ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

廣松の間の解体工事

廣松の間の解体工事_c0195909_07124105.jpg



新潟県高柳町に残る民家・矢代家は、

東京都心の地下1階に移築再生し

「 廣松の間 」として蘇ります。


廣松の間の解体工事_c0195909_07123650.jpg



11月の中ごろ、

その矢代家の解体工事に立ち会うために

高柳町に行きました。


廣松の間の解体工事_c0195909_07122638.jpg



解体前に解体保存する部材は

決定していましたが、

解体中に保存したい部材を

あらたに発見することはよくあることです。


廣松の間の解体工事_c0195909_07122612.jpg



残すべき広間と仏間だけになった

矢代家・・・。

煤だらけで真っ黒な構造体です。

冷静な目でみつめ、

実測調査で見えなかった部分を

再調査しました。


廣松の間の解体工事_c0195909_07122240.jpg



廣松の間の解体工事_c0195909_07121371.jpg



解体された部材は、

千葉県柏市の作業小屋に運ばれました。



廣松の間の解体工事_c0195909_07152657.jpg



by y-hikage | 2019-12-04 07:16 | 廣松の間 | Comments(0)
<< 上野採集 変わらない風景 >>