ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

2018年 03月 01日 ( 1 )

大町の家の雨とい

c0195909_12062080.jpg


大町の家に取り付けられた


銅製の雨といが妙に綺麗です。

垂木一本ごとにとい受けが

設置されているリズム感も

綺麗に見せている要因なのかと思います。

銅の雨といは最初のころは、

光り輝いていて

全体の中で浮き上がって見えるのですが、

すぐに退色してきて

渋い色に変わります。

そうすると雨といの

存在感が薄れていきます・・・。

使用している雨といは、

タニタハウジングウエアの

ハイブリット雨といです。

表面は銅で

内側がステンレスという優れた製品です。


c0195909_12061654.jpg



c0195909_12061288.jpg




大町の家のモデュールは

三尺一寸(939.3㎜)です。

垂木の間隔は

その半分で一尺五寸五分(469.65㎜)です。

このモデュールは、

大町の家の構造材とした古材が

福井県の民家によるため

採用したモデュールです。

なので

とい受けは一尺五寸五分間隔で

設置されていることになります。



c0195909_12082345.jpg


by y-hikage | 2018-03-01 12:09 | 大町の家 | Comments(1)