ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

大町の家の建具

c0195909_14454965.jpg



大町の家の工事は

内部の造作工事を中心に進行していますが、

内部の建具の製作も同時に進行しています。

外部に面する建具は、

基本的に外から、

木製格子戸、

木製網戸、

木製ガラス戸、

障子という構成になっています。

内部空間を仕切る引戸は、

9割がた古い建具を再利用します。

外部に面する障子は、

新しい材料で製作し、

水回りに面する障子は

建主さんが集めた古ガラスを入れこみます。

これらの建具の数は、

あらためて数えてみると

250か所ぐらいになります。

(250本ではなく250か所)

これらの建具の図面を

縮尺10分の1で書いているので、

図面の枚数も相当な量になっています。


c0195909_14454502.jpg



建主さんが集めた古建具に入った古い模様ガラス。

これらを場所に応じて選定し

障子に入れこみます。


c0195909_14454033.jpg



古ガラスは、

ダイヤガラス・モールガラスなど、

さまざまな種類があります。


c0195909_14453549.jpg



内部を仕切る建具は古建具を再利用します。

柱間や鴨居の高さに応じて

巾を詰めたり高さを詰めたりしながら

再利用します。


c0195909_14453099.jpg



c0195909_14452680.jpg



c0195909_14452293.jpg



外部の入り口に再利用した蔵戸。

ガラスが入っていなかったため

新しいガラスを入れます。

白く見えるガラスは仮の姿。



c0195909_14483287.jpg


by y-hikage | 2018-01-19 14:49 | 大町の家 | Comments(0)
<< 猪股邸の雪つり 島唐辛子をいただきました。 >>