0195909_09585936.jpg




円覚寺の白鷺池のガーゴイルは

シンプルな石(おそらく鎌倉石)で

できています。

毎回この前を通るたびに

このガーゴイルに目がいきます。



円覚寺のガーゴイル_c0195909_09585546.jpg




すっきりと整備された白鷺池の庭園・・・。

個人的にはすっきりと整備される前の、

やや荒れた感じの

白鷺池のほうが好きでした・・・。



円覚寺のガーゴイル_c0195909_09585031.jpg




円覚寺のガーゴイル_c0195909_10030146.jpg

by y-hikage | 2020-03-08 10:04 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

浄智寺のミツマタの花

浄智寺のミツマタの花_c0195909_10411903.jpg




昨日は、

鎌倉の大屋根のメンテナンスの帰りに

製図室の近くの浄智寺に立ち寄りました。

浄智寺には

この季節になるとミツマタが咲いています。

ミツマタの幻想的な景には惹かれます。



浄智寺のミツマタの花_c0195909_10411121.jpg
浄智寺のミツマタの花_c0195909_10410550.jpg




東慶寺にも立ち寄りました。


東慶寺には


クリスマスローズが咲いていました。




浄智寺のミツマタの花_c0195909_10441426.jpg



by y-hikage | 2020-03-01 10:45 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

今年の初詣

今年の初詣_c0195909_13171243.jpg




14日の午後4時すぎたころ

初詣に行きました。


初詣の神社はいつもの鎌倉鶴ケ丘八幡宮です。

逗子に住み始めてから

25年ぐらい(?)になるので

約25回目の初詣です・・・。


いつもは混雑をさけて

115日前後に行くのですが

今年はめずらしく、

はやめの初詣でした。

大行列になることは承知なので、

ただぼんやりと

人の流れにまかせて進むだけでした・・・。

そのあいだ何を考えているかというと

たぶん何も考えていないので、

僕にとっては

とてもめずらしい時間です。



今年の初詣_c0195909_13170661.jpg

今年の初詣_c0195909_13170179.jpg

今年の初詣_c0195909_13165789.jpg



今年のお賽銭は、

お財布の中にあった小銭を組み合わせました。

僕の誕生日は1月3日なので、

「3」を僕の数としています。

なので

1円を三枚、

10円を三枚

をお賽銭としました。


今年の初詣_c0195909_13165352.jpg



「 二礼 二拍 一礼」


この間も何も祈ることはありません。

鶴ケ丘八幡宮ではいつもそう・・・。

なんとなくこの場所に来て、

なんとなくこの場所から帰っていく・・・。

それが僕の初詣のような気がします。

鶴ケ丘八幡宮の場合は・・・。


今年の初詣_c0195909_13164982.jpg



今年の初詣_c0195909_13200819.jpg


by y-hikage | 2020-01-08 13:21 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

今日の東慶寺

今日の東慶寺_c0195909_18163085.jpg



日影アトリエ製図室の近くの

雑貨屋さん「GM..(ジーエムツー)」に

行くついでに、

東慶寺に立ち寄りました。

意外と紅葉が綺麗でした。

東慶寺境内の「気」は

いつ行っても透き通っています。


今日の東慶寺_c0195909_18162557.jpg



今日の東慶寺_c0195909_18162013.jpg



今日の東慶寺_c0195909_18161531.jpg



今日の東慶寺_c0195909_18161141.jpg



ボケの花が咲いていました。


今日の東慶寺_c0195909_18160605.jpg



今日の東慶寺_c0195909_18155727.jpg



雑貨屋さん「GM..」の店内・・・。


今日の東慶寺_c0195909_18155228.jpg



明日、お客さまのところでワイン会があります。

ワイン会では

プレゼント交換があって

1000円前後のプレゼントを

持ってきてください。

とのことでした。

若い人たちも大勢あつまるとのことで、

雑貨屋さん「GM..」で

プレゼントを選ぶことにしました。


今日の東慶寺_c0195909_18154783.jpg



今日の東慶寺_c0195909_18154380.jpg



今日の東慶寺_c0195909_18153393.jpg



今日の東慶寺_c0195909_18152903.jpg



いろいろ迷いましたが、

ポルトガルの

伝説のヒーロー「ガロ(おんどり)」

に決めました。


今日の東慶寺_c0195909_08162984.jpg



クリスマス会でプレゼントした

ポルトガルの伝説のヒーロー

「ガロ(おんどり)」・・・。

とても好評でした。



今日の東慶寺_c0195909_18204238.jpg


by y-hikage | 2019-12-21 18:21 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

花火を音で観ました。

花火を音で観ました。_c0195909_12295322.jpg



先週の927日は逗子の花火大会でした。


あまり気分がのらないので

花火大会には行きませんでしたが、

自宅が比較的海に近いので、

花火の音が

目の前で打ち上げられているようでした。


女優の樹木希林が

「 書というものは見るもの、

絵というものは読むもの 」と

書いていましたが、


花火の音を聴きながら

「 書というものは見るもの、

絵というものは読むもの、

花火というものは音で観るもの 」

という言葉が思い浮かびました・・・。



花火を音で観ました。_c0195909_12294607.jpg



この花火は2013年のときの写真です・・・。



花火を音で観ました。_c0195909_12310776.jpg

by y-hikage | 2019-10-01 12:31 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)

ぼんぼり祭りにいきました。

ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15254209.jpg



8
9日の金曜日の夜、


鎌倉のぼんぼり祭りに行きました。

毎年かかさずなんとなく行っている

「 ぼんぼり祭り 」


ことしも

ぼんぼりを

ぼんやりと見ながら境内を歩きました。



ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15253862.jpg



養老孟司の虫のぼんぼりもありました。


ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15253442.jpg



ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15253039.jpg




ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15252349.jpg



ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15251787.jpg



ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15250492.jpg



ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15245590.jpg



ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15245024.jpg



ぼんぼりよりも興味がひくのは、

やはり建築です。

舞殿を中心に見学しました。


ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15244666.jpg



舞殿正面


ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15244077.jpg



舞殿見上げ


ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15243638.jpg



舞殿と月


ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15281908.jpg


白旗神社




ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15243274.jpg



手水舎


ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15242894.jpg




ライトアップされていた

旧神奈川県立近代美術館

(現・鎌倉文華館)


ぼんぼり祭りにいきました。_c0195909_15345171.jpg

by y-hikage | 2019-08-13 15:35 | 鎌倉・逗子・葉山で | Comments(0)