ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

吉田五十八設計の吉屋信子邸

c0195909_07265399.jpg


旧吉屋信子記念館は、

鎌倉の由比ガ浜通りを

北に入った突き当り建っています。

今年、鎌倉市内では国有形文化財に

三棟指定されましたが、

旧吉屋信子記念館はその中の一棟です。

c0195909_07264889.jpg


作家・吉屋信子の家は、

1962年に建築されたものです。

設計は近代数寄屋建築の第一人者である

吉田五十八(よしだいそや)です。

吉田五十八は、

吉屋信子の家を三回設計していますが、

鎌倉の家は最後の設計です。

〇 〇〇 〇 〇

鎌倉市長谷にある吉屋信子邸は、

既存建物を移築再生し増築したものです。

この家の解説を

吉田五十八はこのように書いています。


〇 〇〇 〇〇


この三番目の家は、古い家を買って改造されたものであるが、昔の家であるため、今どきの家のような、へんに利口がった、こましゃくれたものにならず、どこかぼうっと間の抜けたところがあって、おもしろい家になったようでもあるし、また、そこを吉屋さんも喜ばれたようである。


「改造の魅力」とでもいうのであろう。昔から、ひとの家を買うときは、うめ木の跡の多い家を選べ、きっと住みいい家であるという口伝が残っている。今度の吉屋さんの家も、この口伝通り、住みよい家に違いない。

(「室内」196211月号より抜粋)


〇〇〇 〇 〇


吉屋信子邸は、

今まで何度か見ていますが、

なんとなく大雑把な印象を抱いてきました。

この大雑把さ加減は、

移築再生されたことが理由なのか

僕はわかりません。

ただ吉屋信子は吉田五十八に

「奈良の尼寺のように」という

設計コンセプトを与えたとされていますので、

このコンセプトの延長上に

この家の空間があるのかもしれません。

c0195909_07264174.jpg

c0195909_07263688.jpg

c0195909_07263225.jpg

c0195909_07262886.jpg

c0195909_07262491.jpg


吉屋信子邸の建築的な特徴は、

なんと言っても天井の意匠に

あるように思います。

吉田五十八にしては、

前衛的なかたちと文様をしており、

僕の知る限りでは吉田五十八の作品では、

この家だけです。

c0195909_07261914.jpg

c0195909_07261531.jpg

c0195909_07261030.jpg

c0195909_07260667.jpg

c0195909_07260147.jpg

c0195909_07255686.jpg

c0195909_07255167.jpg

c0195909_07254633.jpg

c0195909_07254180.jpg

c0195909_07253734.jpg

c0195909_07253345.jpg


国指定有形文化財に指定されたのは、

主屋だけではなく、

門と塀も共に指定されました。

門は数寄屋風の肘木(ひじき)門(二脚門)。

塀は石積みの家に化粧土台を回して、

桟瓦葺き・腰板付きの土塀としています。

c0195909_07252656.jpg

c0195909_07252020.jpg


参考までに鎌倉市内で、

吉田五十八の作品で

一般に見学できる建築が

もうひとつあります。

鏑木清方記念美術館の中にある画室です。


鏑木清方(かぶらぎきよたか)は

懇意にしていた建築家の吉田五十八に

牛込矢来町の画室の設計を依頼します

1932年、その後戦渦により焼失)。

この画室をたいそう気に入っていた清方は、

この鎌倉雪ノ下に牛込の画室を

模して再建しています(1954年)。

この美術館に展示してある部材は

その当時のものを再利用しているとのことです。

c0195909_07251659.jpg

c0195909_07251166.jpg




c0195909_07344364.jpg













by y-hikage | 2017-04-04 07:35 | 鎌倉の建築 | Comments(0)
<< 稲田堤の家の床の塗装 三渓園の東慶寺仏殿 >>