ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

2019年 07月 02日 ( 1 )

マーラーの交響曲第5番

c0195909_11212672.jpg



先月の616日の日曜日、

相模原女子大学グリーンホールに

コンサートを聴きにいきました。


オーケストラは、

相模原市民交響楽団

指揮者は田代俊文さん


コンサートプログラムは、


1・ブラームス作曲:

大学祝典序曲ハ短調

2・シューベルト作曲:

劇音楽「ロザムンデ」よりバレエ音楽1.2

3・マーラー作曲:

交響曲第5番嬰ハ短調

4・アンコール

シューベルト作曲:

劇音楽「ロザムンデ」より「第三幕への間奏曲」


今回のプログラムは

マーラーの交響曲第5番を

メインにしていました。

全体で第5楽章からなり、

演奏時間が70分におよぶ大曲です。

4楽章のアダジェットは

映画「ベニスに死す」で

使われたこともあって特に有名です。

僕もこの第4楽章は好きな曲で、

弦楽器とハープのみで演奏されます。

CDでしか聴いたことがない第4楽章を

生演奏で聴けた

貴重なコンサートとなりました。


c0195909_11212216.jpg


c0195909_11211823.jpg



4楽章の中心的存在であるハープ


c0195909_11211383.jpg



製図室のCDを探してみたら

マーラーの交響曲第5番が

2枚あることに気がつきました。

1枚はボストン交響楽団 + 

指揮:小澤征爾のもの。

もう1枚は

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 +

指揮:クラウディア・アバド。

2枚とも全体を通して

聴くことはめったにありません。

建築の設計中には

どうも音楽が大きすぎるからです・・・。


c0195909_11234910.jpg



by y-hikage | 2019-07-02 11:25 | 森の中と町の中で | Comments(0)