ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

稲田堤の家の外観

c0195909_12300708.jpg


住宅を設計する上で、

大切にしていることのひとつは、

屋根をいかに美しいかたちにするかです。

それは稲田堤の家も

例外ではありませんでした。

稲田堤の家は、

変形した敷地に、

北側の斜線制限が大きく影響し、

屋根のかたちの検討に苦労しました。

小さいながらも

緑を植えたり畑を作ったりできる、

敷地の余白を残したいことも、

間取りや屋根のかたちに影響しました。

いろいろと考えた中で生まれたのは、

整形な軸線に対して

45度振れた母屋と垂木でした。

正面から家を見ると、

その表情は独特で

味わいの深いかたちになりました。

c0195909_12300093.jpg


軸組模型・南側からの俯瞰

c0195909_12295557.jpg


軸組模型・屋根伏

c0195909_12295105.jpg


屋根伏図

c0195909_12294647.jpg


南側外観。

家本体と

ポストと板塀を張るための支柱までが

完成しました。

宅盤に上がる階段や東側のブロック塀は

既存のものです。

植栽などの外構工事はこれからの仕事です。

c0195909_12294153.jpg


東側隣地の路地から家を見ます。

2階の東側に半間飛び出したところが

2階浴室の浴槽部分

c0195909_12293761.jpg


1階の縁側と2階のバルコニーの見上げ。

c0195909_12293040.jpg


西側の奥まったところが玄関。

c0195909_12292640.jpg


2階バルコニー。

栗の木のデッキと亜鉛メッキの手すり。

c0195909_12292290.jpg


板金屋さんの手作りの雨といの集水マス。

c0195909_12291725.jpg


玄関ポーチの見下げ。

c0195909_12291398.jpg


玄関ポーチの見上げ。

※ ※ ※

稲田堤の家の竣工写真は、
こちらでも見ることができます。
日影良孝建築アトリエのFB

https://www.facebook.com/pg/HikageYoshitaka/photos/?tab=album&album_id=1027308920703169


c0195909_18450298.jpg



by y-hikage | 2017-05-11 12:37 | 稲田堤の家 | Comments(0)
<< 製図室のゴーヤ、伸びています。 稲田堤の家の1階の手洗いコーナー >>