ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

カテゴリ:北鎌倉の家( 14 )

北鎌倉の家に行きました。

c0195909_13080208.jpg


先週、北鎌倉の家に行ってきました。

メンテナンスの点検のためです・・・。

北鎌倉の家は2009年に竣工していますので、

築後8年が経過したことになります。

外部の表情も味わいがでてきています。

水が流れる雑木の庭の樹も大きく育っています。

北鎌倉の家の和室の続き間は

八王子から移築したものです。

c0195909_13075797.jpg

c0195909_13075286.jpg

c0195909_13074869.jpg

c0195909_13074456.jpg


北鎌倉の家は、

日影アトリエの製図室から

歩いて15分ほどの場所に

ひっそりと建っています。



c0195909_13093625.jpg



by y-hikage | 2017-09-05 13:10 | 北鎌倉の家 | Comments(0)

さきほど北鎌倉の家に行ってきました。

c0195909_17341566.jpg
日影アトリエから15分ほど

歩いたところに、

以前設計した「北鎌倉の家」があります。

北鎌倉の家の建主さんから

使わなくなった建具を

現在工事中の「みたかの家」に

お譲りいただけるということで、

たった今、

あずかりにうかがいました。

北鎌倉の家はいつ行っても、

しつらえが美しく感動いたします。

c0195909_17343927.jpg

by y-hikage | 2015-12-21 17:36 | 北鎌倉の家 | Comments(0)

北鎌倉の家にうかがったこと。

北鎌倉の家は、仕事場と同じ町内会にあります。

つい最近新しいお客さんに見ていただくために

うかがいました。

住まい手の趣味の良さも相まって、

とても魅力的な家になってきています。
c0195909_19502498.jpg

by y-hikage | 2013-10-22 19:54 | 北鎌倉の家 | Comments(0)

「北鎌倉の家」におじゃましました。

今週のはじめに、

「北鎌倉の家」におじゃましました。

家内の実家の近所(同じ町内会)ですが、

訪ねたのは、ひさしぶりです。

何度、うかがっても、驚くのは、

住まい方のセンスの良さです。

棟梁の甘粕さんも驚くほどの美意識の持ち主です。

庭もきれいに造られており、

春になったら、じっくりと庭を歩いてみたいと思いました。

c0195909_17235467.jpg

by y-hikage | 2012-12-15 17:30 | 北鎌倉の家 | Comments(0)

「北鎌倉の家」の建主から美しいやまゆりが届きました。

c0195909_20525572.jpg
「北鎌倉の家」の建主から手紙に添えられた美しいやまゆりが届きました。手紙には「天然の空調設備の中にいるようで、心地よく過ごせます。」と書かれておりました。鎌倉の山を背負い、田んぼに隣接し、円覚寺の山並みが遠くに見渡すことができる環境。周辺の自然環境は、先端の設備や技術を必要としないぐらい気持ちいいのでしょう。頂戴した美しいやまゆりを日日日影新聞の紙面に飾ります。深い青い陰影にすくっとやまゆりはたっています。
by y-hikage | 2010-07-20 21:05 | 北鎌倉の家 | Comments(1)

竣工祝いの食事会に招かれました。

c0195909_11284412.jpg
「北鎌倉の家」の建主の御好意で竣工祝いの食事会に招かれました。日影アトリエの日影と山本、そして甘粕棟梁とお弟子さん二人が招かれました。玄関に飾られた美しい花。日常的に花が飾られている家です。
c0195909_11285246.jpg
甘粕棟梁も驚くほどの木工技術の腕を持つ建主。趣味で作った繊細な家具が家の中に置かれています(紹介できないのが残念ですが)。設計を始めた頃にそれらの作品を見たとき、少し下品な言葉ですが「正直言ってビビリました」。洗面の前に飾った花です。花器の選定も見事です。
c0195909_112933.jpg
八畳間の座敷で本当に美味しい御馳走を頂きました。床の間に飾られた軸と花。床の間も移築前の姿と変わりません。
c0195909_11291573.jpg
北側の庭。以前の庭の材料を再利用しながら建主と造園屋さんが作りました。
c0195909_11292250.jpg
廊下と玄関を仕切る障子。歴史的に著名な建築家がデザインした障子を模しています。
c0195909_11293148.jpg
食事会が終わりました。建主と甘粕棟梁との知的な会話がとても身にになりました。お酒も美味しくいただき楽しいひと時でした。一生懸命設計した住まいで綺麗に生活をしてくれているのが嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。
by y-hikage | 2010-03-04 11:52 | 北鎌倉の家 | Comments(0)

「北鎌倉の家」の玄関に猫!

c0195909_17542475.jpg
この前の月曜日に「北鎌倉の家」の玄関をながめていたら、
c0195909_17543646.jpg
突然!猫が現れ、
c0195909_17544569.jpg
一人で障子を開け、
c0195909_17545581.jpg
奥の廊下に抜けて行き、
c0195909_175544.jpg
一人で障子を閉めて行きました!なんとすごい猫でしょう。
by y-hikage | 2010-02-24 18:00 | 北鎌倉の家 | Comments(0)

「北鎌倉の家」の門が完成しました。

c0195909_1519613.jpg
昨年の年末に完成し引越しが終えた「北鎌倉の家」の門が完成しました。
c0195909_15191523.jpg
垂木は吉野杉のみがき丸太、柱はヒノキ皮付きのさび丸太、腰板にヒノキの面皮を使用しています。
c0195909_15192294.jpg
建具は杉の赤身の柾を使用しています。塀の青竹も一年ぐらいすると枯れてきて渋くなると思います。引き続き造園工事が行われています。
by y-hikage | 2010-01-18 15:26 | 北鎌倉の家 | Comments(0)

北鎌倉の家が完成しました。その2

c0195909_16522135.jpg
「北鎌倉の家」は二つの座敷を原型のままで移築しています。新築の家の中に座敷を復元するという表現よりも、古い座敷にしたがって新しい家が創られたという表現が正しいように思います。広縁から八畳間を見た景色です。
c0195909_16523242.jpg
柱や造作材の他に天井材から建具まで再利用しています。広縁から四畳半の間を見た景色です。
c0195909_1652434.jpg
時間が堆積された空間は新しい材料では表現できません。部材はけして太くはありませんが流れた時間のおもさを感じます。
c0195909_1652534.jpg
古い空間と新しい空間が素直につながるように間取りを考えました。
c0195909_1653169.jpg
座敷の前の広縁は以前の寸法とほぼ同じです。時間が経過すると前のような味わいがでてくることでしょう。
by y-hikage | 2009-12-09 17:07 | 北鎌倉の家 | Comments(0)

「北鎌倉の家」が完成しました。その一

c0195909_1440011.jpg
「北鎌倉の家」が座敷二間の畳を残し完成しました。玄関引き分け格子戸と欄間は以前の住まいで使用していた建具を再利用しています。
c0195909_14404320.jpg
その玄関内部の様子です。玄関の土間は深草風の洗い出し仕上げです。一二三石(ひふみいし)を所々に入れていま。
c0195909_14405696.jpg
居間の様子です。今回は撮影の加減で陰影の強い写真になってしまいました。意図的ですが・・・。
c0195909_14411735.jpg
台所。キッチンはほとんどの部材を移築しています。正面の窓は再利用した建具。ほとんどの照明器具も再利用しています。
c0195909_14412827.jpg
個室の様子です。
c0195909_14442194.jpg
新しく製作した引戸です。杉と桜の構成。
c0195909_14444869.jpg
引き続き門は工事中です。来年にかけて樹木も植えられていきます。
by y-hikage | 2009-12-02 14:59 | 北鎌倉の家 | Comments(0)