ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

川越の「 蔵・倉・くら 」展に行きました。

c0195909_18413500.jpg


514日の日曜日、

蔵のまち・川越に行きました。

目的は、川越市立博物館での企画展

「蔵・倉・くら」を見るためです。

川越は、19年前の1998年に

店蔵である宮岡家住宅を

詳細実測するために

通い詰めたことがあります。

博物館では、

川越の蔵の資料や模型が

展示されると聞いて、

最終日ぎりぎりに行きました。

c0195909_18413153.jpg


かつて詳細実測した宮岡家住宅の外観。

c0195909_18411255.jpg

c0195909_18410750.jpg

c0195909_18410205.jpg


展示されている、鬼瓦と影盛の原寸図。

c0195909_18405894.jpg

c0195909_18405230.jpg


展示されている、鬼瓦と影盛の原寸模型。

人物の大きさと比べてみると、

その大きさに驚きます。

c0195909_18404811.jpg

c0195909_18404310.jpg


ひさしぶりの川越の蔵の見学・・・。

現在、鎌倉の大町の家で

蔵を建築しているので、

以前の目線よりも深い勉強になりました。

c0195909_18403704.jpg

c0195909_18403361.jpg

c0195909_18402864.jpg

c0195909_18402412.jpg

c0195909_18401981.jpg

c0195909_18401401.jpg

c0195909_18401046.jpg

c0195909_18400546.jpg

c0195909_18400081.jpg

c0195909_18395571.jpg

19年前に書いた

宮岡家住宅の実測図の一部です。

(図面は青焼き。もちろん手書きです・・・)

c0195909_18395165.jpg

c0195909_18394742.jpg


c0195909_18434563.jpg




by y-hikage | 2017-05-16 18:49 | 建築巡礼 | Comments(0)
<< 大町の家の蔵に観音扉がつきました。 同じ時に小澤征爾さんと村上春樹... >>