ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

2018年 11月 03日 ( 2 )

朝香宮邸の建築・その7

c0195909_16452030.jpg



19933月、

東京都教育委員会による

東京都文化財指定説明の中の、


10.参考事項に

こう書かれています。


朝香宮邸の特徴を一言でいうなら、20世紀のはじめのもっとも先進的で、最後の装飾芸術であったアール・デコ様式が随所に採用され、新鮮で華やかな意匠に満ちた建築であったということに尽きる。

特に、玄関のガラス・スクリーン(ラリック作)、大客室に設けられた扉(ラリック作)、大客室の天井にかかるシャンデリア、大食堂の壁面装飾(ブランショ作)・シャンデリア(ラリック作)・壁面(ラパン作)など室内装飾はどれ一つをとってもアール・デコ様式の尽きない魅力を明確に伝えている。日本ではアール・デコ様式が住宅に用いられた例は比較的少なく、おそらく朝香宮邸が唯一のものと考えられている。


そしてまた

12.指定理由

にはこう書かれています。


1920年代、パリで生まれたアール・デコ様式は、商業主義と工業化時代の製品に対応しながら独自の様式をつくり上げていたが、旧朝香宮邸はそのアール・デコ様式を余すところなく伝える典型的な建築物である。

現在は博物館施設として使われているが、内部の改造が僅少でアール・デコ様式を正確に留め、昭和初期における文化受容の様相をうかがうことができる貴重な歴史的建造物である。このため指定して保存する必要がある。



c0195909_16451482.jpg



殿下書斎

正方形の部屋の隅に飾り棚を設け、

室内を円形に仕上げています。

シトロニエ材の丸柱が円形に配置され、

天井も円形ドームとしています。

その真ん中に半円形の机を置き、

求心的な空間を強調しています。

この部屋は机とともに

インテリアデザインを

アンリ・ラパンが担当しています。


c0195909_16450521.jpg



2階の広間に面する北の間のガラス窓。


c0195909_16444975.jpg



北の間と呼ばれるベランダ。

夏の時期、家族の団らんの場所として

使用されたようです。


c0195909_16443705.jpg



c0195909_16442667.jpg



若宮の寝室


c0195909_16441746.jpg



c0195909_16440943.jpg



南側のベランダ。

市松模様の床と

小ぶりな照明器具が印象的です。

個人的にはこの病院のような

清潔感あふれる

シンプルな空間が好きです。


c0195909_16440115.jpg



c0195909_16435261.jpg



c0195909_16433997.jpg



殿下の寝室


c0195909_16433061.jpg



2階浴室

南側ベランダの内側に配され、

窓からの光はベランダからのもの。


c0195909_16432349.jpg



1階大食堂の壁面レリーフ。


c0195909_16431667.jpg



允子妃殿下の居間


c0195909_16430911.jpg



姫宮の居間


c0195909_16430028.jpg



第二階段室


c0195909_16425130.jpg



第二階段室見返り


c0195909_16424299.jpg



ウィンターガーデン

と呼ばれるペントハウス。

たしか改修前は公開されていませんでした。


c0195909_16423464.jpg



バウハウス的空間の

ウィンターガーデン。


c0195909_16422777.jpg



c0195909_16422053.jpg



雨水が侵入したときのために

排水口が設けられています。


c0195909_16421306.jpg




c0195909_16420321.jpg



2014年に増築されたギャラリー棟

設計は久米設計です。


c0195909_16415865.jpg



c0195909_16414968.jpg



半円の断面をもつ

ヴォールト状のPC版表しの天井は、

本館の正円のモチーフの

引用ではないかと僕は推測しました。


c0195909_16414260.jpg



カフェ


c0195909_16391199.jpg



渡り廊下にはめられた、

光がウネウネするガラス。

ラリックの

ガラスレリーフへのオマージュ。


c0195909_16390481.jpg



・・・・・・・

次回

朝香宮邸の建築・その8

に続く・・・。


次回は、

庭園内にある茶室

「 光華(こうか) 」について

記事にします。

朝香宮邸の建築の連載は、

この茶室を記事にするためでした。

7回続けた連載は、

次回のための前座だったのです・・・。



c0195909_11365613.jpg



by y-hikage | 2018-11-03 16:57 | 建築巡礼 | Comments(0)

朝香宮邸の建築・その6

c0195909_11325429.jpg




朝香宮邸の内部空間は、

全体的に

同じ基調の上にデザインされているので、

安心して空間を味わうことが

できるような気がいたします。

奇抜さがなく、

設計者やデザイナーの

恣意的な面も感じられません。

全体的に調和がとれています。

空間全体のプロポーションがよく、

細部が全体を

ささえているようにも思います。

その細部とは、

造作の意匠であったり、

材料の使い方であったり、

品のいい飾り物のデザインであったり、

遊び心のある職人のセンスであったりします。


c0195909_11324908.jpg




大広間から大客室の入り口の

造作の意匠と円形の照明器具。


c0195909_11323961.jpg




大食堂の腰壁


c0195909_11323137.jpg




第一階段の手すり


c0195909_11322447.jpg




妃殿下居間の暖炉

c0195909_11321868.jpg




妃殿下居間の巾木と

造作枠とのとりあい。


c0195909_11321189.jpg




造作枠の詳細


c0195909_11320512.jpg




造作枠の詳細


c0195909_11315633.jpg




造作枠の詳細


c0195909_11315012.jpg




造作枠の詳細



c0195909_11314402.jpg



1階大広間の床の間風のアーチ壁。


c0195909_11313627.jpg




1階大広間の床の間風のアーチ壁の細部。


c0195909_11312908.jpg



たしか玄関の照明?


c0195909_11312393.jpg




大食堂のシャンデリア


c0195909_11311816.jpg




大客室のシャンデリア


・・・・・・・

次回

朝香宮邸の建築・その7

に続く・・・。



c0195909_11365613.jpg




by y-hikage | 2018-11-03 11:37 | 建築巡礼 | Comments(0)