ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

ちいさな家・きたかまの家

c0195909_15332978.jpg



きたかまの家の間取りがほぼ決まり、

断面もあらかた決まりました。

そのスタディ模型を机の前に置いています。

(写真中央の白い模型)


この模型を眺めていると、

つくづく小さい家だなあ・・と思います。


c0195909_15332543.jpg



c0195909_15331499.jpg



縮尺100分の1の

きたかまの家の模型の

左上と右上に同じ縮尺の

吉村順三の模型を置いています。

左上は御蔵山の家(宮本邸・1966)、

右上は軽井沢の山荘(1962)。

御蔵山の家は吉村作品の中で

小住宅といえる作品で好きな住宅です。

巾約8m×奥行約7m×高さ

地盤面から3mの箱型の家。

この御蔵山の家と、

きたかまの家をくらべながら

家の小ささを確認しています。


c0195909_15330959.jpg



軽井沢の山荘の模型ですが、

屋根の上の物見台が

2011311日の地震で

棚から落ちて壊れました。

直そうと思いながら

はや8年半がたってしまいました・・・。


c0195909_15330565.jpg



御蔵山の家ときたかまの家


c0195909_15371953.jpg




by y-hikage | 2019-08-19 15:39 | きたかまの家 | Comments(0)
<< 茶室・閑隠席の写しを造る構想 ぼんぼり祭りにいきました。 >>