ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

2018年 06月 12日 ( 1 )

英勝寺・門扉の軸回し金物

c0195909_11201264.jpg



門の規模が大きくなると、

門の出入り口の扉も大きくなります。

日本的な門の扉は両開き戸がほとんどで、

開閉を支持する金物が必要になってきます。

一般的な扉であれば

丁番の強度で問題ないのですが、

扉が大きくそして重たくなると

丁番とは異なる金物が必要になってきます。

その金物を

「 軸回し金物 」

「 軸摺金物・軸摺金物 」などと言います。

現代の金物に例えるなら

ピボットヒンジのようなものです。


c0195909_11200782.jpg



鎌倉の大町の家の門を設計中に、

「 軸回し金物 」の事例を見るために、

鎌倉市内のお寺を見学してまわりました。

鎌倉の中の門と言えば、

僕にとっては扇ガ谷に建つ

「 英勝寺・山門 」が

最も愛着があります。


c0195909_11200364.jpg



英勝寺・山門は

寛永20年(1643)に建築された

国の重要文化財です。

英勝寺は鎌倉の中でも

個人的に好きな建築で、

神奈川県内で唯一の

国宝建造物・円覚寺舎利殿の次に

国宝建造物に指定されるのは、

英勝寺の仏殿と山門ではないかと

勝手に決めています。


c0195909_11195941.jpg



山門の見上げ。

英勝寺について詳しく記事にしたいのですが、

その記事は後日にいたします。


c0195909_11195488.jpg



山門の扉の上部見上げ。

左右に軸回し金物を受ける雲形の部材が見えます。


c0195909_11194947.jpg



山門の扉の下部見下げ。

左右に軸回し金物を受ける雲形の部材が見えます。


c0195909_11194549.jpg



上部の軸回し金物を受ける雲形の詳細。


c0195909_11194095.jpg



下部の軸回し金物を受ける雲形の詳細。


c0195909_11193551.jpg



英勝寺境内に建つ総門。


c0195909_11193122.jpg



総門近景。


c0195909_11192656.jpg



総門の扉の上部見上げ。

軸回し金物を受ける雲形の部材が見えます。


c0195909_11192144.jpg



上部の軸回し金物を受ける雲形の詳細。

黒い金物が軸回し金物。


c0195909_11191360.jpg



総門の扉の下部見下げ。

軸回し金物を受ける雲形の部材が見えます。


c0195909_11190970.jpg



下部の軸回し金物を受ける雲形の詳細。

黒い金物が軸回し金物。


c0195909_11190420.jpg



英勝寺境内の手水で


水を飲む鳩をみつけました・・・。

〇 〇 〇 〇



次回、「大町の家の軸回し金物」に続く・・・。



c0195909_11344014.jpg






by y-hikage | 2018-06-12 11:36 | 鎌倉の建築 | Comments(0)