ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

カテゴリ:宮岡家住宅の実測調査( 2 )

宮岡家住宅の実測調査 その2

c0195909_1117449.jpg
1998年、川越市の宮岡家住宅の

実測調査をしたことで

多くのことを学ぶことができたと思います。

その中でも屋根の棟の実測は

たいへん興味深いものでした。

川越市の店蔵に限らないことだと思いますが、

蔵の外観の要素のひとつである

屋根の棟の意匠は、

とても大切だとされています。

意匠だけではなくその大きさも

蔵の格式を決めるものとされてきました。

c0195909_11174089.jpg
宮岡家住宅の棟も例外ではなく、

とても立派で大きいものでした。

道路から見上げると、

それほど大きくは見えませんが、

棟の際に立つと圧倒される大きさです。

c0195909_11173586.jpg
約七寸勾配の屋根に乗る棟。

正式な名称ですが、

左右の雲のような形をしたものを

「かげ盛(かげもり)」といいます。

影もりは左官で作られ

鬼板(鬼瓦)を包んでいます。

かげ盛にはさまれた棟を箱棟といいます。

箱棟は瓦と左官で作られ、

がんぶり瓦・いんろう・厚のし瓦

などで構成されています。

c0195909_11173241.jpg
屋根全景。

c0195909_11172832.jpg
かげ盛り近景。

c0195909_11172498.jpg
箱棟全景。


c0195909_11172040.jpg
箱棟近景。

c0195909_11171556.jpg
箱棟の高さは、

およそ1200㎜ぐらいあって、

厚みもあることから、

とてもまたぐことはできません

(高所の作業であることと、

実測中壊してしまいそうで・・・)。

棟全体の図面化は、

今回の実測では欠かせない作業でした。

ちょうど大工の弟が東京にいたことから、

水平垂直の定規を

箱棟の両脇と上部に立ててもらい、

実測の基準にすることができました。

c0195909_11171235.jpg
箱棟の断面実測の野帳。

c0195909_1117834.jpg
箱棟の正面図の野帳。

c0195909_1117474.jpg
かげ盛りと鬼板(鬼瓦)の

図面化もとても大切です。

しかしながらその大きさは半端なく、

実測方法に悩みました。

ちなみにかげ盛りの向こうに見える塔は、

有名な「時の鐘」・・・。

c0195909_1117124.jpg
鬼板(鬼瓦)のスケッチ。

c0195909_11165640.jpg


鬼瓦の正面。

c0195909_11165224.jpg
かげ盛りの実測方法ですが、

現場でA1サイズのトレーシングペーパーに

拓本をとって原寸を起こしました。

その現場で書いた原寸型板。

現在の日影アトリエの製図室に置いてみました。

実際のかげ盛りは、

全幅2100㎜×全高1480㎜あります。

c0195909_11164860.jpg
かげ盛りと鬼瓦を清書した原寸図。

ロールのトレーシングペーパーに

つなぎ合わせて書いています。

製図室の床に置くのが精一杯でした。


c0195909_1116447.jpg
かげ盛りと鬼瓦の原寸図を

製図室の天井面より撮影してみました。

左上に置かれている図面が

宮岡家住宅の実測図の製本図(A3見開き)。

c0195909_11164049.jpg
清書した実測図。

c0195909_1116369.jpg
清書した実測図。

妻面。

c0195909_11163294.jpg
清書した実測図。

箱棟断面詳細。

c0195909_11162855.jpg
宮岡家住宅の屋根から

川越市を見渡した18年前の写真。

とても懐かしく思います・・・。

c0195909_11262492.jpg

by y-hikage | 2016-08-02 11:26 | 宮岡家住宅の実測調査 | Comments(0)

宮岡家住宅の実測調査 その1

c0195909_1228942.jpg


川越市の宮岡家住宅の宮岡様から

店蔵の実測調査を依頼され、

調査をはじめたのは1998年3月からだったので、

阪神淡路大震災から3年が経過していた年でした。

宮岡様からの調査依頼の主旨は、

将来、大きな地震が発生し、

店蔵が何らかの破損をしたときに、

修復の手掛かりとなる

完璧に復元できる実測図を作成しておきたい

とのことだったように記憶しています。

川越の店蔵の最大の特徴は左官技術にあり、

その左官技術は、

外壁から観音扉から屋根まわりまで

多岐におよんでいます。

屋根が急勾配であったことや、

外壁を詳細に実測するために、

外壁と屋根に足場をかけていただきました。

実測は、平面図・断面図・矩計詳細・

展開図・天井伏図・構造図・

左官仕事に関する部位全て・

屋根まわり・金物類。その他詳細・・・。

などなど実測調査できるところは

すべておこないました。

現場調査は1か月半ぐらいかけ、

その間、現場の野帳を事務所に持ち帰り、

製図板の上で野帳の清書をおこないながら

寸法や形状の矛盾を洗い出し、

その矛盾を現場で再測しながら、

図面の精度を高めていきました。

(作業は僕とスタッフの合計二人を

中心におこないました・・・)

こうして当時の野帳を見てみると、

けして綺麗なスケッチではないのですが、

繰り返し同じ部位を実測しているのがわかります。

野帳も成果品として提出したのですが、

合計144枚になっておりました。

この長い期間の調査、

しかも高所作業で事故がなかったことが

安心でしたが、

期間中、僕はおたふく風邪に

悩まされていたことを思い出しました。

1998年の宮岡家住宅の実測調査は、

記録によると現場作業から清書まで含めて

3か月ぐらいかかっておりました。

c0195909_1228536.jpg


野帳の作図の方法は様々ですが、

僕の場合多くは、三角スケールを定規にして

現場で作図していきます。

一番多用する縮尺は

10分の1か20分の1かもしれません。

ノンスケールでスケッチしていくと

野帳に間違いがおきやすいと考えるからですが、

単に不器用なのだと思います。

A3の用紙に入る大きさであれば、

紙の上で擦って拓本をとる場合もあります。

拓本で浮かび上がった絵は嘘をつきません・・・。

c0195909_1228197.jpg


現場で実測し

現場で作図したものが野帳となり、

その野帳を日影アトリエ内で清書し、

清書することで

実測の食いちがいを洗い出し、

また現場で実測し・・・

その繰り返しの連続です。

c0195909_12275790.jpg


部分の詳細実測を積み上げて、

部分を全体へと集約していきます。

その前提として全体の平面と断面は

最初におさえておきます・・・。

c0195909_1227538.jpg


c0195909_12274932.jpg


c0195909_12274460.jpg


c0195909_12273811.jpg


紙をあてて上から、

こすると形が浮かび上がってきます。

これを拓本とかフロッタージュといいますが、

ほとんどの場合、実測中は手のひらが、

ホコリや土で汚れていますので、

その手で紙をこする場合が多いと思います・・・。

c0195909_9512928.jpg


c0195909_9513934.jpg


c0195909_12273424.jpg


c0195909_12272779.jpg


清書し完成した実測図・・・。

c0195909_12272149.jpg


川越南町通りの西側に建つ店蔵・宮岡家住宅は

川越の明治26年の大火によって

消失した店蔵を

明治30年に再建したものです・・・。

(次回に続く・・・)

c0195909_1243394.jpg

by y-hikage | 2016-08-01 12:44 | 宮岡家住宅の実測調査 | Comments(0)