ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

「 日本の家 」展の中の「 斎藤助教授の家 」


c0195909_11224868.jpg


国立近代美術館で開催されている

「日本の家」展には、清家清が設計した

「 斎藤助教授の家(1952年) 」の

実物大の模型が展示されています。

その実物大の家を見て、

思っていたよりも意外と大きいと思いました。

想像していたよりも

1割り増しぐらいの大きさ・・・。

実物大の斎藤助教授の家の室内を

十分に身体に覚えこませてから、

製図室にある図面を見直してみました。

平面図と断面図を拡大縮小コピーして

切り張り着彩しながら・・・


c0195909_11223033.jpg

斎藤助教授の家の設計データ



〇軒高:GL2984

〇床高:GL454

〇屋根勾配:2寸勾配

〇軒の出:1060

〇梁間方向:4尺モデュール

〇桁行方向:おそらく3尺モデュール

〇南側テラスからの床までの高さ:+約200

〇天井高:2363

〇客間の内法高さ:1727

〇鴨居厚:45

〇丸柱:ヒノキ直径121


僕は天井の高さは、

2100㎜から2150㎜ぐらいだと思っていたので、

ここでスケール感の思い違いが

起こったことがわかりました。


c0195909_11222400.jpg

c0195909_11221933.jpg

c0195909_11221598.jpg

c0195909_11221015.jpg

c0195909_11220525.jpg

c0195909_11220019.jpg


実物大の家に置かれている

チェストと障子は

実際の家で使われている本物とのこと・・・。

移動畳と椅子はレプリカ。

c0195909_11213378.jpg

c0195909_11212372.jpg

c0195909_11211866.jpg

c0195909_11211342.jpg

c0195909_11210928.jpg


昔、日影アトリエで作った

斎藤助教授の家の縮尺100分の1の模型

c0195909_11210427.jpg

c0195909_11210077.jpg

c0195909_11205546.jpg



c0195909_11270119.jpg



by y-hikage | 2017-08-01 11:30 | 建築巡礼 | Comments(0)
<< 国立近代美術館の建築 「 日本の家 」展に行きました。 >>