ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

カテゴリ:山泰荘( 53 )

山泰荘にいきました。

c0195909_14350664.jpg


今日の午前中、

山泰荘で打合せがありました。

住みはじめてから、

はやいもので

1年と3カ月になろうとしています。

内部の柱や梁や床など

無垢ならではの

木の味わいが出てきています。

大切に住んでくれているのを見ると、

とてもうれしくなるものです・・・。


c0195909_14351307.jpg


c0195909_14364391.jpg




by y-hikage | 2017-03-15 14:37 | 山泰荘 | Comments(0)

山泰荘で食事会がありました。

c0195909_10332653.jpg

先日の12月18日の日曜日、

山泰荘で食事会がありました。

山泰荘が竣工してちょうど1年。

建主さんが工事にかかわった

職人さんたちに感謝の気持ちを

こめて食事会を開いていただきました。

集まってくれたのは、

大工棟梁の坂田兄弟。

左官の江原さんチーム。

静岡のアマノの山口さん。

群馬県で林業を営む大矢さん。

造園屋さんの高橋さんでした。

残念ながら直井さん夫婦と

建具屋さんの新井さんと

栗駒の大場さんはどうしても

都合がつかず参加できませんでした。

お料理はフグを中心としたコースでした。

みなさんたくさん食べて

たくさん飲んだ午後のひと時でした。

山泰荘の職人チームは、

一流の技術をもち、

なにより明るく楽しいチームです。

建主さんや職人さんたちと

とても楽しい時間をすごすことができました。

建主さんありがとうございました・・・。

c0195909_10332213.jpg

山泰荘の居間の飾り棚。

一見すると普通の違い棚に見えますが、

左官の質感を生かすために、

違い棚を壁から離した設計としました。

c0195909_10365577.jpg

by y-hikage | 2016-12-22 10:38 | 山泰荘 | Comments(0)

山泰荘のザクロの木

c0195909_14241193.jpg

山泰荘の南の庭に植えられたザクロの木は、

かなりの老木だ。

人間にたとえると150歳は

過ぎているのではなかろうかと

思わせる霊気を放っている。

山泰荘のザクロは、

老木にして霊木でもあるようだ・・・。

c0195909_1425778.jpg

by y-hikage | 2016-12-12 14:25 | 山泰荘 | Comments(0)

山泰荘のザクロの実

c0195909_13325970.jpg

山泰荘の南の庭に植えられた

ザクロの樹には、

二つから三つほど

ザクロの実がついていました。

その中のひとつをいただきました。

ザクロの実を製図室に持ち帰り、

四つに切ってみました。

ザクロの実の中には

小さな赤い種が

たくさん詰まっておりました。

c0195909_13325528.jpg


c0195909_13325028.jpg


c0195909_13324611.jpg


c0195909_13342872.jpg

by y-hikage | 2016-10-11 13:34 | 山泰荘 | Comments(0)

山泰荘にザクロの樹が植えられました。

c0195909_1720036.jpg

山泰荘の南の庭に

ザクロの樹が植えられました。

ザクロの樹は山泰荘の庭の主木となります。

ザクロの樹が植えられたことで、

山泰荘の造園工事は

ひとまず完了となりました・・・。

c0195909_17195645.jpg


c0195909_17195244.jpg


c0195909_17194866.jpg


c0195909_17194460.jpg


c0195909_17193992.jpg

植えたザクロの樹に

ザクロの実がついていました。

c0195909_17193525.jpg

山泰荘の庭には、

白い芝桜の花が咲いています。

c0195909_17193170.jpg

山泰荘の庭には、

夏みかんの実がなっています。

c0195909_1727139.jpg

山泰荘の離れの草庵風の和室である、

泰庵(たいあん)の夕景・・・。

c0195909_172934.jpg

by y-hikage | 2016-10-10 17:29 | 山泰荘 | Comments(0)

山泰荘の近くの海岸の今朝の様子

c0195909_13144720.jpg

今日の午前中は

山泰荘のメンテナンスの打合せでした。

打合せの前に近くの海岸に立ち寄りました。

海は満ちていて波も荒めでした。

c0195909_13144336.jpg


c0195909_13143897.jpg


c0195909_13143150.jpg

山泰荘の苔の庭・・・。

c0195909_1317742.jpg

by y-hikage | 2016-09-07 13:17 | 山泰荘 | Comments(0)

山泰荘の外観

c0195909_12262217.jpg

山泰荘・・・

相模湾に面する小さな町。

海岸までも歩いてすぐのところ。

2階の高さまで目線を上げると

海が一望できる場所。

ふりかえると

竹林と山がせまってくる

力強い空気が漂う場所。

c0195909_9453774.jpg

背景の山林に調和するように

大屋根で家を包み、

大地に根ざすような

重厚な木造の家・・・。

相模湾を一望できるような断面計画。

c0195909_9454869.jpg

登り梁によって大屋根をつくり、

登り梁によって深い軒の出を実現しています。

二階の個室は大屋根から突き上げられた

腰屋根によって海への眺望を開き、

西側には海への展望台として

塔屋(ペントハウス)を設けています。

c0195909_15222853.jpg


c0195909_15223638.jpg


c0195909_15224561.jpg

山泰荘は重厚な母屋にたいして

繊細な草案風の離れが付属しています。

屋根の高さも低く抑えて

地面も近い畳の間としています。

室内は、この敷地に建っていた

明治期の和風海浜別荘の古建具や

造作材を再利用しています。

茶室ではありませんが、

この小さな離れを

「泰庵(たいあん)」とよんでいます。


c0195909_17324632.jpg



c0195909_173365.jpg


c0195909_15171183.jpg

山泰荘は、

海岸まで徒歩3分程度の場所に

建っています。

海岸に近い敷地は

おおむね風雨の激しいものです。

山泰荘も例外ではなく、

時には激しい海風や横なぐりの雨に

見舞われます。

山泰荘を激しい風雨から守るために、

腰壁は杉板目板押え張りとし、

上部を土佐漆喰鎧仕上げとしています。

土佐漆喰鎧仕上げは、

台風の多い高知で開発された

伝統的な左官工法です。



c0195909_15172032.jpg


c0195909_15172971.jpg


c0195909_15173587.jpg


c0195909_15174527.jpg


c0195909_1518544.jpg

1階部分の外壁は杉板目板押え張り。

2階部分の外壁は土佐漆喰鎧仕上げ。

一番上の外壁のない空洞部分は、

海を眺めるためのペントハウスになっています。

c0195909_1227112.jpg

by y-hikage | 2016-08-13 12:27 | 山泰荘 | Comments(0)

山泰荘の造園工事・・・その4

c0195909_13215877.jpg
山泰荘の

造園工事の一期工事が完了しました。

南庭の主木であるザクロの樹は

根の養生の都合上、

秋の植樹になりそうです。

秋の造園工事はザクロの他に、

門まわりの一部に

チゴ笹などを植える予定です。

ザクロの樹は、

5月に林芙美子邸に行ったときに、

ザクロらしいザクロを

林芙美子邸の庭にみつけ、

山泰荘にもこんなふうなザクロが

植えられるのかと・・・

印象深い気持ちで

ザクロの樹にみとれました。

c0195909_13215298.jpg
離れの草庵の和室である 

「泰庵(たいあん)」の前の風情。

右側の大きな樹は既存樹のサンゴ樹。

下草は、キチジョウ草。

左手前は、マユミ。

「泰庵」の南側の細長い窓辺の樹は、

山取りのツツジ。

c0195909_13214764.jpg
南庭の砂利敷きは、

臨時の駐車スペースになります。

砂利敷きから「泰庵」へは、

露地風なしつらえ。

飛び石のまわりには、

オオデマリ や

サツキ や

ツツジ や

センリョウ が

植えられました。

c0195909_13214369.jpg
食堂と広縁の前に

据えられた景石(稲田の侘び石)。

景石の前には

ニオイバンマツリが植えられました。

景石のまわりには

スナゴケが張られました。

c0195909_13213822.jpg
居間と広縁の前にも

コケ(ハイゴケ)が張られました。

この場所に主木である

ザクロの樹が秋に植えられます。

(コケの間から白い砂のように見えるのは、

土の水分を保つために混ぜられた

小さな小さな軽石)

c0195909_132133100.jpg
食堂と広縁から見る南庭の風情・・・。

c0195909_13212981.jpg
玄関土間の地窓から見える斜面には、

シバザクラが面で植えられています。

c0195909_13212446.jpg
西側の一段上がった竹林の入り口には、

明治43年に建築された

和風海浜別荘に使われていた

木杭を三本立て、

杭の根元には、

ギボウシが植えられ、

杭にはクレマチスのつたを

巻きついています。

c0195909_13211930.jpg
西側の山道の擁壁を隠すために、

アプローチ沿いにシラカシが列植され、

下草にキチジョウ草が

植えられています。

アプローチを登り切ったところには、

既存樹のサクラとマツを残し、

コウバイ や

ヤマブキ や

クチナシ や

シャクナゲ や

オタフクナンテン や

アマチャ や

ギボウシ や

ウツキ などが

植えられています。

鳥海石は景石として据えられています。

c0195909_13211490.jpg
玄関土間の地窓の前は

ナンテンが植えられています。

ナンテンの花は、

いがいとかわいいです。

c0195909_1321951.jpg
手前左の樹は夏ミカン。

右奥はサクランボの樹。

提案させていただいた

夏ミカンもサクランボも大好物です・・・。

特に、夏ミカンの黄色い果樹は、

景色に爽やかな色を添えてくれます。

2階から見る夏ミカンの黄色は、

すごく印象的だと思います。

(9年前に完成した東玉川の家から学んだこと・・・・)



今年の夏前の造園工事は、

これでひと段落です・・・。

秋に南庭の主木であるザクロの樹が

植えられるのがとても楽しみです・・・。

c0195909_13312347.jpg

by y-hikage | 2016-07-04 13:32 | 山泰荘 | Comments(0)

山泰荘の造園工事・・・その3。「 木の杭 」

c0195909_1026134.jpg
山泰荘の敷地には、

明治43年(1910年)に建築された

和風海浜別荘が建っていました。

その別荘は当時としては

めずらしい基礎形式を採用していることが

解体工事でわかりました。

土台は自然石に乗せられている

ところまでは一般的ですが、

自然石の下にコンクリートの独立基礎

(かなり大きい独立基礎)が設けられ、

その基礎からアンカーボルトで

土台を緊結していました。

さらに驚くべきことに、

コンクリートの基礎の不動沈下を

防ぐために木杭が

地中に打たれていました。

( おそらく木杭は松  )

解体時に発掘された木杭を三本、

現場内に保管しておきましたが、

今回の造園工事で点景として

再利用することにしました。

三本の木杭を三角形の平面を描くように

地中に埋め込み自立させ、

クレマチスのようなツル系の

植物を絡ませようとする計画です・・・。

c0195909_1026869.jpg
c0195909_1026323.jpg
濡れ縁の庭先に配置した稲田の侘び石。

この侘び石のまわりは、コケで覆われます。

c0195909_10285048.jpg

by y-hikage | 2016-06-18 10:29 | 山泰荘 | Comments(0)

山泰荘の造園工事・・・その2

c0195909_1635088.jpg
今日の午前中は山泰荘の現場でした。

山泰荘は現在、

造園工事進められています。

その工事内容の打合せです。

c0195909_1634548.jpg
塔屋からの相模湾の眺め・・・。

c0195909_1634076.jpg
アプローチ沿いにはシラカシが列植され、

アプローチの終点あたりに

コウバイが植えられました。

c0195909_1633579.jpg
南庭のなかほどに、

サクランボの木が植えられました。

食べておいしい果物がほしい

ということでサクランボが選ばれました。

c0195909_163302.jpg
玄関土間の地窓には、

ナンテンが植えられました。

ナンテンの赤い実の赤は

シンプルな赤ではないかと思います。

c0195909_1663417.jpg

by y-hikage | 2016-06-17 16:09 | 山泰荘 | Comments(0)