ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

山泰荘の昨年の上棟式

山にたつ樹木には、

木霊(こだま)が宿っているという。

山にたつ樹木の木霊には、

けがれない清らかな生命が

宿っているという。

上棟式の儀式は、

清らかな木霊の生命を、

人の住まいへと移っていただく

儀式なのだと聞いたことがある。

山の木を伐り出し、

家づくりのいっさいを司る人を、

元山(もとやま)と言うそうだ。

木を棟梁に手渡すのも

彼の重要な役目の一つだという。

上棟した家には五色の旗をたてられた。

破魔矢は鬼門の方向に向けてたてられた。
c0195909_1454427.jpg
c0195909_14544658.jpg
c0195909_14545141.jpg
儀式に参列したのは、

元山人(もとやまびと)と

棟梁と建主と設計者の六名でした。

素足にわらじを履いた

元山人(もとやまびと)を先頭に、

棟梁と設計者と建主が続き、

米と塩と酒と水で清められた

祭場に参列しました。

棟梁がわらじの鼻緒を

ノミで切ることで

儀式がはじまりました。

棟梁が祝詞を奏上し、

家族の健康と安全と繁栄、

そして工事の無事完了を祈願しました。

そのあと参列者によって

四方に米と塩と酒を散じ、

棟梁によって四方が金槌で打たれ、

その打たれた響によって、

建主とその家族、親戚、工事関係者の

健康と繁栄が祈られました。
c0195909_14545789.jpg

少し時間をおいて、

直会(なおらい)が建主様、棟梁、職人さん、

直井建築工房スタッフの方たちと、

上棟した建物の下で

おごそかに楽しくおこなわれました。

建主さまに感謝いたします。
c0195909_1455369.jpg
山泰荘の上棟式は

昨年の11月19日のことでした。

その様子を年が明け,

しばらくたった今日に、

報告するのもどうかと思いましたが、

大切なお祝い事なので、

この記事を書かないことには、

日日日影新聞が、

前に進めないと考え、

思い切って記事にしてみました。

・  ・ ・ ・ ・

こうしている間にも

棟梁は工事を着々と進めています。

僕は、工事のための施工図を書いています。

c0195909_15104999.jpg

by y-hikage | 2015-01-14 15:14 | 山泰荘 | Comments(0)
<< 鎌倉の大屋根の建具をペアガラスに・・ 円覚寺の選仏場 >>