ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

ホテルオークラの茶室:聴松庵

ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11274370.jpg

ホテルオークラは谷口吉郎が

設計したメインロビーが有名ですが、

7階に素晴らしい茶室がありました

(過去形にするにはまだはやいのですが・・・)。

聴松庵(ちょうしょうあん)という茶室で、

名工:中村外二が手がけた茶室です。

四畳半の席は聞くところによると

裏千家の又隠(ゆういん)の

写しとされてますが、さだかではありません。

この茶室は谷口吉郎の手が

入っていないと言われておりますが、

いたるところの意匠に谷口好みが見えます。

この茶室は、ホテル解体時に

同時に解体されてしまうのでしょうか。

それともどこか別の場所に

移築されるのでしょうか・・・。

ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11273587.jpg


床の間の掛け軸「漁夫生涯竹一竿」は

一休宗純の筆の複製。

ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11272627.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11271722.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11271131.jpg


天井は小丸太の格天井。

葦や竹や蒲葉、ヘギi板などを使用しています。

ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_1127380.jpg


四畳半の席から立礼席へと移動します。

ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11265238.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11263987.jpg

立礼席の天井は

桐の市松網代で

編んだ隙間から銀箔が

見えるようにしています。

ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11263064.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11261775.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_1126715.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11255973.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_1125463.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11253221.jpg


茶室の露地をぬけてロビーにむかいます。

ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11251833.jpg


要所要所に使われている

繊細で美しい格子たち・・。

これらの部材は再利用されずに

捨てられてしまうのでしょうか・・・。
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11244395.jpg


階段の意匠も谷口吉郎らしさがでています。

ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11243170.jpg


天井がとても低いロビーのブリッジは

とても居心地がいい空間です。

ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11242173.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_1124242.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11233164.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11232135.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_1123135.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11225866.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11224792.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_1122362.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11222564.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_1122941.jpg
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_1122113.jpg


華やかな意匠のようにみえながら、

とても抑制しています。
ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_11214076.jpg


ホテルオークラのロビーに限らず、

建築家・谷口吉郎の魅力を

語ることはとても難しい・・・。

一見無骨のように見えて

実は繊細で清らかで・・・。

普通に見えるのだけれど、

実は練りに練っているようで・・・。

なぜか、すぅーと心に入ってくるのです。

その理由がいまだにわかりません。

設計で迷っているときに、

最初に開く本は谷口吉郎のような気もします。


ホテルオークラの茶室:聴松庵_c0195909_1145479.jpg

by y-hikage | 2015-09-01 11:50 | 建築巡礼 | Comments(0)
<< 台の家のカーテン布地選び 村野藤吾の模型展に行ってきました。 >>