ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

カテゴリ:大町の家( 38 )

大町の家の折れ釘とツブ

c0195909_11415644.jpg


昔ながらの土蔵の外壁には、

漆喰を半球形に盛り上げた部分から、

鉤型に折れた太い釘が

突き出ていることに気が付きます。

この太い釘を「折れ釘(オレクギ)」といい、

丸く膨らんだ盛り上がりを「ツブ」とか

「饅頭(マンジュウ)」とか呼んでいます。

上の写真は、

北鎌倉の国宝建造物:円覚寺舎利殿の

前に建つ土蔵です。

外壁の妻面の観音扉の両脇の丸い形が、

折れ釘とツブになります。

折れ釘は土蔵を修理するときの

足場の控えの役目を担います。

ツブは折れ釘に足場をかけたり、

縄をかけたりしたときの荷重負担を

ツブが先行して受けて、

本体の外壁の損傷を防ぐためのものです。

ツブのない折れ釘もありますが、

この場合、外壁下見板など、

後付けの付属物を取り付けるためのものです。

また折れ釘は柱面から

決まった長さで打たれるため、

左官工事の壁の厚さの定規にも

なるとも言われています。

c0195909_11415023.jpg


鎌倉の大町の家の蔵にも、

折れ釘とツブを設置します。

その詳細図です。

川越の宮岡家住宅(まちかん刃物店)で

実測した図面が製図室にあるため、

その実測図を参考に書きました。

c0195909_11414604.jpg


大町の家は、現在外壁回りの工事を進行中です。

蔵の外壁下地の木ズリは完了しています。

骨組みが組みあがった直後に

鉄製の折れ釘を設置しました。

折れ釘が木ズリから突出しています。

c0195909_11414250.jpg

c0195909_11413847.jpg

c0195909_11413403.jpg


蔵の妻面の霧除け屋根。

c0195909_11412942.jpg


主屋から見る蔵。

c0195909_11412566.jpg


主屋では、

外壁の付け柱と付け梁の工事を進めています。

c0195909_11412139.jpg

c0195909_11411748.jpg


内部の工事は

外回りを先行しているため中断しています。

c0195909_11411289.jpg

主屋の屋根の瓦葺。

c0195909_11410899.jpg


離れの鉄筋コンクリート造の倉庫。

倉庫の屋根も置き屋根としています。

倉庫の屋根は銅板葺きとします。

この屋根の棟は素丸瓦となるため、

銅板葺きは瓦屋さんがおこなっています。


c0195909_11410448.jpg


模型写真の右手の小さな小屋が、

鉄筋コンクリート造の倉庫。


c0195909_11465301.jpg




by y-hikage | 2017-07-27 11:49 | 大町の家 | Comments(0)

大町の家の2階床の構成

c0195909_11465623.jpg


大町の家の2階床の構成は、

下から

・根太

・化粧天井

・杉板斜め張り(水平構面)

・荒根太

・荒根太間断熱材(ウールブレス)遮音のため

・杉床板30

としています。

不均一な断面をもつ古材の床梁を

根太と斜め張りの杉板のために

彫り込んで床を造っていきます。

c0195909_11465183.jpg

c0195909_11464548.jpg

c0195909_11464075.jpg


1階の天井は、

根太が化粧の現しとする

化粧根太天井としています。

c0195909_11463645.jpg

c0195909_11463288.jpg

c0195909_11462881.jpg


古材の梁の根太彫りの様子が見えます。


c0195909_11462457.jpg


蔵の外壁の腰壁は、

袴(はかま)状に斜めの石張りとします。

石の材料は大谷石。

その下地の木ズリがほぼ完了しました。


c0195909_11461905.jpg



c0195909_11512485.jpg


by y-hikage | 2017-07-13 11:52 | 大町の家 | Comments(0)

大町の家の戸繰り口・その2

c0195909_16041755.jpg


先日、大町の家の現場に行ったら、

雨戸の「戸繰り口(とぐりくち)」の

加工が終わっていました。

僕の書いた原寸図そのままに

綺麗に完成していました。

日影アトリエの設計には、

ほとんど曲線は使わないのですが、

黄金比で構想した曲線は、

悪くないように思えました。

c0195909_16041209.jpg


戸繰り口の原寸図


c0195909_16052706.jpg


by y-hikage | 2017-07-10 16:06 | 大町の家 | Comments(0)

大町の家の戸繰り口(とぐりくち)

c0195909_17002837.jpg


戸袋から雨戸を引っ張り出すために、

妻板に彫り込んだ欠きこみのことを

「 戸繰り口(とぐりくち)」と言います。

大町の家の南側のはき出し窓には

雨戸があって戸袋の中に雨戸を収納します。

大工さんが戸繰り口を加工するために、

原寸図を書きました。

c0195909_17002210.jpg


現場で建主さんの希望にそって

おおよそのイメージを

原寸で描いたスケッチ。

c0195909_17001600.jpg


現場でのスケッチに

黄色いトレーシングペーパーをのせて、

当初のイメージの曲線をなぞります。

c0195909_17000598.jpg


なぞった曲線のバランスを考えながら、

黄金比を用いて

全体の大きさと曲線の比例を整えます。

c0195909_17000146.jpg


バランスを整えた曲線に

清書用のトレーシングペーパーをのせて、

清書していきます。

c0195909_16595658.jpg


作図が完了した戸繰り口の原寸図。

ちなみに製図用のメガネは、

最近買い換えたもの・・・。

前回のメガネは乱暴に使いすぎたので

レンズのコーティングがはがれ、

視界が曇ってしまいました。

c0195909_16595197.jpg

大町の家の戸繰り口。


c0195909_17030039.jpg





by y-hikage | 2017-06-16 17:05 | 大町の家 | Comments(0)

大町の家の力板

c0195909_08300154.jpg


大町の家は、構造材だけではなく、

建具や小さな部材まで、

建主さんが長い年月をかけて

収集してきた古材を余すことなく

再利用することが大きなテーマです。

その中で、

庇や軒裏などを支える「 力板 」も

そのひとつです。

大町の家では、

出窓のたて枠下端の化粧材としたり、

玄関ポーチの天井としたり、

適切な場所をみつけて

再利用することにしました。

上の写真は北側の出窓の

たて枠の下の力板です。


c0195909_08360332.jpg

c0195909_08295663.jpg


蔵の妻面には、

上下階の窓に雨除けの庇を設けました。

その庇の軒桁を支持する

腕木の力板としても再利用しました。




c0195909_13184614.jpg
c0195909_13185041.jpg
c0195909_13185577.jpg



c0195909_08294554.jpg


c0195909_08311115.jpg


by y-hikage | 2017-06-13 08:31 | 大町の家 | Comments(0)

大町の家の階段材

c0195909_09340961.jpg


大町の家は、

民家の古材を再構成し架構を構築しました。

建主さんが収集した大量の古材を選定し、

余すことなく使いましたが、

良材のケヤキや松の差し鴨居は

使い切れませんでした。

そこでこの差し鴨居を

階段材に再利用することにしました。

具体的な部位は

階段の段板とササラ桁です。

段板は一段一段、

厚みが異なりますが

それもまた面白みが

あるのではないかと思いました。

一昨日の焼津市の渡邊商店の帰り、

平成建設の作業場で

階段材の部材の選定作業をおこない、

選定が完了しました。

c0195909_09341415.jpg

c0195909_09342036.jpg


段板の厚みを140㎜に設定して

ササラ桁に段板の定規を置いています。



c0195909_09362289.jpg


by y-hikage | 2017-06-07 09:37 | 大町の家 | Comments(0)

鬼瓦の「 へら書き 」


c0195909_16155321.jpg


昨日、静岡県藤枝市の

㈱渡邊商店に行ってきました。

渡邊商店さんには、

鎌倉の大町の家の瓦工事を

担当していただいています。

渡邊商店さんに行った目的は、

製作中の鬼瓦に

「 へら書き 」をするためです。

c0195909_16154807.jpg


「 へら書き 」は、

棟札や棟木の墨書きと同様に、

建築した時の年代や建主や棟梁などの

情報を書き入れ、

何百年にわたって

後世に伝える大切な記録となるものです。

c0195909_16154208.jpg


「 へら書き 」は、

瓦製造時に粘土を瓦の形に成型した直後、

半乾き状態の時に竹へらで掻き付けます。

鬼瓦の意匠は、建主さんが

いくつかある候補の中から

選ばれたものです。

c0195909_16153708.jpg


渡邊商店の渡邊大輔さんに、

へら書きの意義を説明していただきました。

c0195909_16153113.jpg


鬼瓦を製作する鬼板師の原川圭介さん。

素晴らしい技術のもちぬしです。


c0195909_16152580.jpg


建主さんのへら書きが完了し、

引き続き、

設計担当の日影良孝が

へら書きをさせていただきました。

c0195909_16152120.jpg

c0195909_16151650.jpg


建主さんのご指示により、

鎌倉で設計をやっているので、

鎌倉と書き加えました。

僕のへら書きの後に、

棟梁の小川さんが書きました。

c0195909_16151072.jpg


渡邊商店の工房に軒下の犬走・・・。

のし瓦を小端建てにしています。

とても綺麗なので

大町の家での参考にしたいと思います。


c0195909_16150421.jpg

c0195909_16271842.jpg


帰り際に、

渡邊さんから鬼瓦の文鎮を

おみやげにいただきました。



c0195909_16161999.jpg


by y-hikage | 2017-06-06 16:34 | 大町の家 | Comments(0)

大町の家の板金工事

c0195909_10525480.jpg


鎌倉・大町の家の外まわりの

開口部の造作がほぼ完了しました。

開口部の敷居は銅板で包みます。

板金屋さんが

ほれぼれするぐらいに

丁寧に銅板を敷居に

とりつけています・・・。

c0195909_10524994.jpg

c0195909_10524255.jpg

c0195909_10523781.jpg

c0195909_10523190.jpg

c0195909_10522442.jpg

c0195909_10521969.jpg

c0195909_10521401.jpg

c0195909_10521043.jpg

c0195909_10520568.jpg

c0195909_10520150.jpg

c0195909_10515785.jpg

c0195909_10515286.jpg

c0195909_15343983.jpg




by y-hikage | 2017-05-18 11:00 | 大町の家 | Comments(0)

大町の家の蔵に観音扉がつきました。

c0195909_15300539.jpg


大町の家の蔵に観音扉がつきました。

設置されたのは西側の妻面の1階と2階です。

石屋さんが運んでいるのは、

蔵の腰壁(袴)の下の地覆石です。

c0195909_15301250.jpg


観音扉の見上げ。

c0195909_15301779.jpg


観音扉を閉じた状態を室内から見ます。

c0195909_15302121.jpg


左手が主屋。

右手が蔵です。

蔵の鬼瓦は製作中なので、

棟瓦は設置されていません。

c0195909_15302889.jpg


蔵の東側妻面。

c0195909_15303397.jpg


蔵の内部空間。


c0195909_15343983.jpg



by y-hikage | 2017-05-17 15:35 | 大町の家 | Comments(0)

大町の家の窓枠

c0195909_12341871.jpg


大町の家の

外まわりの開口部の標準的な構成は、

室内から順番に、

柱内に障子2枚(見込み33㎜)、

ガラス戸2枚(見込み42㎜)、

網戸1枚(見込み33㎜)、

格子1枚(見込み40㎜)としています。

雨仕舞を考慮しながら検討した結果、

窓枠のタテ枠は柱芯から外側に375㎜が

外面になっています。

その結果、

外側から見る窓枠は、

奥行きの深い陰影の強いものとなりました。

柱は全て、

寸法がまちまちの古材を使用しています。

その古材の柱にとりつく窓枠は

新しい杉で製作しています。

c0195909_12342200.jpg

c0195909_12342552.jpg

c0195909_12343152.jpg


現場の中で窓枠を

こつこつと加工する大工さん・・・。


c0195909_13363216.jpg

by y-hikage | 2017-04-22 12:36 | 大町の家 | Comments(0)