ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

朝香宮邸の建築・その4

c0195909_11130281.jpg



いつからか

東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)では、

年に一度、

建物を公開するようになりました。

公開とは、

自由に内部空間を

撮影できることを意味し、

今年は3月から6月まで公開され、

僕は5月の終わりごろに行きました。

平日の開館と同時に行くと、

人影もまばら・・・。

誰にも邪魔されることなく撮影できます。


c0195909_11125876.jpg



正面玄関ガラスレリーフ扉。

デザイン・製作:ルネ・ラリック。

型押しプレス成型ガラス、スチール製枠。

美しい作品ですが、

なぜ正面玄関で

四人の女性が出むかえてくれるのか、

いまだに謎・・・。


c0195909_11125449.jpg



次の間の「香水塔」。

デザイン:アンリ・ラパン。

磁気、金属、大理石、モルタル漆塗り。

フランス海軍より献上されたという

セーブル社製の照明器具。

この建築の中で象徴的な彫刻的デザイン。

渦巻部分を取り外し、

そこに香料を入れて、

電灯の熱で気化させ客を向かい入れたとのこと。

どんな香りがしたのかは

謎に包まれています・・・。


c0195909_11125000.jpg



大客室から見える次の間の香水塔。

美しいガラスの模様は、

エッチングガラス。


・・・・・・・

次回

朝香宮邸の建築・その5

に続く・・・。


c0195909_11180469.jpg


by y-hikage | 2018-11-01 11:18 | 建築巡礼 | Comments(0)
<< 朝香宮邸の建築・その5 朝香宮邸の建築・その3 >>