ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

新発田カトリック教会

c0195909_12460349.jpg



10月の終わりに山形に行きました。

目的は、鶴岡市に建つ

国宝建造物・羽黒山五重塔を

見学するため・・・。


上越新幹線に乗り新潟経由で

鶴岡駅に向かいました。

せっかく新潟を経由するので、

他の建築も見学しようと考え、

2回途中下車しました。

1回目は、新発田市に建つ

アントニン・レーモンド設計の

新発田カトリック教会。

2回目は、関川村に建つ

重要文化財・渡辺家住宅。


写真は、新発田カトリック教会。

この「不思議なかたち」を

実際この眼で見てみたかったのです。

構造は、煉瓦積みの組積造に、

杉丸太の小屋組がのせられ

ダイナミックな空間を生み出しています。

ガラスに張られた

和紙のパターンも独特です。

(この和紙の図案の意味を知りたいです)



新発田カトリック教会・・・。

「デザインの意味」を考えさせられる建築でした。



c0195909_12455867.jpg



c0195909_12455389.jpg



c0195909_12454816.jpg



c0195909_12454494.jpg



c0195909_12454044.jpg



c0195909_12453619.jpg




c0195909_12484354.jpg


by y-hikage | 2018-11-30 12:50 | 建築巡礼 | Comments(0)
<< 渡邉家住宅を見学しました。 アルルの女 第一組曲の「アダー... >>