ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

トランヴェール好き

c0195909_11013153.jpg



昔から、

JR東日本の新幹線に乗ることの

楽しみのひとつが車内誌の

「トランヴェール」を読むことです。

「すごい楽しみ!」と言っても

過言ではありません。

東北の文化や自然や芸術や技術を

丁寧に取材し、

わかりやすい表現で

記事にしています。

本棚には、

気に入った記事が

ぶ厚いファイルに

スクラップされています。


巻頭エッセイも見逃すことができません。

大好きな作家が時々連載しています。

今の巻頭エッセイは尊敬する沢木耕太郎。

沢木さんの連載を読むためだけに

新幹線にのるなど贅沢はできないので、

今のところ読み逃している号も

たくさんあると思います。

201810月号は

「 木の国、秋田へ 」

「 木好き 」の僕には温かい号です。



そして

10月の終わりに山形に行きました。

鶴岡市に建つ

国宝建造物・羽黒山五重塔を

見学するためです。


上越新幹線に乗り新潟経由で

鶴岡駅に向かいました。


途中下車を2回おこないました。


新発田で降りて、

アントニン・レーモンド設計の

新発田カトリック教会を見学し、

その次に越後下関で降りて、

関川村の

重要文化財・渡辺家住宅を見学しました。

渡辺家住宅は、

期待をはるかに超える名建築でした。

関川村にのこる名もない建築もよかったです。



c0195909_11012779.jpg




c0195909_11012345.jpg



c0195909_11011992.jpg




この建築は、

201810月号に掲載されていた

秋田市の国際教養大学・中嶋記念図書館。

友人のヴァイオリニストが

この木の図書館で

演奏してみたいと話していました。

見るからに

音の良さそうな音楽ホールです。






c0195909_11032252.jpg


by y-hikage | 2018-11-12 11:05 | 森の中と町の中で | Comments(0)
<< みたかの家が100%LIFEに... 建築写真家の畑亮さんのお宅にう... >>