ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

2018年 12月 28日 ( 1 )

日向別邸と国宝・正福寺との関係

c0195909_12073810.jpg



クリスマスの1224日、

熱海の旧日向別邸を見学してきました。

設計は

ドイツ人建築家ブルーノ・タウトによるものです。

超・技巧的な室内は

なかなか解釈することが困難でしたが、

木工事の精度の高さには驚きました。

説明のガイドさんによると大工は

宮大工である佐々木嘉平(18891983)とのこと。

調べてみると大工・佐々木嘉平は、

東京都東村山市の

国宝建造物「正福寺地蔵堂」の

修復をおこなっていました。

日本全国の国宝建造物を

採集している身としては、

妙に大工・佐々木嘉平に対して

親近感を感じました。

ほかに地元鎌倉の

建長寺仏殿と唐門の復元も

おこなっていたことも知り、

さらに親しみを感じました。

2018年のクリスマスプレゼントを

もらったような気持ちとなりました。



c0195909_12073474.jpg



国宝建造物・正福寺地蔵堂


c0195909_12073048.jpg



建長寺仏殿


c0195909_12072628.jpg



建長寺唐門


c0195909_12102901.jpg



by y-hikage | 2018-12-28 12:11 | 建築巡礼 | Comments(0)