ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

愛用のペン・Vcorn のキャップ

c0195909_1345831.jpg

僕はスケッチなどをするときに

使用する筆記用具は二種類あって、

ひとつはパイロットの

Vcorn (ブイコーン)というペンです。

色は赤・青・黒の三色あり、

とても書きやすいので、

かなり昔から愛用しています。

デザインも好きで透明のキャップに

ステンレス製のクリップがついていました。

そう・・・

ステンレス製のクリップがついていたのです。

ところがいつの日か、

ステンレス製のクリップが

プラスチックのキャップと

一体となってしまいました。

このキャップの妙な曲線の

デザインとあいまって、

キャップに対する愛着が

急速に落ちていきました・・・。

ただし書きやすさは普遍なので、

今でも使い続けていますが

キャップだけは気に入らないので、

昔の旧キャップを

いつしか保管するようになり、

新キャップと交換して使うようにしています。

(ただし旧キャップは製図室のみの使用・・・

紛失してしまうので・・・)

○○○ ○   ○

スケッチに使用するホルダーは、

スイス製の

CARAN d'ACHE (カランダッシュ)です。

ボディーの断面形状や寸法や長さや重さが、

とても手になじみます。

僕の愛用品です・・・。

c0195909_1345154.jpg

右上が旧型のVcorn (ブイコーン)と

予備のキャップ。

左下が現在のVcorn (ブイコーン)

c0195909_1344763.jpg

スケッチに使用するホルダーは、

CARAN d'ACHE (カランダッシュ)です。

c0195909_1344137.jpg

ところで日常持ち歩く4色ボールペンは、

「BIC」にしています。

LAMY(ラミー)などの高価なボールペンは

何本も持っているのですが、

何しろ紛失してしまうことが多いので、

安価で書きやすい「BIC」にしています。

しかしこの「BIC」には弱点があります。

夏の季節になると

赤芯からインク漏れが発生し、

ノックボタンが動かなくなってしまいます。

なので予備の赤芯を常備しています。

「BIC」の替え芯を売っているところは、

自由が丘の「SIX」しか知らないので、

わざわざ自由が丘まで行って

買うようにしています。

c0195909_1343532.jpg

最後に

トレーシングペーパーについての話・・・

いつもの図面は、

ロールのトレーシングペーパーを

字消し板で

A3サイズに切って使用していました。

(最近は鎌倉の画材屋さんの

トップアートで100枚単位で

切ってもらっています)

○○○ ○   ○○○

ところで

昔むかしの製図用トレーシングペーパーは、

周囲を細い糸で縫って補強していました。

「ドラガー」という名称の

トレーシングペーパー・・・。

おそらくもう売っていないと思いますが、

昔、書いたもので採用しなかった

図面が数十枚ありましたので、

その図面を全部消しゴムで消して

再利用してみることにしました。

( 書く図面は大町の家の図面・・・)

さすが「ドラガー」です!! 

ペンの乗りがよくとても書きやすいです。

単純に紙が厚いだけではない

心地よいペンの乗りです。

そして消しやすいです。

この驚異の

トレーシングペーパー「ドラガー」・・・。

どこかで入手したいものです・・・。

c0195909_1343150.jpg

「BIC」の替え芯を売っている、

自由が丘の「SIX」・・・・。

c0195909_1394943.jpg

by y-hikage | 2017-01-07 13:14 | 日影アトリエの本棚 | Comments(0)
<< 製図室にボケの花をかざりました。 本覺寺の恵比寿さま >>