ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

吉村順三の鎌倉山の茶室

c0195909_17233849.jpg



2002年に竣工した

鎌倉山の茶室「宋春庵」の工事中に、

職人さんがこの現場の近くで

「中村外二工務店」の名前が

書かれた軽トラックを見た。

と言いました。

さだかではありませんが、

鎌倉山で

吉村順三が設計した

住宅と茶室があるという噂は

聞いていましたが、

本当かどうかわかりませんでした。

吉村順三記念ギャラリーの

スタッフさんにその存在をたずねてみたら、

鎌倉山にたしかにありますが、

個人宅なので場所は

お教えできませんという

答えが返ってきました。


気になりながら、

忘れつつ思い出しつつ何年も過ぎた今年、

CacaBRUTUS230号に

いきなり吉村順三の

「鎌倉山の家」と「鎌倉山の茶室」の

リノベーション記事が

巻頭で特集されていたのを見て、

腰をぬかしました。

記事には当然のごとく

場所は特定されていません。


ある時、

知り合いのツイッターの記事に、

吉村順三が設計した住宅を改修した

ink gallery」を

自転車で走っていたら偶然見つけたけど、

汗だくで入れる状態じゃなかった。

みたいなことを

書いていたのをみつけて、

ink gallery」の場所を

やっと特定できました。


その場所はまた驚くことに、

僕が設計した茶室「宋春庵」の

となりのとなりのとなりでした。


最近、思うのですが、

時間が20年目から30年目にして、

ぐるっとひとまわりした感じがします・・・。

いろんな意味で・・・。


ともあれ、

吉村順三が設計した

「鎌倉山の茶室」と

「鎌倉山の家」を最終日に見に行きました。

最大の目的は、

中村外二施工の

茶室の意匠と技術を盗むこと・・・。

そして可能であれば

吉村順三の住宅の空間を体験すること・・。

残念ながら住宅の見学は無理そうでした・・・。


中村外二の数寄屋は

僕なりに解釈すると「切れ味がいい」空間です。

昔、日影アトリエのスタッフが

ミース・ファンデル・ローエみたい!

と言いましたが僕もそう思いました。


c0195909_17233406.jpg



c0195909_17232218.jpg



c0195909_17231623.jpg



c0195909_17231118.jpg



c0195909_17230637.jpg



c0195909_17230018.jpg



c0195909_17225155.jpg



c0195909_17222517.jpg



c0195909_17222017.jpg



c0195909_17221438.jpg



c0195909_17213963.jpg



c0195909_17212677.jpg



c0195909_17212159.jpg



c0195909_17211672.jpg



c0195909_17211245.jpg



c0195909_17210715.jpg





ここからは住宅編・・・。

内部を見学できないのが残念でした。





c0195909_17210350.jpg



c0195909_17205718.jpg



c0195909_17205313.jpg



c0195909_17204722.jpg



c0195909_17204135.jpg



c0195909_17203673.jpg



c0195909_17203067.jpg



c0195909_17202449.jpg



c0195909_17201899.jpg


2002年に竣工した

鎌倉山の茶室「宋春庵」

藤沢市片瀬に建っていた書院造を解体し、

小間の茶室に圧縮したもの


c0195909_17331124.jpg


by y-hikage | 2019-08-23 17:39 | 吉村順三ギャラリー | Comments(0)
<< 朝RUNの秋の風とさいごのトマト 朝の茶事に参加することができました。 >>