ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

小倉町の家の書庫が完成しました(その3)。

c0195909_11121114.jpg
小倉町の家の母屋(右)と最近完成した書庫(左)。母屋は千葉県銚子市に現存していた江戸時代の民家を移築した家。書庫は漢方医学の研究者でもあり医者でもあるご主人のための書庫(2階はお嬢様の仕事部屋)です。
c0195909_11123668.jpg
母屋は民家の茅葺の屋根のかたちを復元し、ガりバリウム鋼板で屋根を葺きました。母屋の軸組模型の茶色の部材が民家の構造です。民家の美しいフォルムに調和するように書庫は高さを抑えて単純で緩やかな勾配の切妻屋根にしました。
c0195909_11125837.jpg
母屋の屋根を茅葺の屋根のふくらみあるフォルムを再現することに苦労しました。地震力と風圧力に小屋組が耐えられるようにしなくてはならないのです。
c0195909_11132152.jpg
マグダレナの初めて軸組模型の製作。みごとに作り上げてくれました。
by y-hikage | 2010-11-14 11:14 | 小倉町の家 | Comments(0)
<< 小倉町の家の書庫が完成しました... マグダレナが数日前に日影アトリ... >>