ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

東村の家の化粧勾配

c0195909_1123494.jpg
昨年、完成した「東村の家」。

東村の家は構造に若干の特徴があります。

屋根は日本瓦葺きなので

六寸勾配の屋根としています。

この六寸勾配の構造を

そのまま室内の空間に採用すると

空間のボリュームが

大きくなりすぎることから、

六寸勾配の架構の下側に、

さらに二寸五分勾配の架構を架けて、

登り梁構造としています。

急勾配の野勾配にたいして、

軒裏などを緩勾配の化粧勾配とする方法は、

社寺などでよく見かける手法です。

二寸五分の化粧勾配は、

最も美しい勾配ではないかと考えています。
c0195909_1124112.jpg
c0195909_1124550.jpg
c0195909_1124983.jpg
c0195909_1162632.jpg

by y-hikage | 2015-08-15 11:07 | 東村の家 | Comments(0)
<< 田園調布の家の改修工事 昨年完成した「高尾の家」 >>