ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

栗コーダーカルテットのコンサートに行きました。

c0195909_11262758.jpg



先日の624日・日曜日の午後、

僕の地元、逗子のなぎさホールに

栗コーダーカルテットが

やってくるということで、

建築仲間5人で

コンサートを聴きに行きました。


c0195909_11262368.jpg



コンサートはファミリーコンサートで

子ども0歳から大人までと

幅広い年齢層で席が埋まっていました。

音楽ホール全体が、

どことなく赤ちゃんの香りがしたり、

小さな泣き声が聞こえたりと、

栗コーダーカルテットの音楽とあいまって、

とてもアットホームなコンサートでした。


c0195909_11261863.jpg



栗コーダーカルテットの栗原さんとは、

以前、ご自宅を設計させていただいた

ご縁もあり、親近感がある音楽です。

演奏を聴いていると草原にながれる

風のような心地よさを感じます。


c0195909_11261497.jpg



今回のコンサートで

最も印象に残った曲は、

栗コーダーカルテット風のアレンジで

演奏してくれた、

ショパンのエチュード「 蝶々 」でした。

まさに蝶々が飛んでいるような

軽快でかわいらしい曲でした。


c0195909_11261036.jpg



演奏が終わって、

記念撮影を希望した

知らないお母さんとお子さん。

かたくなに記念撮影を

拒否するお子さんの様子が

映画のワンシーンのようで、

見ていて楽しかったです。


c0195909_11260723.jpg



ホワイエで購入した

栗コーダーカルテットの

黄色いTシャツに

サインしていただきました。


c0195909_11260233.jpg



栗コーダーカルテットは

いつ聴いても心が軽やかになります・・・。


c0195909_11255873.jpg




c0195909_11320022.jpg


by y-hikage | 2018-06-28 11:33 | 森の中と町の中で | Comments(0)
<< 霧の朝RUN 六国見山を歩きました。 >>