ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

2017年 03月 12日 ( 1 )

永遠の建築・三十三間堂

c0195909_12460886.jpg


今年の1月の終わりの

京都・国宝建造物採集で

最も印象に残ったのは、

三十三間堂でした。

初めての見学ではなかったはずですが、

内部空間に足を踏み入れた瞬間、

衝撃で身体が凍りつきました。

空間から「建築の永遠」を感じたのです。

今まで建築から

「建築の永遠」を感じたことが

あっただろうか・・・、

と、茫然と立ちつくしてしまいました。

なぜそう感じたのか・・・。

三十三間堂は22m×120mという

世界最長の木造古建築で、

千体の観音菩薩像を安置しています。

この細長い空間に千体の観音菩薩像を

安置するだけでは

「建築の永遠」は生まれません。

僕は「架構の連続」にあるのではないかと

堂内で思いました。

観音菩薩像と共に

34本の同じ架構をひたすら連続させることで、

内部空間に遠近法の空間を生み、

永遠の空間を

演出したのではないかと

僕は読み解きました。

c0195909_12460132.jpg


三十三間堂を見学してから、

ずっと三十三間堂の図面を

探しているのですが、見つかりません。

建築学会図書館に行っても、

修理報告書も関連する図書もありません。

神田の古本街でもみつかりません。

そもそも三十三間堂の資料が

極めて少ないのではないかと疑うほどです。

とりあえず平面図は見つかりましたが、

僕がもっともほしい資料は、

断面図もしくは軸組図です。

連続する架構の図面なのです。

これからもあきらめずに

探してみようと思っています・・・。

c0195909_12455664.jpg

c0195909_12455313.jpg

c0195909_12454775.jpg

c0195909_12454313.jpg

c0195909_12454103.jpg

c0195909_12453430.jpg

c0195909_12452975.jpg

c0195909_12452540.jpg

c0195909_12452214.jpg

c0195909_12451730.jpg


三十三間堂は、

正式には蓮華王院三十三間堂

(れんげおういんさんじゅうさんげんどう)

という名前です。

1164年、後白河上皇のために平清盛が

建築(寄進)したものだとされています。

現在の姿は焼失後に再建されたものです。

同時期に平清盛が建築したもので

有名なのは広島の

国宝建造物・厳島神社です。

三十三間堂も厳島神社も

「超」がつくほど名建築です。

平清盛の設計力が圧倒的であることを、

この二棟が証明しています。


※堂内の写真は、

「古寺をゆく・三十三間堂」(小学館)

からの引用です。




c0195909_12475385.jpg







by y-hikage | 2017-03-12 12:53 | 国宝建造物 | Comments(0)