ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

カテゴリ:稲田堤の家( 48 )

稲田堤の家の娘さんの顔が真っ黒(笑)!

c0195909_10243493.jpg



1031日の火曜日、

洋服掛けの設置と建具調整があり、

稲田堤の家に出かけました。

稲田堤の家では

下の娘さんが遊んでいました。

娘さんのお母さんが、

「 最近、娘が自分で自分の顔に

筆ペンで墨を塗る習慣がついてしまったんです。

今週末、七五三なのですが、

真っ黒の顔で

着物を着ることになりそうです(笑)」

と話されました・・・。

確かに、娘さんの顔は、

スミ色で真っ黒です。

今まで小さなお子さんのいる住宅を

何軒も設計してきたのですが、

自分で自分の顔に

墨を塗るお子さんに出会ったのははじめてです。

将来、

とびぬけた芸術家になるのではないかと

圧倒される思いでした・・・(笑)。


c0195909_10243095.jpg


c0195909_10242433.jpg


c0195909_10241942.jpg


c0195909_10241566.jpg


c0195909_10314721.jpg


c0195909_10240169.jpg


c0195909_10235711.jpg


c0195909_10235168.jpg


2階の多目的室から見た寝室の洋服掛け。

杉の集成パネルと杉板で作った

シンプルなかたちです。


 ※ ※ ※ ※


鎌倉の建築士・仕事展2017で展示した

作品ファイルに

稲田堤の家も入れました。

作品ファイルの全ページを、

日影良孝建築アトリエの

フェイスブックページで公開しています。


日影良孝建築アトリエ・Facebookページ








by y-hikage | 2017-11-03 10:35 | 稲田堤の家 | Comments(0)

稲田堤の家のブランコとハンモック・そして板塀など

c0195909_11562529.jpg


夏休み前の810日、

稲田堤の家に行きました。

目的は、板塀とフック受け板の工事。

田中棟梁とキムラ建設の木村さんと

三人で訪ねました。

家の現状などを聞きながら

2階に上がってみたら、

なんと驚くことに

ブランコとハンモックが

梁から吊るされていて、

子どもたちが楽しそうに遊んでいました。

まさかの展開でした!!

家が遊具になっていたのです。

小さな子どもがいる

家族の家を設計して

嬉しいことのひとつが

「 家が遊具になる 」こと・・・

なのでとてもうれしかったです。


c0195909_11560885.jpg


この日は、

女の子の友達も来ていて、

三人で元気に遊んでいました。

c0195909_11555033.jpg

c0195909_11554549.jpg


ブランコに大きく揺られながら、

その勢いで片足でスイッチを

ON / OFF

してみせる神業もあるそうです・・・。

c0195909_11553808.jpg


ブランコもハンモックも

建主奥さんが作ったとのこと。

本当に驚きました。

c0195909_11553243.jpg


1階の畳の上に段ボール敷いて、

cuboro(キュボロ)で遊んでいました。

僕もいっしょに遊んでみましたが

難しくてできませんでした( 笑 )。

c0195909_11552898.jpg

c0195909_11551023.jpg

c0195909_11550429.jpg



c0195909_11545921.jpg


さて板塀とフック受け板の設計ですが、

作りやすく・合理的な方法を考えた結果、

板を隙間を開けて柱に固定する

ごくごく当たり前の方法を採用しました。

ただし、

そこに小さな物語性を加えました。

玄関のアプローチに面する

擁壁からの落下防止のための板塀。

玄関土間にコートを

掛けるためフックを固定する板。

土間から居間に上がってすぐ横の壁に、

家族全員のカバンや帽子などを引っかける板。

この一連の流れが

同じ板の意匠で連続するように・・・。

外部と内部を板でつなげるように・・・。

この三枚の図面がその表現を表しています。


c0195909_11545413.jpg


c0195909_11545085.jpg


下二枚の図面は、

板塀とカバン掛けの関係性を検討するために、

同じ高さで作図し、

板塀も書きこんでいます。


c0195909_11544529.jpg


玄関アプローチの板塀。

c0195909_11544067.jpg


土間のフックを固定する一枚の板と

居間のカバン掛けの板。

c0195909_11543587.jpg


居間のカバン掛けの板・・・。


この日は、家の中の

ブランコとハンモックには

本当におどろきました・・・。


c0195909_12072791.jpg



by y-hikage | 2017-08-18 12:08 | 稲田堤の家 | Comments(0)

稲田堤の家の食卓・その2

c0195909_13451924.jpg


稲田堤の家の食卓は、

組み立て式になっています。

住みはじめてからは

座卓での生活が多いようですが、

脚を変えるだけで

テーブルとしても使えます。

c0195909_13451477.jpg


テーブルの場合の脚

c0195909_13450974.jpg


テーブルにした状態

c0195909_13450418.jpg


テーブルにした状態

c0195909_13445990.jpg


テーブルにした状態

c0195909_13445547.jpg


座卓にした状態

c0195909_13444881.jpg


座卓にした状態


テーブルにした場合の椅子は、

現在探しているところです・・・。

座卓の場合の子ども椅子は、

建主さんが考えて作った段ボール椅子です。

段ボールを丸めただけの

シンプルな構造ですが、

これがなかなか座りやすいのです!!

僕も時間をみつけて

製図室で作ってみようかと思います。

c0195909_09573110.jpg

by y-hikage | 2017-08-17 13:49 | 稲田堤の家 | Comments(0)

稲田堤の家の食卓

c0195909_09563593.jpg


稲田堤の家で食事を囲むテーブルを

二つ作りました。

ひとつは椅子に座って囲む高さ。

もうひとつは床に座ったり

ゴロゴロしたりしながら食事したり、

時には食卓の上で

踊ったり歌ったりできる高さの座卓(笑)。

上の丸い板は同じで

脚を交換するだけで

高くなったり低くなったりできる設計。

これらすべて無垢の木で作ると

狂いがあったり大変だし、

かといって合板などの集成材は

全体のコンセプトから大きくはずれるし、

しかも合理的に作りたいし、

ということで・・・

稲田堤の家の材料の

全体から細部まで構成する

宮城県の栗駒杉と同じ杉で作られた

杉の三層パネルで作ることにしました。

くりこまの大場さんに図面を渡して

作ってもらい稲田堤の家では

現在その食卓が活躍しています。

写真は設計しながら作った模型です。

c0195909_09562952.jpg
c0195909_09562407.jpg
c0195909_09561968.jpg
c0195909_09561377.jpg
c0195909_09560031.jpg
c0195909_09555170.jpg
c0195909_09554619.jpg



c0195909_09573110.jpg


by y-hikage | 2017-08-12 09:59 | 稲田堤の家 | Comments(0)

稲田堤の家の金魚鉢

c0195909_11565958.jpg


昨日の午後、稲田堤の家に行きました。

昨日は、比較的暑い一日でしたが、

稲田堤の家は風通しもよく、

室内は、ひんやりするぐらい涼しかったです。

c0195909_11570426.jpg


僕の知人の古い家が解体されると聞いて、

もらってきた手水鉢・・・。

稲田堤の家で使ってもらうことにしました。

その手水鉢に金魚が泳いでいました。

c0195909_11570881.jpg


家のまわりはこどもたちの遊び場。

どろんこあそび・・・。


c0195909_11591581.jpg



by y-hikage | 2017-06-04 11:59 | 稲田堤の家 | Comments(0)

稲田堤の家の外観

c0195909_12300708.jpg


住宅を設計する上で、

大切にしていることのひとつは、

屋根をいかに美しいかたちにするかです。

それは稲田堤の家も

例外ではありませんでした。

稲田堤の家は、

変形した敷地に、

北側の斜線制限が大きく影響し、

屋根のかたちの検討に苦労しました。

小さいながらも

緑を植えたり畑を作ったりできる、

敷地の余白を残したいことも、

間取りや屋根のかたちに影響しました。

いろいろと考えた中で生まれたのは、

整形な軸線に対して

45度振れた母屋と垂木でした。

正面から家を見ると、

その表情は独特で

味わいの深いかたちになりました。

c0195909_12300093.jpg


軸組模型・南側からの俯瞰

c0195909_12295557.jpg


軸組模型・屋根伏

c0195909_12295105.jpg


屋根伏図

c0195909_12294647.jpg


南側外観。

家本体と

ポストと板塀を張るための支柱までが

完成しました。

宅盤に上がる階段や東側のブロック塀は

既存のものです。

植栽などの外構工事はこれからの仕事です。

c0195909_12294153.jpg


東側隣地の路地から家を見ます。

2階の東側に半間飛び出したところが

2階浴室の浴槽部分

c0195909_12293761.jpg


1階の縁側と2階のバルコニーの見上げ。

c0195909_12293040.jpg


西側の奥まったところが玄関。

c0195909_12292640.jpg


2階バルコニー。

栗の木のデッキと亜鉛メッキの手すり。

c0195909_12292290.jpg


板金屋さんの手作りの雨といの集水マス。

c0195909_12291725.jpg


玄関ポーチの見下げ。

c0195909_12291398.jpg


玄関ポーチの見上げ。

※ ※ ※

稲田堤の家の竣工写真は、
こちらでも見ることができます。
日影良孝建築アトリエのFB

https://www.facebook.com/pg/HikageYoshitaka/photos/?tab=album&album_id=1027308920703169


c0195909_18450298.jpg



by y-hikage | 2017-05-11 12:37 | 稲田堤の家 | Comments(0)

稲田堤の家の1階の手洗いコーナー

c0195909_12504565.jpg


稲田堤の家の1階には

トイレがあって、

その横に小さな手洗器があります。

この50cm×50cmほどの

小さな手洗いコーナーが気にいってます。

家の隅っこに、

ちょこんとある感じが

なんとなくいいのです・・・。

c0195909_12505096.jpg


そしてまた1階も2階も

水回りの入り口には古ガラスを

再利用しています。

「石目」という種類のガラスです。

1年ぐらい前に竣工した、

みたかの家で再利用した同じガラスです。

みたかの家で余ったガラスを

いただいたものです。

c0195909_12505448.jpg


2階の大黒柱・・・。

c0195909_12510361.jpg


台所の吊り戸棚・・・。


c0195909_18450298.jpg



by y-hikage | 2017-05-09 12:54 | 稲田堤の家 | Comments(0)

稲田堤の家の宙に浮いた浴槽

c0195909_11171991.jpg


稲田堤の家の浴室は2階にあります。

その浴室の浴槽は、

家よりも半間とびでていて、

宙に浮いている格好しています。

さらに浴槽につかりながら

たて長の窓を開けると

南の山が見えます。

くわえて星空も・・・

〇〇 〇

次回ぐらいに掲載する

外観の写真を

みればその恰好がわかります・・。

c0195909_11172484.jpg


2階の夫婦の小さい寝室


c0195909_11173087.jpg


2階の子供部屋・・・。

二人の子どもための部屋。

将来必要があれば半分に仕切ります。

窓からは遠くの山が見えます。

窓すぐ下には

となりの園芸屋さんの

たくさんの樹木を

四季を通じて楽しめます。

その四季の眺めは寝室も同じです。

子供部屋は、

好きにピンなどを打てるように

全面板張りにしています。

c0195909_18450298.jpg

by y-hikage | 2017-05-07 11:24 | 稲田堤の家 | Comments(0)

稲田堤の家の2階のホール


c0195909_18413681.jpg


稲田堤の家の2階は、

大黒柱が立つホールを中心に、

寝室・子供室・トイレ・洗面室・浴室が

有機的につながり、

一体な空間のように広がっています。

それらの空間のつながりは、

整形な軸線と斜め45度の軸線で

組まれた小屋組によって、

かどを感じさせない

「 ぐるっと 」回っているような

空間を生み出しています。

また南に面したホールは

栗の木のデッキに連続します。

このデッキだけでなく、

2階の開口部は周辺の山々の緑を

逃さないように景色を選んでいます。

c0195909_18413140.jpg

c0195909_18412574.jpg

c0195909_18412000.jpg

c0195909_18411573.jpg

c0195909_18411042.jpg

c0195909_18410490.jpg

c0195909_18410019.jpg

c0195909_18405572.jpg

c0195909_18405075.jpg

c0195909_18404589.jpg


c0195909_18450298.jpg


by y-hikage | 2017-05-04 18:45 | 稲田堤の家 | Comments(0)

稲田堤の家の畳の間

c0195909_16253570.jpg


栗の木の濡れ縁に面した

三畳半ほどの畳の間には、

ナラの木の文机を設け、

その横に引出しがついた机と

本棚を設けました。

本棚の横の壁に素地の鉄板を張って

磁石がくっつくようにしました。

c0195909_16254028.jpg

c0195909_16254433.jpg


c0195909_10155847.jpg


by y-hikage | 2017-05-02 16:28 | 稲田堤の家 | Comments(0)