ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

<   2017年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

金閣寺と銀閣寺

c0195909_12194180.jpg


1月の末に京都の国宝建造物のひとつ

慈照寺銀閣を見たあと、

金閣を見てみたい衝動にかられて、

すぐに金閣に向かいました。

金閣は高校の修学旅行で

見学したときから見ていないので、

国宝建造物ではないのですが、

銀閣と比較してみたいと思ったのです。

c0195909_12193650.jpg


かつてブルーノタウトが桂離宮を高く評価し、

日光東照宮を酷評したように、

現代の建築の眼は、

どちらかというと装飾に否定的です。

僕も桂離宮のモダンデザインに

通じる美しさは十分に認めますし、

日本建築の中でも好きな建築のひとつです。

かといって装飾過多に見える

日光東照宮を否定する気持ちにはなれません。

日光東照宮を見ると、

彩色や彫刻に目を奪われてしまいますが、

自分の心の中で

彩色や彫刻をはがしてみると、

美しい木割りや矩計りが

存在することがわかります。

とても短期間で設計し

工事をおこなったとは思えないほど、

設計力の高さに驚くのです。

鹿苑寺金閣(ろくおんじきんかく)の場合も

同様に金ぴかのピカピカな印象が

前面に出てきます。

金閣を心の中で金箔をはがしてみて

冷静に見つめなおしてみたいと考えました。

c0195909_12193270.jpg

37年ぶりに見た鹿苑寺金閣は、

この世と思えないぐらいに

圧倒的な美しさを放っていました。

周到に計算された全体のバランス。

屋根まわりの美しさ。

極限まで見えがかり部材の量を

減らした緊張感。

金箔を張ることを前提に

設計したと思いますが、

銀閣のどこかむっくりとした感じにくらべ

建築がシャープです。

金閣は三層(三階建て)の楼閣建築です。

一層目は白木づくりとして、

二層目と三層目を

全面金箔張りとしています。

この一層目を白木づくりとしたところが

究極なコンセプトで、

まるで建築が浮遊しているかのように

演出しています。

その演出を池の水面に映っている

二層目と三層目の金色が

浮遊感の効果を高めています。

c0195909_12192812.jpg
c0195909_12192254.jpg
c0195909_12192033.jpg
c0195909_12191525.jpg
c0195909_12191026.jpg
c0195909_12190121.jpg
c0195909_12185736.jpg


鹿苑寺金閣は、

足利義満が舎利殿として

応年五年(1398年)に建築したものです。

下の二層は和洋住宅風であるのに対し

三層目は禅宗様仏堂に造られた

混合様式としています。

一方、国宝建造物:慈照寺銀閣は、

足利義政によって長享三年(1489年)ごろに

建築されたものです。

下層は書院造仏堂風に、

上層は禅宗様仏堂風に造られています。

金閣は、もともと国宝建造物でしたが、

昭和25年(1950年)に

放火によって消失したため、

国宝指定を解除されてしまいました。

現在の姿は、

昭和30年(1955年)に再建されたものです。

c0195909_12185278.jpg


余談ですが、

金閣の雨といはとても個性的です。

屋根と建物を守るためと

タテといを設けたくないために、

超!跳ねだしの雨といにしています。

金色の「超!跳ねだし雨とい」に驚きました・・・。



c0195909_12361100.jpg







by y-hikage | 2017-02-27 12:36 | 国宝建造物 | Comments(1)

蜜蜂と遠雷を読みました。

c0195909_14174960.jpg


蜜蜂と遠雷(恩田陸・作)を読み終えました。


2
段組み・508頁の長編小説を


はたして読み切れるだろうかと


思っていましたが、いっきに読み終えました。


もともと芥川賞や直木賞の作品を


受賞後すぐに読むことに


なぜか抵抗があるのですが、


国際ピアノコンクールが


舞台の小説だったので興味がひかれ


この本を手にとりました。


恩田陸さんの本ははじめてなのですが、


とても感動しました。


風間塵や


栄伝亜夜や


マサル・カルロス・レヴィ・アナトールや


高島明石が


弾くピアノの曲についていくのに


ものすごく体力を消耗しましたが・・・。


「蜜蜂と遠雷」・・・第156回直木賞受賞作。


c0195909_14181742.jpg



by y-hikage | 2017-02-26 14:21 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)

村上春樹が小澤征爾さんについて書いたこと

c0195909_15080153.jpg


昨年の文藝春秋の6月号に村上春樹が


小澤征爾さんについて特別寄稿しているのを

本屋さんでみつけましたが、

あとで図書館で借りてそのページをコピーして

読もうと思い買うのをやめました。

ところが図書館に何度行っても

文藝春秋6月号は貸し出し中で、

半分あきらめていたのですが、

最近中古品で販売されていたのをみつけ、

とても安く買うことができました。

〇〇〇〇

ところで2015年の1月から5月まで

インターネット上で

「村上さんのところ」という記事を

村上春樹が連載していました。

連載の中で音楽について語る時も多く、

音楽の部分のみ欠かさず読みました。

作曲家や音楽家を知るきっかけは

あるようでなかなかありません・・・。

特に僕のような音楽の素人には・・・。

そしてある時から決めたことがありました。

村上春樹が文章の中で取り上げた

作曲家や曲や音楽家はすべて聴いてみようと

(ただしクラシックのみ・・・)。

この「村上さんのところ」ではじめて知った

音楽も少なくありませんでした・・・。

○ ○○

よって文藝春秋6月号・村上春樹の特別寄稿は、

僕にとって読まなくてはならない

ものだったのです。

この寄稿文で特に気になった部分を

引用してみることにしてみます・・・

(かなり長文・・・です)。

〇〇 〇  〇


征爾さんは四月八日と十日の二日、ベルリン・フィルを指揮することになっていた。プログラムは二日とも同じで、次の通り。


モーツァルト「グラン・パルティータ」


(セレナーデ10番)K361

(休憩)


ベートーヴェン「エグモンド」序曲 作品84


ベートーヴェン「合唱幻想曲」」序曲 作品80


 モーツァルトの「グラン・パルティータ」は十二人の管楽器奏者と一人のコントラバス奏者によって演奏される。全員がベルリン・フィルのメンバーで、指揮者はたてない。だからコンサートの前半は征爾さんの出番はない。マエストロのエネルギーの消耗を少しでも抑えるためのひとつの方法だ。ひところより元気にはなったけれど、一晩のプログラムを全部通して指揮できるほど、まだ体力は回復していない。

 ベルリンに来る少し前に征爾さんは、サントリーホールでベートーヴェンの五番交響曲を指揮した(水戸室内管弦楽団)。その演奏は驚くべき高みに達していたが、彼が持てる体力を惜しみなく使い切って指揮していることは、誰の目にも明らかだった。一晩のプログラムの半分くらいが、今の征爾さんには量的に精一杯なのだ。しかしその「半分」に彼が注ぎ込むエネルギーと意欲は、まったく半端なものではない。そしてその出来も実に素晴らしい。そこには病気の痕跡をうかがわせる弱さのようなものは微塵も見受けられない。しかしその代償として、肉体の消耗は激しい。

 このベルリンのコンサートのための選曲は、よく納得できるし、また魅力的なものだと思う。「エグモンド」序曲は征爾さんが昔から得意にしているレパートリーで、この曲のことならだいたい隅から隅まで知り抜いている(はずだ)。そして最後の「合唱幻想曲」なかなか意欲的な選曲だ。ピアノとコーラスが入るこの不思議な構成の曲は、これまで一般的にはベートーヴェンの「失敗作」とされており、また短いわりに編成が大がかりなせいもあって、演奏される機会はかなり少なかった。第九交響曲のあまり出来の良くないパイロット版のように見なされることが多かった。正直なところ、それほど面白みのない曲だと長いあいだ僕も思っていたし、レコードは何枚か持っていたが、真剣に身を入れて聴いたことはほとんどなかった。去年の夏に松本の「セイジ・オザワ松本フェスティバル」でマルタ・アルゲリッチをソリストに迎え、征爾さんの指揮するサイトウ・キネンの演奏を聴くまでは・・・。

 それはまさに神がかり的に素晴らしい演奏だった。その日、二人の演奏する「合唱幻想曲」を聴いて、「ああ、この曲はこんなにも人間性の溢れる、温かい曲だったんだ」と目から鱗が落ちる思いがした。征爾さんとアルゲリッチは、その「それほど面白みのない」曲の中から真に優れた何かを導き出したのだ。掛け値なしに感動的な演奏だった。それはなんというか、ある意味ではその曲そのものを超えてしまった演奏だった(YouTubuで見られるので、よかったら見てください)。


以上、引用おわり・・・

〇〇 〇  〇





そう・・・こうして僕は、


ベートーヴェン「合唱幻想曲」序曲を


はじめて知ることになるのです。


ベートーヴェン「合唱幻想曲」は、


内田光子が弾いたら


もっと素晴らしい演奏になるのではないかと、


ひそかに思ったのですが・・・。


c0195909_13364451.jpg

by y-hikage | 2017-02-25 15:16 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)

小澤征爾の音





小澤征爾がパリのFondation Louis Vuitton

若い音楽家と練習している映像

SeijiOzawa International Academy

弦の音がみるみるうちに

深く美しくなっていくのがわかります。

そしてベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)の

Quatuor n°16 enfa majeur op.135 –

3ème mouvement-

この素晴らしい演奏に息がとまるのです・・・。


c0195909_13364451.jpg



by y-hikage | 2017-02-25 13:38 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)

大町の家に瓦がのりはじめました。


c0195909_11252483.jpg


鎌倉の大町の家は、


いよいよ瓦が葺かれはじめました。

瓦はいぶし瓦です。

大町の家は主屋と蔵の二棟に分かれ、

その二棟を渡り廊下でつないであります。

二棟ともに屋根は瓦葺きで

渡り廊下は銅板葺きとしています。



c0195909_11251989.jpg

c0195909_11251595.jpg


c0195909_11250953.jpg

c0195909_11245861.jpg

c0195909_11245125.jpg

c0195909_11244574.jpg

c0195909_11243835.jpg

c0195909_11243245.jpg

c0195909_11242587.jpg

c0195909_11241928.jpg

c0195909_11241568.jpg

c0195909_11240971.jpg

c0195909_11240214.jpg

c0195909_11235683.jpg


c0195909_11235121.jpg

c0195909_11234737.jpg


c0195909_11313734.jpg








by y-hikage | 2017-02-23 11:37 | 大町の家 | Comments(2)

ヤツデの実をかざりました。

c0195909_15212446.jpg


製図室にヤツデの実をかざりました。


野山や道ばたには花系の植物がなく、

飾る花がつきました。

しょうがないと言うわけではないのですが、

ヤツデの実を飾ってみました。

飾ってみたら異次元の世界が生まれました。

c0195909_15215720.jpg

by y-hikage | 2017-02-22 15:24 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)

稲田堤の家の窓から見える梅の花

c0195909_11354236.jpg


稲田堤の家は、2階の天井がほぼ張り終わり、

2階の床を張りはじめました。

床材は栗の木です・・・。

ところで2階の寝室の窓からは

満開の梅の花が見えます。

お隣さんの梅の木ですが絶好の借景です。

c0195909_11353715.jpg

田中棟梁が2階の床を張っています。

c0195909_11353033.jpg


背割りを入れた2階の大黒柱と

小屋梁上部に張られた杉の天井板。


c0195909_11352174.jpg


背割りを入れた階段室の通し柱と

小屋梁上部に張られた天井板。

柱の背割りには埋め木がほどこされます。

c0195909_11351666.jpg

黙々と工事を進める田中棟梁・・・。

c0195909_11351167.jpg


斜めに張られた杉の床下地の上に

栗のフローリングが張られていきます。

c0195909_11350534.jpg


寝室から見える大きな梅の木・・・。

c0195909_11382456.jpg




by y-hikage | 2017-02-21 11:51 | 稲田堤の家 | Comments(0)

鎌倉の台の家に行きました。

c0195909_10353290.jpg


2015
年の9月に竣工した「台の家」は、


日影アトリエから

歩いて10分ぐらいの場所に建っています。

完成してから、

ご近所のせいかたびたびお邪魔していますが、

昨日の午後も

すっかりながいをしてしまいました。

家具なども選びぬかれて、

和洋折衷の空間の密度が

美しくなっていくのを

見るのが毎回とても楽しみです。

c0195909_10352887.jpg

c0195909_10351756.jpg

c0195909_10351375.jpg

c0195909_10350232.jpg

c0195909_10343658.jpg

c0195909_10342311.jpg

c0195909_10341770.jpg

c0195909_10341272.jpg

c0195909_10340717.jpg

c0195909_10340121.jpg

c0195909_10335798.jpg

c0195909_10335318.jpg

c0195909_10334560.jpg

c0195909_10334179.jpg

c0195909_10333209.jpg

c0195909_10332826.jpg

c0195909_10382720.jpg














by y-hikage | 2017-02-20 10:43 | 台の家 | Comments(0)

軸線さがし

c0195909_14135659.jpg


計画の初期のスケッチは、


ひたすら美しい軸線を探し続けます。

ひたすら探し続けていくと

スケッチの線が重層してきて

意味不明の絵のようになってきます。

自分だけがわかるスケッチですが、

美しい軸線を見つけたときは、

強い緊張感から解放されて

ぐったりとします・・・ふぅーっと

息をはくのです。

c0195909_14140086.jpg


疲れたので

おいしいお菓子といっしょに

コーヒーを飲むのです・・・。


c0195909_14165931.jpg



by y-hikage | 2017-02-16 14:18 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)

清水寺本堂の屋根の葺き替え

c0195909_13062472.jpg


前々回の記事で


国宝・清水寺本堂について書きましたが、

ひとつ書き忘れたことがありました。

清水寺本堂の檜皮葺の屋根が50年ぶりに

葺き替えられるという記事を

新聞で読み驚きました。

工事は2月6日から

開始されると書いてあったので、

1月末の見学は

ぎりぎりセーフだったことになります。

工事は2020年まで続くようで、

4月ぐらいから建物は

すっぽりと素屋根で覆われるので

外観はしばらく見ることができなくなります。

1月末に見ておいて本当によかったです。

c0195909_13074805.jpg



by y-hikage | 2017-02-15 13:08 | 国宝建造物 | Comments(0)