ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

鎌倉芸術館でのコンサート

鎌倉芸術館でのコンサート_c0195909_11362739.jpg



1010日の日曜日、


鎌倉芸術館に


コンサートを聴きにいきました。


オーケストラは、


緑交響楽団


指揮者は和田一樹さん



コンサートプログラムは、


1・ブラームス作曲:


悲劇的序曲op.81


2・ドボルジャーク作曲:


チェコ組曲ニ長調op.39


3・シューマン作曲:


交響曲第3番変ホ長調「ライン」op.97



この三曲のうち、


ドボルジャーク作曲の


チェコ組曲が気に入りました。


CDを買うどうか迷っています・・・。



シューマン(18101856)はドイツ生まれ。


ブラームス(18331897)もドイツ生まれ。


ドボルジャーク(18411904)はチェコ生まれ。


シューマンとシューマンの妻クララは、


ブラームスの才能に惚れ込み、


ブラームスを世に売りこみました。


ドボルジャークはブラームスの目にとまり


世に注目されるようになったそうです。


いつの時代でも


人間関係で才能が開花するのですね・・・。



1810年に生まれたシューマンから


1904年に亡くなった


ドボルジャークの時代は、


江戸時代中期から明治後期にあたります。


参考までに渋沢栄一は、


1840年に生まれ1931年に亡くなっているので、


日本の近代化と重なっています。



鎌倉芸術館でのコンサート_c0195909_11362271.jpg



長い間、コロナで


コンサートに行けない日々が続きましたが、


ひさしぶりのコンサートはやはり良かったです。


次のコンサートを楽しみにしています。



鎌倉芸術館でのコンサート_c0195909_11392317.jpg


# by y-hikage | 2021-10-15 11:39 | 森の中と町の中で | Comments(0)