ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

循環の家の敷地に立って日影さんにみえるものは、

c0195909_754321.jpg
この人の手による美しい水は秋が近づくと黄金色の稲に変わります。黄金色の先の林の手前が循環の家の敷地。白い点のように見えるのはアトリエデフのスタッフと打ち合わせをする日影さんたち。
c0195909_755515.jpg
循環の家の敷地に立って南側を見ると、一段下がった野道の先に小さな谷川が流れています。この川の水はおそらく八ヶ岳から流れてくるのでしょう。この谷川の先には東から西へと段々に田んぼが広がっています。田んぼの向こうに見えるのは奥行きの浅い林が見え、その遠く向こうに駒ケ岳が見えます。僕の目はこのように地面をはうように下へ下へと向かいついには遠くの山並みにたどり着きました。
c0195909_7591159.jpg
春から夏へ、夏から秋へ、秋から冬へ、冬から春へと季節はめぐります。僕は窓から見える風景を想像しました。
# by y-hikage | 2010-05-06 08:31 | 循環の家 | Comments(0)