ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

福井県の国宝建造物・明通寺に行きました。

c0195909_13593430.jpg


福井県内の民家の実測調査のついでとはいえ、

日本海に面する小浜市に建つ

国宝建造物・明通寺を見学に行くかどうか

ずいぶん考えました。

小浜市は、福井県でも西のはずれ・・・、

もう少し西へと足をのばすと

京都府舞鶴市に着き、

もう少し西に行くと天橋立に着いてしまします。

天橋立には、

どうしても行きたい旅館「文殊荘」があります。

文殊荘は吉村順三の設計・・・。

などなど考えながら結局、

国宝建造物・明通寺の見学を

実行することにしました。

c0195909_13592956.jpg


c0195909_13592502.jpg


c0195909_13592128.jpg


c0195909_13591607.jpg


明通寺には国宝建造物が二棟あり、

ひとつは本堂、

もうひとつは三重塔です。

本堂の建立は1265年。

三重塔は1270年の上棟です。

本堂は和様を基調としていますが、

内部に大仏様や禅宗様も

取り入れた折衷様としています。

三重塔も和様を基調としていますが

大仏様の要素も取り入れています。

c0195909_13591286.jpg


全体的に軽やかさはなく、

きっちりとまとまった印象を感じます。

大地にしっかりと根付いていて

意地でも動かない

頑固さのような感想ももちました。

c0195909_13590045.jpg


c0195909_13585526.jpg


c0195909_13585102.jpg


c0195909_13584718.jpg


c0195909_13584334.jpg


c0195909_13583959.jpg


c0195909_13583572.jpg


c0195909_13581734.jpg


c0195909_13581204.jpg


c0195909_13580242.jpg


c0195909_13575880.jpg


c0195909_13575399.jpg


ところで

日本海に「面する」市町村に建つ

国宝建造物は少なく、

北から

富山県高岡市の「 瑞龍寺仏殿・法堂・山門 」、

福井県小浜市の「 明通寺本堂・三重塔 」、

島根県松江市の「 神魂神社本殿 」、

島根県出雲市の「 出雲大社 」、

山口県下関市の「 功山寺仏殿 」、

山口県下関市の「 住吉神社本殿 」、

(島根県の三仏寺投入堂は山の中で

日本海には面していません・・・)

以上9棟になります。

この中でまだ行っていないのは、

「 三仏寺投入堂 」

「 功山寺仏殿  」

「 住吉神社本殿 」

の三棟です・・・。


c0195909_14041167.jpg



# by y-hikage | 2017-09-16 14:04 | 国宝建造物 | Comments(0)