ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

<   2017年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

代官山に「 ツギテプロジェクト 」を見にいきました。

c0195909_10542712.jpg



先週の金曜日の午後、

SDレビュー展に行きました。

場所は代官山のヒルサイドテラス。

今年のSDレビュー入選作に

岡山県西粟倉村の

「 ようび建築設計室 」の

「 ツギテプロジェクト 」の入選作を

見ることが目的でした。

「 ツギテプロジェクト 」は

9cm×9cmの地元産・間伐材の杉を

およそ5000本を使用し、

大規模木造を構築するという

壮大なプロジェクトです。

「 三方格子 」という

単純かつ合理的でありながら

今まで誰も気が付かなかった

木組みによって構造を

成立させるというものです。

この三方格子の手刻みは

参加型ワークショップによって

進められているということで、

設計コンセプトから工法まで含めて

総合的に

「 開かれた共同体 」によっていることが

二重三重のおどろきです。

しかも素晴らしい木造空間を実現している。


c0195909_10542214.jpg



この「ツギテプロジェクト」の

展示パネルの一部を読んでみます。


※ ※ ※ ※


「集落と暮らしと門」

ようびは、職能集団。家具製作、デザイン、建築、企画など多様なプロジェクトを抱えるが、もとは、木工の「業(わざ)」を生業として、生まれたチームである。その土台である工房との上に、暮らしがある。ようびを訪れる人は門型の特徴的なファサードで出迎える。森からの木が形を変えて、町へ出ていく。人々が町から森へ導かれていく、出会いの門となる。また、その境界として、滞在や交流の役目を持つ。対して、集落のある北側からは、棚田と屋根が連なり、私たちの暮らしが、低層で見えるよう計画した。


※ ※ ※ ※


c0195909_10541733.jpg


c0195909_10541396.jpg


c0195909_10540772.jpg


c0195909_10540294.jpg


c0195909_10535747.jpg


三方格子の縮尺三分の一の模型が置かれ、

自由に組んでいいと書かれていたので、

組んでみました。

意外と難しかった・・・です!

c0195909_10535168.jpg

c0195909_10534337.jpg

c0195909_10533573.jpg

c0195909_10533114.jpg


c0195909_10532612.jpg


三方格子の原寸模型と、

ようびの「 ホタルスツール 」。

c0195909_10532229.jpg


「 ツギテプロジェクト 」のコンセプトが

わかりやすく描かれた

親しみがこめられた絵・・・。

c0195909_10531795.jpg


西粟倉村に行ってみたくさせる俯瞰模型。

c0195909_10531380.jpg


「 ツギテプロジェクト 」・・・。

参加してみたいです。


c0195909_11051777.jpg



by y-hikage | 2017-09-30 11:07 | 建築巡礼 | Comments(0)

神奈川県立音楽堂でのコンサート

c0195909_11521407.jpg


923日の土曜日の午後、

神奈川県立音楽堂のコンサートに行きました。

オーケストラは

「 横浜みなととなみ管弦楽団 」

プログラムは、

イングランド関連で組まれていて、


1・アイアランド作曲:「ロンドン序曲」

2・フェンジ作曲:「チェロ協奏曲」

3・チェロ独奏アンコール:

  バッハ作曲:「無伴奏チェロ組曲第3番・ブーレ」

4・エルガー作曲:「エニグマ」

5・アンコール:

  F.
ブリッジ作曲:「弦楽のための組曲・間奏曲」


演奏はどれも素晴らしく、

アマチュアオーケストラとは

とても思えないほど感動的な演奏でした・・・。

知っている作曲家は

バッハとエルガーだけだったので、

新鮮なコンサートでもありました。

二番目のチェロ協奏曲では、

森田啓佑さんがソリストとして

演奏したのですが、

20歳の若さとは思えない、

情緒あふれる深い音には驚きました。

c0195909_11521010.jpg


さて神奈川県立音楽堂・図書館は、

建築界の巨匠・前川國男の設計で

1954年の建築です。

公立施設として日本で初めて

本格的な音楽専用ホールとして建築されました。

音楽ホールの音響に関しては

専門ではないのでよくわからないのですが、

個人的に経験したホールを比較すると、

かなり音がいいほうの部類に

入るのではないかと思います。

ほかに前川國男が設計したホールでは、

上野の東京文化会館(1961年)と

新宿の紀伊国屋ホール(1964年)は

行ったことがありますが、

東京文化会館の音は

トップクラスではないかと思います。

あくまでも個人的な感想ですが・・・


c0195909_11520308.jpg


2階ホワイエに展示されていた

神奈川県立音楽堂・図書館の模型。

c0195909_11515994.jpg


図書館の俯瞰。

c0195909_11515291.jpg


音楽堂正面外観。

c0195909_11514642.jpg


図書館の側面外観。

c0195909_11514022.jpg


エントランスから見た音楽堂。

左手は青少年センター。

この施設一帯は

「紅葉ヶ丘文化ゾーン」と呼ばれており、

神奈川県立音楽堂・図書館、

青少年センター、

婦人会館、

青少年会館(現存せず)の

すべての設計が前川國男です。

ところが

この文化ゾーンで

どうしても残念な部分があります。

現在、音楽堂の前が駐車場になっていますが、

当初の設計では、

人々で賑わう広場として考えられていました。

現在は、駐車場となっているために、

美しい景観となるはずが、

車のほうが優先され、

歩くのにも不便を感じます。


c0195909_11513451.jpg


現在の音楽堂正面。

c0195909_11512931.jpg


いまから

10年前に行った時の音楽堂の夜景。

計算された原色の色彩。

c0195909_11512178.jpg


音楽堂と図書館をつなぐブリッジ。

外壁に多用されている穴あきブロックは

「ホローブロック」とよばれています。

c0195909_11511578.jpg

c0195909_11511099.jpg


ホール全景。

ロンドンのロイヤルフェスティバルホールを

モデルとして設計され、

開館当時は「東洋一の響き」と

称賛されたそうです。

人工的に作られた音ではなく、

人間的で

アコースティックな音のように感じます。

c0195909_11510604.jpg


ホール壁面がすべて木で作られていることから

「木のホール」とも呼ばれています。

c0195909_11510190.jpg

c0195909_11505613.jpg

c0195909_11505060.jpg


ホワイエ全景。

天井が客席の段差なりに設計されています。

c0195909_11504453.jpg

c0195909_11503929.jpg

c0195909_11503463.jpg


1階ホワイエを2階から見下ろす。

前川國男の事務所では、

床のデザインは

かなりの時間をかけて検討すると、

本で読んだことがあります。

c0195909_11502850.jpg


登りやすい階段。

c0195909_11502201.jpg


階段の一段目のかたちを考えるのが好きなので、

思わず見入ってしまいます。



※ ※ ※ ※

c0195909_11501749.jpg


さてこの断面模型は、上野の東京文化会館。

素晴らしい音響です。

この上野のホールは、

主にクラシックバレーを観に行きました。

c0195909_11501177.jpg


東京文化会館の大ホールのステージ。

c0195909_11500689.jpg


紀伊国屋ホールが入る紀伊国屋書店。

c0195909_11495955.jpg


紀伊国屋ホール・・・。

このホールは、

劇作家の井上ひさしさんの演劇を観に

何度となくかよいました。

小さいホールですが、

ステージが近く音の響きもいいと思いました。

c0195909_11495399.jpg


ところで最近この本を読みました。

「前川さん、すべて自邸でやってたんですね」

(中田準一著・彰国社発行)

この本を読んでみて、

あらためて前川國男の作品を

見学してみたいと思いました・・・。


c0195909_13075128.jpg





by y-hikage | 2017-09-27 12:04 | 森の中と町の中で | Comments(0)

9月のコンサート


c0195909_13070071.jpg


今月は、二回コンサートに行きました。

一回目は99日、

聖光学院管弦楽団第17回定期演奏会。

二回目は923日、

横浜みなととなみ管弦楽団第3回演奏会。


聖光学院定期演奏会の存在も

聖光学院についても知らなかったのですが、

聖光学院の保護者・教員・卒業生・

その他関係者によって結成された

アマチュアオーケストラ

とのことです。

今回は、

知人がオーケストラの一員として

演奏するということで

コンサートに誘われたのでした。

聖光学院は

横浜の石川町・山手地区の高台に建っていて、

立派なコンサートホールを持っていました。

( 高校でこんな立派なホールを持っている学校は

珍しいのではないかと思いました・・・)


二回目の

横浜みなととなみ管弦楽団第3回演奏会は、

聖光学院定期演奏会で配布されたチラシで知りました。

「 みなととなみ 」という名称は、

上から読んでも下から読んでも「みなととなみ」。

漢字にすると「港と波」・・・・(笑)。

チラシには入場無料と書かれていたのですが、

何よりも演奏するコンサートホールが

建築界の巨匠・前川國男が設計した

神奈川県立音楽堂だということに驚き、

迷うことなく行くことに決めたのです・・・。


c0195909_13070516.jpg


さて聖光学院管弦楽団第17回定期演奏会ですが、

プログラムは、


1・モーツァルト作曲:「パリ」 。

2・チャイコフスキー作曲:「1812」 。

3・チャイコフスキー作曲:「悲愴」 。

4・アンコール・

チャイコフスキー作曲:白鳥の湖「マズルカ」。


演奏はどれも素晴らしく、

とてもアマチュアとは思えなかったです。

モーツァルトの「パリ」は初めて聴く曲。

この日の大きな収穫となりました。

チャイコフスキーの「1812」は

何度聴いてもその壮大な音楽に驚かされます。

そして「悲愴」・・・。

この美しい旋律にはうっとりさせられます。

最後のアンコールの白鳥の湖「マズルカ」。

最近はなかなか行けませんが、

クラシックバレーの鑑賞がとても好きなので

最後のアンコール曲は

僕にとってこのうえない指揮者の選曲でした。

コンサートの中のアンコール曲は

前もって知らされていないので、

何を演奏するのかいつも期待で

胸がふくらみます・・・。


※ ※※※※


次回、

「 神奈川県立音楽堂のコンサート 」

に続く・・・。


c0195909_13075128.jpg



by y-hikage | 2017-09-25 13:11 | 森の中と町の中で | Comments(0)

北鎌倉・こまきの格子

c0195909_13505091.jpg


北鎌倉駅の駅舎の一部のように佇んでいる

和菓子屋「 こまき 」の格子が

最近気になっています。

なぜなら現在、工事中の

「 大町の家 」の全て窓に

格子戸がつくからです・・・。

( はき出し窓は除きます )

その数は31か所あり、

そろそろ格子の意匠を決めなくてはなりません。

建主さんは「 格子は日本の文化 」であると

考えるとともに、

あまり繊細な格子は好みません。

c0195909_13504554.jpg

c0195909_13504027.jpg

c0195909_13503636.jpg


和菓子屋「 こまき 」の

格子の原寸図を書いてみました。

和菓子屋「 こまき 」のタテ格子の

巾は38㎜・隙間33㎜・貫の高さ45㎜・

見込み40㎜です。

タテ格子と貫の段差を7㎜とし、

「 平坦 」な

さらっとした格子の意匠に仕立てています。

c0195909_13503038.jpg


c0195909_13502648.jpg


大町の家の格子の図面を書き上げました。

格子の図面は

縮尺が十分の一以上でないと検討できません。

かといって全ての窓を原寸図で

書くわけにはいかないので、

縮尺が十分の一の図面としています。

( 一部、原寸図 )

いろいろと考えた結果、

タテ格子の巾を36㎜、

隙間を36㎜の小間返しとし、

貫との段差を16㎜とし、

陰影の強い、深い表情の意匠を求めました。

〇 〇 〇 〇

外側の窓回りに格子が設置されと

外観の表情が変わります。

設置されるのが楽しみでもあり、

緊張もいたします。



c0195909_13525223.jpg


by y-hikage | 2017-09-20 13:53 | 大町の家 | Comments(0)

はじまりのスケッチ

c0195909_11225269.jpg


設計のはじまりのスケッチは、

いつもまっさらなクロッキー帳に

敷地の線を描くことからはじまる・・・。

敷地の線を描き終わると、

しばらくのあいだクロッキー帳に

ペンを落とすことなく考え続ける。

この何も描かない時間は、

一日の時もあれば

一週間の時もある。

〇 〇 〇 〇

実際の敷地や

敷地をとりかこむ環境や

日当たりや

眺めや、

そして何よりも

ここに住む家族の生活の風景などを

イメージしながら、

ずっと考え続ける・・・。

毎朝のランニングで走りながらも考え続ける。

この朝 R U N が

もっともイメージが浮かぶ時間帯でもある。


c0195909_11224753.jpg


「 北鎌倉の住居 」

これから描かれる

はじまりのスケッチ・・・。


c0195909_11261176.jpg


by y-hikage | 2017-09-17 11:27 | 北鎌倉の住居 | Comments(0)

福井県の国宝建造物・明通寺に行きました。

c0195909_13593430.jpg


福井県内の民家の実測調査のついでとはいえ、

日本海に面する小浜市に建つ

国宝建造物・明通寺を見学に行くかどうか

ずいぶん考えました。

小浜市は、福井県でも西のはずれ・・・、

もう少し西へと足をのばすと

京都府舞鶴市に着き、

もう少し西に行くと天橋立に着いてしまします。

天橋立には、

どうしても行きたい旅館「文殊荘」があります。

文殊荘は吉村順三の設計・・・。

などなど考えながら結局、

国宝建造物・明通寺の見学を

実行することにしました。

c0195909_13592956.jpg


c0195909_13592502.jpg


c0195909_13592128.jpg


c0195909_13591607.jpg


明通寺には国宝建造物が二棟あり、

ひとつは本堂、

もうひとつは三重塔です。

本堂の建立は1265年。

三重塔は1270年の上棟です。

本堂は和様を基調としていますが、

内部に大仏様や禅宗様も

取り入れた折衷様としています。

三重塔も和様を基調としていますが

大仏様の要素も取り入れています。

c0195909_13591286.jpg


全体的に軽やかさはなく、

きっちりとまとまった印象を感じます。

大地にしっかりと根付いていて

意地でも動かない

頑固さのような感想ももちました。

c0195909_13590045.jpg


c0195909_13585526.jpg


c0195909_13585102.jpg


c0195909_13584718.jpg


c0195909_13584334.jpg


c0195909_13583959.jpg


c0195909_13583572.jpg


c0195909_13581734.jpg


c0195909_13581204.jpg


c0195909_13580242.jpg


c0195909_13575880.jpg


c0195909_13575399.jpg


ところで

日本海に「面する」市町村に建つ

国宝建造物は少なく、

北から

富山県高岡市の「 瑞龍寺仏殿・法堂・山門 」、

福井県小浜市の「 明通寺本堂・三重塔 」、

島根県松江市の「 神魂神社本殿 」、

島根県出雲市の「 出雲大社 」、

山口県下関市の「 功山寺仏殿 」、

山口県下関市の「 住吉神社本殿 」、

(島根県の三仏寺投入堂は山の中で

日本海には面していません・・・)

以上9棟になります。

この中でまだ行っていないのは、

「 三仏寺投入堂 」

「 功山寺仏殿  」

「 住吉神社本殿 」

の三棟です・・・。


c0195909_14041167.jpg



by y-hikage | 2017-09-16 14:04 | 国宝建造物 | Comments(0)

鯖街道に近い神宮寺

c0195909_13134567.jpg


911日の福井の民家の実測の前日、

福井県で唯一の国宝建造物を見ようと

東小浜駅を昼前におりました。

前回の琵琶湖に浮かぶ竹生島の国宝建造物には

船で行きましたが、

今回は東小浜駅で

レンタル自転車を借りていきました。

そしてなにを勘違いしたのか、

目的の国宝建造物「 明通寺 」ではなく

「 神宮寺 」に行ってしまいました。

神宮寺本堂も美しい和様の建造物で

見学できた甲斐がありました。

神宮寺を見学した後、

急ぎ自転車で明通寺に向かいましたが、

途中「 鯖街道・根来坂 」という

擁壁に書かれた文字を見つけて、

もしかしたら道を

間違っているかもしれないと思いました。

なぜなら距離的にずいぶん走っているはずなのに

いつまでたっても神宮寺に

着かなかったからです。

あわてて引き返し神宮寺を探しに行きました。

c0195909_13134205.jpg


若狭神宮寺本堂・・・。

若狭神宮寺は奈良の二月堂への

お水送りの寺として有名だとのことです。

c0195909_13133703.jpg


本堂は重要文化財に指定されています。

c0195909_13133294.jpg

c0195909_13132650.jpg

c0195909_13132201.jpg

c0195909_13131864.jpg


内部空間はすがすがしく

こころがすっきりする空間でした。

c0195909_13130965.jpg
c0195909_13130464.jpg


鯖街道・根来坂は

鯖街道の支線に位置する道だと思います。

鯖街道は、小浜から京都へ続く街道です。

(地図上の赤黄色の道)

福井県内の国宝建造物は、

明通寺本堂と明通寺三重塔の二棟のみです。

余談ですが福井県の形は東西に長く、

中央の敦賀湾で切れてしまいそうです。

おそらく文化もちがうことでしょう。

実測調査する民家は、

福井県の東側の福井市から大野市にむかう

途中の山村にあります・・・。

※ ※ ※

地図上の赤い丸は国宝建造物を示します。

滋賀県はいかに国宝建造物が多いか

これでわかります。



※ ※ ※


地図の作図は日影良孝。

地図を見るのが好きです。

一日中地図を見ていてもあきません。

ただし本の地図のみ・・・。

インターネットの地図は

ほとんどみることはありません・・・。
なぜか紙の地図でないと
実感がわかないのと、
地形を想像する
わくわく感がないのです・・・。


c0195909_13232366.jpg



by y-hikage | 2017-09-15 13:28 | 建築巡礼 | Comments(0)

二度目の福井県の民家の実測調査

c0195909_12105765.jpg


911日の昨日は、

福井県の民家の再調査をおこないました。

前回の実測調査の野帳を清書し番付を決定し、

その図面に上書きするように

寸法の矛盾点を解消しつつ、

さらに野帳の精度を高めていきます。

実測作業は架構の採寸だけではなく、

部材に番付を打っていきます。

この作業によって

解体後も部材の部位が特定できるのです・・・。

c0195909_12105247.jpg


部材に番付が打たれた様子・・・。

薄いラワンベニヤに番付を書き、

細い釘で打ち付けていきます。

c0195909_12135592.jpg


現場で書いた野帳・・・。

移築再生のための設計の基礎になる

大切な資料です・・・。

c0195909_12103990.jpg



c0195909_12153241.jpg


by y-hikage | 2017-09-12 12:16 | 民家の調査 | Comments(0)

鎌倉の妙本寺

c0195909_14570169.jpg




大町の家の現場に行くのは

朝の8時半から9時の間です。

現場に行く道順は決まっていて、

鎌倉駅を出て、

本覚寺の境内を抜け、

妙本寺の総門の突き当りを

右に曲がった路地を進みます。

今朝は少し早めに製図室を出て、

妙本寺の総門を右に曲がらずに

そのまま門をくぐり、

妙本寺の境内に入りました。

妙本寺はいつも朝早くに行くせいか

人影がありません。

実は、

鎌倉の寺の中で妙本寺は

東慶寺の次に空気が

澄みわたっていることを

知っている人は少ないかもしれません

( 僕が感じていることなので一

般論ではないかもしれませんが・・・)。

なので、妙本寺は好きな寺のひとつです・・・。



c0195909_14565630.jpg


c0195909_14565278.jpg


c0195909_14564720.jpg


c0195909_14563889.jpg


c0195909_14563276.jpg


c0195909_14562797.jpg


c0195909_14592584.jpg


by y-hikage | 2017-09-08 15:02 | 鎌倉の建築 | Comments(0)

北鎌倉の家に行きました。

c0195909_13080208.jpg


先週、北鎌倉の家に行ってきました。

メンテナンスの点検のためです・・・。

北鎌倉の家は2009年に竣工していますので、

築後8年が経過したことになります。

外部の表情も味わいがでてきています。

水が流れる雑木の庭の樹も大きく育っています。

北鎌倉の家の和室の続き間は

八王子から移築したものです。

c0195909_13075797.jpg

c0195909_13075286.jpg

c0195909_13074869.jpg

c0195909_13074456.jpg


北鎌倉の家は、

日影アトリエの製図室から

歩いて15分ほどの場所に

ひっそりと建っています。



c0195909_13093625.jpg



by y-hikage | 2017-09-05 13:10 | 北鎌倉の家 | Comments(0)