ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

坂本龍一の「 CODA 」

c0195909_08481849.jpg


坂本龍一のドキュメンタリー映画「CODA」を観た。

映画館は恵比寿にある

YEBISU GARDEN CINEMA 。

とても小さな映画館で

この映画館を好きになった。

とはいえ、

劇場で映画を観るのは本当にひさしぶりだ。

建築家:ルイス・カーンの映画いらいだ。

そもそも映画をほとんど観ない。

それは映画を好きではないのではなく、

涙もろさが全面にあふれでるからだ。


坂本龍一は「CODA」のシーンの中で、

2011311日の

津波で被災したピアノを

「 津波ピアノ 」と呼んでいた。


坂本龍一は

ニューヨークの自宅のピアノの前に座り、

こんなふうなことを語った。


・・・・・・・・・・・・・


ピアノは、

これらの弦を何トンもの力で引っ張っている。

つねにピアノの弦たちは、

もとの状態に戻ろう戻ろうとしている。

いわばピアノの音は、

人間の力で強引に作り出した人工的な音だ。

その人工的に作られたピアノに

大きな津波の力が働いて元に戻った。

「 津波ピアノ 」を弾いてみると、

悲痛な叫びのような

不自然な音に聞こえるが、

この音こそが自然の音なのではないかと思う。


・・・・・・・・・・・・・

映画「 CODA 」より

僕の曖昧な記憶をもとに引用


・・・・・・・・・・・・・


ピアノの音は、

地球の自然界に存在しない音?

眼からうろこのような言葉だった。


・・・・・・・・・・・・・




映画『Ryuichi Sakamoto: CODA





c0195909_08461354.jpg



by y-hikage | 2017-12-03 08:50 | 森の中と町の中で | Comments(0)
<< 千利休の「 竹自在 」 庄司紗矢香の読書日記 >>