ブログトップ | ログイン

日日日影新聞 (nichi nichi hikage shinbun)

hikagesun.exblog.jp

「 茶の湯展 」にいきました。

c0195909_11114493.jpg


きのう東京に用事があったので

東京に行きました。

せっかく東京に行ったので、

まえまえから興味があった

東京国立博物館での

「茶の湯展」に行きました。

茶道の経験はないのですが、

古い茶室の実測調査や

茶室の移築や新築の経験をしながら、

茶室でお茶をいただいたことは何度もあります。

ただその経験はあくまで、

茶室という建築への指向なので、

茶道具への視線は

僕にとって弱いものでありました。

それでも茶道への興味は

昔からずっとあって、

今回の「茶の湯展」に行ってみて、

その興味がわきあがりました。

「茶の湯展」で展示されている茶碗・・・から

確かにオーラのようなものが発していました。

美しい存在が自立していました。

この茶碗が茶室で

僕の目の前に置かれたら

自分の気持ちがどのようにに動くのか

想像するとこわくなるほどでした。

c0195909_11114020.jpg

c0195909_11112982.jpg

c0195909_11112496.jpg


古田織部作の茶室

燕庵(えんなん)の

原寸模型が展示されていました。


〇〇 〇〇 〇 〇

c0195909_11111943.jpg


「茶の湯展」に行き、

駒込の茶室を思い出しました。

ここからは、

僕に数寄屋の道を教えてくれた

駒込の茶室です。

山手線の駒込駅から

徒歩5分もしない場所にありました。

9カ月ぐらい、

この茶室にこもりっきりになり

実測調査をしました。

昭和28年の建築。

設計と大工は同じで

数寄屋大工・木村清兵衛の作です。

c0195909_11111475.jpg

c0195909_11110945.jpg

c0195909_11110504.jpg

c0195909_11110010.jpg
c0195909_11105696.jpg

c0195909_11104700.jpg

c0195909_11104275.jpg

c0195909_11103810.jpg

c0195909_11102966.jpg
c0195909_10062535.jpg
c0195909_10062972.jpg


820坪の敷地に建っていた駒込の家は、

敷地中央の池を囲みながら、

主屋・蔵・茶室・待合で構成されていました。

表通りに面して表門が建ち、

表門から茶室まで行く間に中門をくぐります。

池を中心とした起伏にとんだ敷地は、

さながら三渓園を

小さくしたような印象を受けました。

1996年、

この敷地にマンションが

建築されるということで、

移築再生のための実測調査を依頼されました。

様々な事情があり、

部材の格納までは成功したのですが、

いまだに移築再生は実現されていません。

膨大な実測図の野帳も

清書が完成しないままです。

図面が完成すると

戦後間もない数寄屋建築の

貴重な資料となるはずです。

いずれ時間をみつけて

清書しようと思っています。

c0195909_10063421.jpg

c0195909_10063839.jpg

c0195909_10064672.jpg

c0195909_10065125.jpg

c0195909_10065722.jpg

c0195909_10070284.jpg

c0195909_10070648.jpg

c0195909_10071215.jpg


c0195909_10595230.jpg



# by y-hikage | 2017-05-29 11:17 | 駒込の家 | Comments(0)