ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

旧大佛次郎茶亭

c0195909_16492006.jpg

旧大佛次郎茶亭は

鎌倉の鶴岡八幡宮南東側の

雪ノ下地区に残っています。

建築されたのは、

大正八年頃とされているので

関東大震災にも耐えたということになります。

屋根は茅葺きで、

庶民的な草庵風数寄屋造りの建物です。

室内の意匠は全体的に簡素で、

使用している材料も安価な材料で

まとめているように見えました。

その中で部分的に使用されている

網代天井が印象にのこりました・・・。

c0195909_16492535.jpg

c0195909_16493027.jpg

c0195909_16493507.jpg

c0195909_16494207.jpg

c0195909_16494849.jpg

c0195909_16495621.jpg

c0195909_16500726.jpg

c0195909_16501628.jpg

c0195909_16502233.jpg

c0195909_16503167.jpg

c0195909_16503486.jpg


旧大佛次郎茶亭は、

鎌倉市景観重要建築物指定

30号の建物です。


c0195909_16574967.jpg











# by y-hikage | 2017-03-18 16:58 | 鎌倉の建築 | Comments(0)