ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

東日本大震災から13年たちました。

東日本大震災から13年たちました。_c0195909_13024878.jpg



2024311日の今日で、


東日本大震災から13年たちました。


震災直後から


NPO法人日本の森バイオマスネットワークの


メンバーたちと被災地の支援活動をする中で、


プロジェクト名と


プロジェクトのロゴマークの募集が


チームからありました。


ぼくはプロジェクト名とロゴマークを考えながら、


地球上の全ての人たちに共通する


象徴的な身体の部分は


「手のひら」ではないのかな・・・と思い、


手のひらが太陽の光を浴びて、


手のひらが太陽の光で透き通っている様子が


頭の中に浮かびました。


手のひらと手のひらは、


握りあって触れあって


人の心やぬくもりを感じとり、たすけあう・・・。


こんなことを思い、


「手のひらに太陽の家」という言葉が浮かび、


ロゴマークのデザインが浮かびました。


東日本大震災が発生して、


想像を絶するほどの被害にあい、


たくさんの人々の日常が失われました。


被災地の支援活動に参加しながら、


このような被害はこれからもう二度と


おきないだろうと考えていましたが、


この13年間で


様々な大きな被害が連続しています。


現在の能登半島の状況のことを思うと、


13年前の東北の被災地とかさなり、


心がいたみます。


一日もはやく日常の生活に戻ってほしいと


願います・・・。



東日本大震災から13年たちました。_c0195909_13024438.jpg




東日本大震災から13年たちました。_c0195909_13023955.jpg




東日本大震災から13年たちました。_c0195909_13023578.jpg




東日本大震災から13年たちました。_c0195909_13023021.jpg



被災した子どもたちのためにつくった


木のステッカー



東日本大震災から13年たちました。_c0195909_13022669.jpg



木のステッカーは一枚一枚


ぼくの手づくりです。


(板の製材から・・・)


ディック・ブルーナのような


きれいな線と色に描かれていないのが、


残念といえば残念です・・・。





東日本大震災から13年たちました。_c0195909_13022004.jpg



手のひらに太陽の家の模型



東日本大震災から13年たちました。_c0195909_13021640.jpg



子どもたちに、


手のひらに太陽の家について


模型を見せながら説明しました。



東日本大震災から13年たちました。_c0195909_13021202.jpg



東日本大震災から13年がたった今日、


製図室に水仙の花をかざりました。



東日本大震災から13年たちました。_c0195909_13020751.jpg




東日本大震災から13年たちました。_c0195909_13070563.jpg

by y-hikage | 2024-03-11 13:07 | 手のひらに太陽の家 | Comments(0)
<< 木を建てる--稲山正弘展に行き... 建築家・吉村順三の眼 >>