ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

住宅の町医者

c0195909_10322754.jpg


日影良孝建築アトリエが


東京の自由が丘から鎌倉に移転して、

早いもので5年半が過ぎました。

その間に少しずつ地元・北鎌倉で

知り合いもできて、

町内会の入会も進められたりして、

すれちがう人とあいさつを

交わすことも増えました。

ましてや日影アトリエ製図室から

徒歩平均10分以内の場所に、

以前設計した

「 北鎌倉の家 」

「 台の家 」

「 大町の家 」が建っていて、

建主さんと偶然会うことも

少なくありません。

このように地元に根づきはじめてきて、

ご近所から家の相談なども

受けるようになってきました。


c0195909_10322339.jpg



例えば

戦後すぐに建築された

家の雨漏りの相談・・・。

屋根裏を点検して雨漏りの状況を確認し、

雨漏り箇所とその原因を調べました。

原因は、屋根瓦の割れやズレによるもの。

本来なら下地ごと

全面的に葺きなおすことが理想ですが、

様々な事情から

あと何年使えるかわからない状況であること、

内部空間の造作や意匠が

数寄屋風で意外と良く、

もしかしたら

移築することになるかもしれないこと・・、

などから最低限の予算で

補修することになりました。


c0195909_10321925.jpg



工務店と補修方法を検討し、

雨が漏っている箇所の範囲を

下地から葺きなおし、

その他に瓦がずれている範囲を

古い瓦を再利用しながら

直していく方法としました。


c0195909_10321414.jpg



瓦屋さんが屋根を改修している様子・・・。


c0195909_10320824.jpg



c0195909_10320497.jpg



c0195909_10320040.jpg



c0195909_10315654.jpg



無事、瓦屋根の改修工事が完了しました。

〇  〇 〇

このような貴重な仕事をやらせていただくと、

地元の既存住宅を

改修することの意義を感じます。

広域での新築や改修の仕事も

今まで通り続けていきたいのですが、

「 住宅の町医者 」のように

手の届く場所で家を治していくことも

大切な仕事にしていきたいと

思うようになりました・・・。



c0195909_10365962.jpg



by y-hikage | 2018-06-07 10:39 | 住み継ぎ・住宅の町医者 | Comments(0)
<< 大町の家・門の建築過程 北鎌倉駅前の家がギャラリーにな... >>