ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

61.吉村順三記念ギャラリー「ニューヨーク郊外のゲストハウス」

c0195909_11223824.jpg

とある週末の土曜日の午後、


61回目の吉村順三記念ギャラリーに行きました。

テーマは

「ニューヨーク郊外のゲストハウス」でした。

今回の展覧会は、

僕にとってかなりのレベルで

価値の高いものでした・・・。

ギャラリーに入って写真を見るなり、

僕は大工の中村外二の気配を感じました。

そこでギャラリーの方に

「この施工は中村外二ですか?」と聞いたところ

「そうです!」と答えてくれました。

大の中村外二ファンの僕としては、

ひそかに心の中は舞いあがり、

目まいをおこしていました。

〇〇 〇  〇〇

さて、この建築を説明してくれる

ポストカードの文章を読んでみます。

〇 〇 〇〇 〇

ニューヨーク郊外の広大な敷地内に建つ木造平屋建て瓦葺き屋根の独立した、14畳に6畳の次の間付の茶室として設計されたゲストハウスです。前に池を配し、茶室は池の中に浮いているような設計です。回りの庭は、純日本風です。

〇〇〇  〇 〇  〇

展示を見た後に電車の中で

ゲストハウスのことを考えていたら、

大切な質問をすることを忘れてしまいました。

本当に大切な質問でした。

このゲストハウスの建主は誰だろう・・・?

ゲストハウスの敷地は

「ニューヨーク郊外の広大な敷地内に建つ・・・」と

説明に書かれています。

あくまでも僕の推測ですが

(間違っていたらすいません・・・)、

このゲストハウスの建主は、

アメリカの大富豪のロックフェラーではないかと・・・。

なぜなら吉村順三の作品集に掲載されている、

ポカンティコヒルの家(ロックフェラー邸)の

解説の前段にも、

「この住宅はニューヨーク近郊の広大な敷地に、眺望のよい一画を塀で囲って落ち着いた住まいの環境を作り、その中に建てられている。」

と書かれているのです。

このロックフェラー邸の施工も中村外二。

ゲストハウスの完成は1962年。

ロックフェラー邸の完成は1974年。

この流れからすると、

ロックフェラーは自邸の建築の前に

吉村順三にゲストハウスとなる茶室の設計を

依頼していたことになります。

あくまでも僕の推測の域を出ませんが、

おそらくそうあってほしいと思う僕がいます・・。

c0195909_11223013.jpg
c0195909_11222292.jpg
c0195909_11221670.jpg
c0195909_11221014.jpg
c0195909_11220397.jpg
c0195909_11215124.jpg
c0195909_11214561.jpg
c0195909_11214042.jpg
c0195909_11213387.jpg
c0195909_11212565.jpg
c0195909_11212007.jpg
c0195909_11211583.jpg

c0195909_11211165.jpg
c0195909_11210420.jpg
c0195909_11205991.jpg
c0195909_11205074.jpg
c0195909_11204429.jpg
c0195909_11203658.jpg
c0195909_11202945.jpg
c0195909_11202215.jpg
c0195909_11200938.jpg
c0195909_11200139.jpg

c0195909_11195288.jpg
c0195909_11194520.jpg
c0195909_11193635.jpg
c0195909_11192706.jpg
c0195909_11191954.jpg
c0195909_11191166.jpg
c0195909_11190266.jpg
c0195909_11185404.jpg
c0195909_11184143.jpg

c0195909_11183279.jpg

これらの写真は、

ギャラリーのパネルを

ギャラリー内で撮影したものです。


c0195909_11332803.jpg






by y-hikage | 2017-02-01 11:35 | 吉村順三ギャラリー | Comments(1)
Commented by anonymous at 2018-08-19 14:37 x
ご推察のとおり、この茶室はニューヨーク州ポカンティコ・ヒルズのロックフェラー家地所内にあります。同地所内には当茶室、旧本邸「カイカット」、吉村作の日本風別荘のほか、20世紀初頭に日本の大工に建てさせた書院風の茶室があり、こちらは一見すると神社の拝殿のようです。
<< 住宅医スクールの最後の講義 京都の国宝建造物 など・・・ >>