ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

<   2017年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「 住宅医 」に認定されました。

c0195909_11234477.jpg


このたび「一般社団法人 住宅医協会」から

「 住宅医 」として認定されました。

「 一般社団法人 住宅医協会 」と

「 住宅医 」について

知らない人がいるかもしれないので、

住宅医協会の資料の中に書かれている

「住宅医協会の設立趣旨」と

「住宅医の必要性」に関する文章を読んでみます。


※ ※ ※ ※ ※


〇住宅医協会の設立趣旨


高度経済成長期から循環型社会への転換期である今、住宅においては法律の施行やリフォームが最重点と位置付けられた国の政策など、スクラップアンドビルドによる大量生産から良質なストックの形成へ、という流れに移行しています。

建築のプロはこのような社会の要請に答えられる職能を早急に習得する必要があります。一般社団法人住宅医協会では、その前身団体「住宅医ネットワーク」において、人材育成と調査診断の技術開発に早くから取り組んで参りました。

一方中古住宅の流通の活性化やリノベーションが一般的に認知されるようになりましたが、それに伴う見かけだけの改築・リフォームが溢れることに危惧を抱き、かかりつけの医者のように、患者(=既存住宅及びその施主)の状態をきちんと把握して対処できる人材の育成とその活動の後押しが、適切な既存住宅の改修に必要であることから、「一般社団法人住宅医協会」として法人化し、より組織的に、全国的に支援していくことと致しました。


〇住宅医の必要性


今、既存住宅の現状を把握する調査診断技術を身につけ、さらに改修施工技術に優れた「住宅医」の存在が注目されています。

既存住宅を新築住宅に近い性能に向上させるためには高い知識と技術そして実践力が必要です。

住宅医協会では、このような人材を育成するために、2009年より「住宅医スクール」を開校しています。住宅医スクールでは、英国で学問体系として歴史ある「建築病理学」に基づき、住宅医の育成に努めています。

さらに住宅医協会では、単に知識だけではなく、分析力、技術力、実践力が備わっていると認定した住宅医スクール修了生を「住宅医」として認定しています。

このような住宅医による調査診断・改修が広まり、住宅医が地域で活躍すれば、歴史ある街並みや情緒ある古家がむやみに壊されることなく、設計者が生む不適切な改修工事で、被害をこうむる住まい手も少なくなるでしょう。

すなわち「治す力」を備えた「住宅医」こそ、今、求められている人材なのです。


※ ※ ※ ※ ※


上の文章をあらためて読んでみると、

これからの建築設計のありかたが

問われているようで、

身が引き締まります。

c0195909_11234910.jpg


今回「 住宅医 」として

認定していただいたので、

更なる技術の向上をめざして、

勉強を重ねていかなくてはならない

という思いが強くなっています。

頑張らなくては・・・・。


住宅医協会のHP内・各地の住宅医

http://sapj.or.jp/inspect/members/




c0195909_11254246.jpg




by y-hikage | 2017-10-19 11:26 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)

ひさしぶりの青空

c0195909_12142616.jpg



今日は、ひさしぶりの青空です。

朝、走っていて

秋の風がとても気持ちが良かったです。

日日日影新聞(にちにちひかげしんぶん)の

記事にするには、

申し訳ないぐらいにいつもと同じ景色・・・。

変わらない風景です。

15年以上変わらない

朝 RUN のコースです。


c0195909_12142130.jpg



c0195909_12141774.jpg



c0195909_12141388.jpg



c0195909_12154173.jpg


by y-hikage | 2017-10-18 12:16 | 朝RUNの風景 | Comments(0)

築8年の北鎌倉の家

c0195909_14203828.jpg



昨日、「 北鎌倉の家 」に

メンテナンスの打合せに行きました。

2009年に竣工した北鎌倉の家は、

はやいもので築後8年になります。

打合せのあとに、

築後8年の様子を撮影させていただきました。

北鎌倉の家の建主さんの

住まい方はとても美しく、

置かれている家具も

室内に美しく調和しています。

置かれている家具のほとんどは

建主さんの手づくりです。

木工・漆工の趣味の

領域をはるかに超えて、

名工の領域に達しています。

〇 〇〇〇     〇

「 北鎌倉の家 」は、

八王子に建っていた実家の

二間続きの和室を移築しています。

2階建ての家ですが、

通りから小さく見えるように

手前を平屋にしています。

庭の緑に埋もれるように建っています。


c0195909_14203447.jpg


c0195909_14202760.jpg


c0195909_14202276.jpg


c0195909_14201935.jpg


c0195909_14200942.jpg


c0195909_14200456.jpg


c0195909_14195971.jpg


c0195909_14195451.jpg


c0195909_14194763.jpg


c0195909_14194365.jpg


c0195909_14193866.jpg


c0195909_14193394.jpg


c0195909_14192960.jpg


c0195909_14192261.jpg


c0195909_14191741.jpg


c0195909_14191331.jpg


c0195909_14190851.jpg


c0195909_14190334.jpg


c0195909_14185727.jpg


c0195909_14185116.jpg


c0195909_14184485.jpg


c0195909_14183783.jpg


c0195909_14183184.jpg


c0195909_14182516.jpg


c0195909_14181922.jpg


写真は以前、撮影したものも

数枚含まれています。

紅葉した庭も綺麗です。

紅葉の時期に撮影に行ってみます。





c0195909_14221372.jpg



by y-hikage | 2017-10-13 14:26 | 北鎌倉の家 | Comments(0)

「住宅医スクール2017」で講義を受け持ちました。

c0195909_07494754.jpg




先月の914日、

「住宅医スクール2017東京」で

第四講義の講師を受け持ちました。

昨年の住宅医スクール2017東京では、

受講生として

6月から2月までの8か月間受講し、

欠席をせずに終了証をいただいた身分です。

その受講生が

今年の「住宅医スクール2017東京」で

講師を努めるなど考えてもみませんでした。

大勢の人前で話すことなど

最も苦手とする僕など、

建築を専門とする建築技術者に

建築について講義をするなどできるわけはないと、

断ろうと思いましたが、

建築家の三澤文子先生からの

直々の依頼であったので

お断りすることはできませんでした。


c0195909_07494364.jpg



講義のテーマは、

「 再生して住み継ぐ家 」

設計の仕事を自立した

26歳から現在にいたるまで、

再生した(改修した)設計実例を

説明するかたちで、

1時間半の講義をすることにしました。



c0195909_07493959.jpg


講義資料は、


この講義のためにあらためて

作成したのですが、

最初の項目として使用したのは、

1991年に作った「 住み継ぎBOOK 」にしました。

今回ひさしぶりに

この「 住み継ぎBOOK 」を読んでみて、

その内容にとても感心しました。

「 住み継ぎBOOK 」は、

当時、20代の若者を中心とした、

研究者、学生、文学者、主婦、建築設計者・・・

などが集まった「住み継ぎネットワーク」の

メンバーが編集した、

A4版・14頁の薄い冊子です。

( 「 住み継ぎ 」という言葉は、

この若いネットワークの集団が生み出した言葉です

ブログ:日日日影新聞にリンクあります )

僕も原稿を数ページ担当しましたが、

加藤雅久氏(現在:居住技術研究所)の

原稿の内容が26年前に書かれたにもかかわらず、

現在最も必要とされている

建築や生活の技術論を語っていたのには驚きました。


c0195909_07493408.jpg



c0195909_07492826.jpg


c0195909_07492367.jpg


「 住み継ぎBOOK 」では、

はじめのページで5つの柱を立てます。


1・手放す人と欲しい人の出会う場所を

考えていきたい。

2・家を建てる技術を考えていきたい。

3・素材として木を考えていきたい。

4・住む行為の広がりを考えていきたい。

5・住むことの経済学を考えていきたい。


次に加藤雅久氏のページに移ります。


加藤雅久氏のページのタイトルは

「 住み継ぎ経済学のすすめ

(省資源時代、地球の住み継ぎ方を考える) 」


加藤氏の原稿を引用してみます。

(かなり長文・・・)


※※※※※※※    ※


省エントロピー社会再び


エントロピーという言葉がある。もともとは物理学用語で、拡散の程度を表す物理量である。エントロピーは直接見えるわけではないが、われわれはそれを廃棄物や廃熱という形で確認することができる。

エントロピーは増大するが減少はしない(熱力学第2法則)。また増大に限界があり、そこに達するとあらゆる活動は止まる(熱的死)。地上の生物は物のエントロピーを出さないように循環しながら全体として熱エントロピー(廃熱)を出し、地球はそれを宇宙に追い出す(放熱)ことによって、内部がエントロピーで満たされるのを防いでいる。ダムで例えていうなら、放流して発電した電力で再び水を汲み上げているようなものである。

われわれ人間社会も、近代以前は生物循環を前提とし、「山を背に、田畑を前に、人家在り」というような暮らしだったが、工業技術の導入と発展により、大量生産・大量消費を繰り返し、ついに地球規模での環境バランスを揺るがすまでになった。これはダムを一斉放流しつづけるようなもので、宇宙が熱的死に向かって崩壊するよりもはるかに速いスピードで、エントロピー増大の限界を迎えることになる。あと数年で、確実に。


商品化住宅が20年を待たずして建て替えられ、解体される度に、そのほとんどがゴミとなることをご存じだろうか。それでなくても、飽和状態の産業廃棄物の3分の1は、スクラップ・アンド・ビルドを繰り返す建設廃材なのである。もはや生産→消費→廃棄という一方的な流通を続けることは不可能なのだが、ただ単に一つのものを大切にし、限られた枠の中で生活するとしたら、地球規模での経済の崩壊と社会不安に陥るだろう。それよりも、再資源化を含めた循環型の流通システムで経済を維持していくために、モノそのものが最初に持っていた価値をいかに越えて利用していけるかという判断を、自ら働かせるべきである。そうして少しでもエントロピーの増大を節約するように、意識を変えていかねばなるまい。

例えば、住居。古い民家を再生して住み継ぐ。住み継ぐ人と時代に合わせて再生され、性能は変化し、住まい方も多様化する。住居は、住み継ぐことによって、モノとして最初にもっていた価値を越えて生き続けることのできる能力があることを、心に留めておいて欲しい。


c0195909_07491707.jpg


時代と住居の表のなかで、


これからの世界観は「エコロジー」であり、

これからの社会構造は「省エントロピー」であり、

これからの経済構造は「地球環境型経済」であり、

これからの住居のあり方は「住み継ぎ」である。


と語っています。




c0195909_07491301.jpg



また住み継ぎのフローチャートを
以下のように提案しています。

1・気に入った住居を見つけ出すこと。

2・先住者との対話の中で、
  住居や外部環境とのつきあい方
 (先住者の居住サポートシステム)を学ぶ。

3・住居と自分との対話の中で、
  自分なりの住まい方を考える。

4・住居は必要に応じて移築・修理・改装する。

5・再生した住居の維持管理の方法など、
  新たな住まい方のためのマニュアルを考える。

6・再生した住居や外部環境とのつきあいを深める。

7・住居とのつきあいの中で
発見したことがらをもとに、
  必要の応じて改修や修理をしたり、
  住まい方のマニュアルを変えていく。

8・人間、住居、環境を結ぶ、
  新しい居住サポートシステムがつくられていく。


※※※※※※    ※


以上が、加藤雅久氏のページの内容です。

「住み継ぎBOOK」が発行されたのは、

ちょうど僕の処女作「鎌倉の大屋根」が

完成してから2年後のことでした。

それから26年がたちますが、

基本的な設計思想に

変化がないように思います。




※※※※※※    ※


9月14日の「住宅医スクール2017東京」では、

140枚弱のパワーポイントの

スライドページを作成しました。

この原稿を日影良孝建築アトリエの

フェイスブックページで公開します。

もしご興味がありましたらご覧ください。


日影良孝建築アトリエ・Facebookページ

https://www.facebook.com/HikageYoshitaka/





c0195909_08032732.jpg




by y-hikage | 2017-10-12 08:05 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)

木の建築フォラム・会誌「木の建築」が届きました。

c0195909_11505986.jpg


10月のはじめ「木の建築フォラム」から、

会誌「 木の建築 」が送られてきました。

45号の1ページ目に2016年に竣工した

「山泰荘」の写真が掲載されており、

23回公開フォラム

「 今、求められる木材乾燥とは 」

という特集が編まれています。

この公開フォラムにパネラーの一員として

僕も壇上に上がったことから、

僕の報告も特集の中に書かれています。


c0195909_11505416.jpg




23回公開フォラム

「 今、求められる木材乾燥とは 」は、

今年の2017528日に

東京大学農学部弥生講堂で行われました。

パネラーとして

壇上で

しかも大勢の前でお話しすることは、

最も苦手なことだし、

ましてや木材の乾燥について

詳しいわけでもないので、

お断りしようとしましたが、

安藤邦廣先生から直々に電話なので

お断りするわけにはいきませんでした。

さらのパネラーの方々は、

木造の世界において

第一線でご活躍される大先生の方々・・・。

〇 〇 〇 〇

公開フォラムは午後240分からはじまり、

前半はパネラーの先生方の報告がそれぞれあり、

後半はパネルディスカッションがありました。

主な論点は、

「 人工高温乾燥か低温天然乾燥か 」

だったと思います。

僕は前半、「 山泰荘 」を設計事例として

木材の乾燥について報告しました。

( 山泰荘は、

くん煙処理+天然乾燥材の杉を使用しています )

後半のパネルディスカッションでは、

僕は、ほんのわずかな意見を

のべるだけにとどまりました・・・。

それにしても

全体で3時間15分におよぶ長い時間、

緊張のせいか壇上に座っている身体が

硬直し続けました。

この特集記事に

緊張した3時間15分の内容が

テープ起こしされて記事になっています。

c0195909_11505072.jpg


上の写真は、「山泰荘」の食堂。


下の写真は、

東海大学教授・杉本洋文先生が

設計した「流星庵」。


c0195909_11535819.jpg


山泰荘の竣工写真を

何枚か紹介いたします。

山泰荘は海が見える場所に建っています。

そのためペントハウスを設けて、

海を眺める展望台としています。


c0195909_11504204.jpg


c0195909_11503681.jpg


c0195909_11503103.jpg


c0195909_11502548.jpg


c0195909_11501927.jpg


c0195909_11501369.jpg


c0195909_11500892.jpg


c0195909_11500437.jpg


今回の会誌「木の建築」45号の表紙は、

川崎民家園に建つ「船頭小屋」でした。

この究極の小空間は、

はじめて見たとき、

あまりの小さな空間に驚き、

小さな空間の魅力にとりつかれました。



c0195909_12022056.jpg







by y-hikage | 2017-10-11 12:02 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)

フィリップジョンソンの書斎

c0195909_09595333.jpg




昔、建築雑誌で見つけた

フィリップジョンソンの書斎に

魅力を感じました。

造形的・意匠的には

方向性がちがいますが、

美しい林の中にポツンと佇む姿と、

室内から切り取られた窓辺の

景色の静けさがため息を誘います。

僕の場合、

いままで集めてきた少なくない蔵書を

フィリップジョンソンの書斎のような

林の中の小さな建築に集めて、

その本に囲まれながら

設計の仕事ができればと思ってみても

夢のまた夢の世界なので、

このフィリップジョンソンの

書斎の写真を

時々みながらうっとりするのでした・・・。



c0195909_10000330.jpg


c0195909_10001508.jpg


c0195909_10002278.jpg


c0195909_10002832.jpg


フィリップジョンソン

Philip Johnson1906—2005)は、

アメリカのモダニズムを代表する建築家です。



c0195909_10051202.jpg



by y-hikage | 2017-10-08 10:06 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)

吉村順三の軸組模型

c0195909_10262060.jpg


「 北鎌倉の住居 」の

イメージを考えながら、

吉村順三が設計した軸組模型の写真を

なんとなく眺めていました。

吉村順三記念ギャラリーなどで

撮りためた軸組模型は、

もう少したくさんあると思っていましたが、

それほど多くありませんでした。


日影アトリエのパソコンに

眠っている吉村順三の軸組模型は、


〇 八ヶ岳高原音楽堂

〇 軽井沢の山荘

〇 脇田邸

〇 浜田山の家


軸組模型ではありませんが、


〇 三里塚教会


三里塚教会は、ぜひとも訪ねたい建築ですが、


千葉県成田市のはずれに建っていて、


なかなか行きにくい場所にあります。

( 成田の飛行場の滑走路のそば )


c0195909_10261595.jpg


八ヶ岳高原音楽堂

吉村順三の作品の中でも

好きな建築のひとつ・・。

この音楽堂でヴァイオリンの音を

聴いてみたいです・・・。



c0195909_10261156.jpg


八ヶ岳高原音楽堂

c0195909_10260362.jpg


八ヶ岳高原音楽堂

c0195909_10255976.jpg


八ヶ岳高原音楽堂

c0195909_10255574.jpg


八ヶ岳高原音楽堂

c0195909_10253912.jpg


八ヶ岳高原音楽堂

c0195909_10253588.jpg


八ヶ岳高原音楽堂

c0195909_10252954.jpg


八ヶ岳高原音楽堂

c0195909_10252496.jpg


八ヶ岳高原音楽堂

c0195909_10252086.jpg


八ヶ岳高原音楽堂

c0195909_10251577.jpg


八ヶ岳高原音楽堂

c0195909_10251090.jpg


軽井沢の山荘

c0195909_10250629.jpg


軽井沢の山荘

c0195909_10245913.jpg


軽井沢の山荘

c0195909_10245493.jpg


脇田邸

c0195909_10244802.jpg


脇田邸

c0195909_10244479.jpg


脇田邸

c0195909_10243900.jpg


脇田邸

c0195909_10243400.jpg


浜田山の家

c0195909_10241988.jpg


浜田山の家

c0195909_10241137.jpg


浜田山の家

c0195909_10240515.jpg


浜田山の家

c0195909_10240026.jpg


浜田山の家

c0195909_10235306.jpg


浜田山の家

c0195909_10234818.jpg


浜田山の家

c0195909_10233814.jpg


浜田山の家

c0195909_10232684.jpg


浜田山の家

c0195909_10231811.jpg


三里塚教会

c0195909_10231220.jpg


三里塚教会

c0195909_10230759.jpg


三里塚教会

c0195909_10230056.jpg


三里塚教会

c0195909_10225571.jpg


三里塚教会

c0195909_10224920.jpg


三里塚教会

c0195909_10224418.jpg


三里塚教会



c0195909_10333891.jpg






by y-hikage | 2017-10-07 10:34 | 吉村順三ギャラリー | Comments(0)

吉村順三の「 空間の木割り 」

c0195909_11114719.jpg




吉村順三記念ギャラリーでは、

展示する作品の図面集を販売しています。

その図面集は、

おそらく市販の建築雑誌では

閲覧することができない図面が

ほとんどだと思いますので、

とても貴重な資料ではないかと思います。

僕は毎回ギャラリーに行くたびに、

その図面集を購入しているのですが、

製本していない図面集が蓄積されてきたので、

今回また製本しました。

これで製本された図面集は五巻になりました。




※※※※


ところで

日本建築には

「 木割り(きわり) 」

という言葉があります。


木割り:我が国の伝統的な建築において、
各部の比例と大きさを決定するシステム。
または原理。
(建築大辞典・彰国社刊より・・・)


吉村順三の図面を眺めていると

「 空間の木割り 」という言葉が

浮かんできます。

( 空間の木割りは、僕の造語・・・)

特に吉村順三の断面図を

繰り返し眺めていると、

美しいプロポーションを生み出す

「 空間の木割り 」を

養うことができるような気がいたします。

実物を見て目を養うことと、

図面を見て目を養うこと。

この両方が必要なのかと思います。



c0195909_11114239.jpg



c0195909_11113753.jpg


c0195909_12075688.jpg


c0195909_12075228.jpg



c0195909_12074796.jpg


c0195909_11113326.jpg


c0195909_11112985.jpg




c0195909_16525278.jpg

by y-hikage | 2017-10-03 11:16 | 吉村順三ギャラリー | Comments(0)

第65回・吉村順三記念ギャラリーに行きました。

c0195909_16461893.jpg


とある9月の週末、

目白の吉村順三記念ギャラリーに行きました。

テーマは、小さな建築展・

65回「葉山海の家」。

企業の保養施設として

1957年に建築された海の家です。

敷地は、

葉山の森戸海岸の森戸神社側の海に面した場所。

今ではたしかマンションになっていて、

僕も時々、浜辺を散歩する場所です。

この建築の特徴は、なんといっても

木造の V 字型の柱です。

なるべく柱の本数を減らして、

1階の広々とした空間にしようとする意図が、

断面計画から伝わってきます。

v字型の柱はヒノキの120㎜角を使用し、

2700㎜間隔で並べています。

この V 字型の柱は、2階まで突き抜け、

1階をまるで、


ピロティ―のようなあつかいにしようとしています。


c0195909_16454302.jpg


注脚の詳細図




c0195909_16461455.jpg


c0195909_16460858.jpg


c0195909_16460000.jpg


c0195909_16455590.jpg


c0195909_16455079.jpg


c0195909_16453943.jpg


c0195909_16453401.jpg


c0195909_16452639.jpg




次回の吉村順三記念ギャラリーは、

114日(土曜日)から

テーマは「 京都 松ヶ崎の家 」


c0195909_16525278.jpg

by y-hikage | 2017-10-02 16:53 | 吉村順三ギャラリー | Comments(0)