ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

庄司紗矢香の演奏を聴きにいきました。

c0195909_13465802.jpg


昨夜、ヴァイオリニスト・庄司紗矢香の

演奏を聴きにいきました。

場所は、渋谷のオーチャードホール。

オーケストラはハンブルグの

NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団。

庄司紗矢香は、

ソリストとして二番目の曲

「プロコフィエフ作曲の

ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調Op.19

を弾きました。

c0195909_13465263.jpg


このコンサートの情報は

だいぶ前から知っていたのですが、

チケットを購入しようかどうかと、

ぎりぎりまで迷っていました。

庄司紗矢香の演奏を

じかに聴いてみたい思いは、

のどから手が出るほどにあったのですが、

プロコフィエフの曲が

前衛的なような気がして

ためらっていたのです。

そして公演の2週間前ぐらいになり、

やっぱり聴きに行こう! 

と決断しましたが、

時すでにおそし。

席を予約したのですが、

S席でもかなり後ろのほうになってしまいました。

庄司沙也加が演奏している姿が

まったく見えないのも残念なので、

引き出しの奥から骨董品の双眼鏡を持ち出し、

コンサートに向かいました。

開演前にいざ指定した席・319番に座ったら

想像した以上にステージから遠く

僕はへこみました。

c0195909_13464750.jpg


さて庄司紗矢香が弾くプロコフィエフは・・・。

庄司沙也加がインタビューでこう言っています。


「 この曲は、繊細さ、やさしさ、豊かな色彩が

とても印象的で、

その奥にエネルギーが潜んでいます。

1・2楽章でイメージするのは風、

終楽章で大切なのは遊び心です 」

 ○  ○


素晴らしい演奏でした。


曲も素晴らしく


プロコフィエフに対する偏見が完全に消えました。


アンコールは、バッハの


無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番アンダンテ・・・


庄司紗矢香のしっとりとした音色が


ホールを包みました・・・。


c0195909_13463927.jpg


庄司紗矢香は今、もっとも好きな

ヴァイオリニストであり音楽家です。

庄司沙也加の音は、

文学と絵画を読み解くように、

ゆっくりと深く、

繊細に編んでいく。ように音を奏でます。

音楽を、文学と絵画に置き換えているように

僕には思えるのです・・・。

c0195909_15321374.jpg

全体の演奏が終わって、

階段をおりて帰ろうとしていたら、

なんと驚くべきことに!!、

サイン会がありました。

幸いなことに公演プログラムのページに

庄司紗矢香さんから

直接サインをしていただくことができました。

c0195909_13462815.jpg






c0195909_13493243.jpg


by y-hikage | 2017-03-08 14:00 | 森の中と町の中で | Comments(0)
<< 花器をみつけました。 マリンバを聴きにいきました。 >>